FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★北米を襲う大寒波で氷の円盤や奇怪な氷柱が・・

北米を襲う大寒波・・やはり、温暖化どころか、氷河期の到来なのかも・・

1月21日、アメリカのミシガン州のグラッドウィンという街にある川に、またも、巨大な回転する氷の円盤が出現しました。

オハイオ州エイボンレイク - マザーネイチャーは今週オハイオ州で彼女の芸術的最高のものとなりました。
a04_50271999102134528045784273799953760877281280o.jpeg
4bb_50612202102134528039784128381708749219299328o.jpeg
0d2_50735951102134528036984051479833722025934848o.jpeg



★証拠として、1月21日にオハイオ州エイボンレイクの桟橋でクリーブランドの
写真家Noah Harrisonが撮ったこれらの氷の彫刻写真をチェックしてください。

エリー湖の氷河と氷点下の氷の上の10〜14フィートの波の組み合わせによって形成された、この世を超えた氷の形成は、グレートレイク沿いの様々な地形上に形成されました。

ナイアガラの滝も氷結だそうです・・・この国のTVでは決して報道ありません・・WWW
★Happiness

この動画4分ですが・・面白い?

★人生の目的は何ですか - 幸せになるために?もしそうなら、私たちは間違った方法でそれについて行っています。
ロンドンを拠点とするアーティストでアニメーターのスティーブ・カッツが制作したアニメの短編映画で、これを巧みに説明しています…


Happiness from Steve Cutts on Vimeo.

★ナスカより古い地上絵パルパ

ナスカより鮮明で見事なパルパライン!!
紀元前500年以前から、この地上絵は存在していたようだ・・。
上空から観ていたのは誰?
先史文明の謎がまた増える・・

★以下、Ewoさんの記事
ナスカ線よりも知られていない象徴的なパルパ線ははるかに古く、1994年にユネスコによって世界遺産に登録された地域にあります。ペルーのパルパの丘陵地帯は、コロンビア以前の文明によって複雑に装飾されていました。
Palpa-Lines-Peru-2.jpg

Palpa-Lines-Peru.jpg


2017年11月以来、イカの地方分権文化局からの考古学者たちのグループは、近年、丘の中腹やその近くを歩いていた人々によって破壊され、古代の芸術を破壊してきた神話のジオグラフィックに素晴らしさを取り戻しました。何千年もの間、El Comercioは報告しています。
パトリシア・バルブエナのペルー文​​化大臣は、次のように述べています。「この地域全体が、何千年にも渡って砂漠の丘の中腹に描かれてきた素晴らしい織機であったことを示しています。
以上EWOサイトから。

★アルゼンチンの異様な雲と空

この空と雲の異様さは筆舌に表しがたいですね
・・・どうなっているのでしょう?気象学者さん!
Tokyoの空がこんなようになったら・・パニック発生!でしょうね?
★Earth review.netさんより・・
parana-bld-004.jpg

parana-redsky-007.jpg

parana-clouds-003.jpg
アルゼンチンという国は、ここ数年、非常に迫力のある空模様が出現し続けていますが、
特に首都ブエノスアイレスやその近郊では、終末的ともいえる空の様相が、たびたび撮影されています。
12月11日、ブエノスアイレスの北西に位置するパラナという街で、
空に写真でご紹介しているような壮絶な空模様が広がりました。
parana-argentina-map2018.jpg
★UFOと科学・宗教の境界線。

色々あった今年もあと一週間あまりとなりました。
トカナさんの2018年・UFO宇宙人、ニュースベスト10の中に
以下の記事がありました。
 アメリカの名門デューク大学が、2019年1月にUFOコースを開講することが明らかになったそうです。
講義を行うのは米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の宗教学名誉教授デイヴィッド・ハルペリン氏。ユダヤ教など伝統的宗教を専門にしながらも、UFOやエイリアンに興味を持ち、小説も出版しているという人物だそうです。

 ハルペリン氏は1996年にもノースカロライナ大学チャペルヒル校で、“神秘主義の特別テーマ: 昇天とUFOアブダクション”というコースを開いていた。この彼が再びコースを開こうと考えたきっかけは2016年の米大統領選で、ヒラリー・クリントン氏がUFO情報の公開を公約していたことだったという。

以下、Youtubeに David Halperin教授へのインタビューがあったので、ご参考に。
旧約聖書にある預言者エゼキエルが砂漠で遭遇した、あの燃える炎を吐き出す、車輪・戦車は、ユダヤ教の伝記
の中では宗教的な奇跡・物語で有名ですが・・科学的な?UFO現象として
・・考察されるとどうなるのでしょうかか?科学と一神教の二つ
の神を、ユダヤ教の権威がどう扱うのか、お楽しみですね・・。



★David Halperin教授公式サイト
2018y12m23d_152551454.jpg

★二つの神・並存ではなく・・同一だったら・・あのエゼキエルの車輪がETのUFOでも
・・人類の救いになるのでしょうか。
皆様、良いお年を!
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.