FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★この世に、『不気味な何かが』
山口県で3日間も行方不明だった2歳の男児が、優しい高齢のボランテティア男性に無事、救助された事件が話題ですが、
奇跡的と言われるこの背景からも、現代の神隠し?と言われるように不思議な奇妙な何かを感じます。
ダウンロード (1)

<以下ライブドア記事>
2歳になったばかりの男児が真夏の3日間1人で無事に過すことができたのか。
専門家は、発見現場が山中で、水が流れる沢や樹木の日陰があり、「奇跡的に好条件が重なったのではないか」と分析する。
「水分補給は生き延びるための最低条件。水分をしっかりと取ることができていたことが大きいのでは」
 救急医療に携わる京都府立医大の太田凡(ぼん)医師は、指摘する。藤本理(よし)稀(き)ちゃんが保護されたのは、山道を入った山中の沢周辺だった。
太田医師によると、仮に70時間近く食事や水分を全くとらない状態であれば、成人であっても衰弱し、元気な状態であることは難しいという。「一般的な2歳児の発育レベルを考えると、溜った水を手ですくったり、口をつけたりして飲めるかどうかは疑問だが、なんらかの方法で水を飲んでいたとしか考えられない」と話した。


★この関連でInDeepさんの15日のブログに、
「世界の2・3幼児の不可解な失踪と発見の記事」との関連で鋭く、不気味な事実が指摘されていた・・以下引用記事

girl_in_the_wood_by_morimoo-d6ppw20.jpg
「この子は翌日か2日後に生きて見つかる」という確信
ということを書きましたが、どうしてこんなことを書いたのかといいますと、すべては In Deep の過去記事にある「世界での 2歳から 3歳までの子どもたちの失踪の事例」からのもので今回も、失踪した状況がそれらと、とてもよく似たような様相だったということがあります。

In Deep では、「世界で起きている行方不明」事例と資料をずいぶんと数多くこれまで取りあげています。地域や人種により、いろいろと違う面はあるのですが、その中でも、「奇妙な失踪」というものに関して、よく取りあげていました。
そして、海外の行方不明の事例の中で、「 2歳と 3歳の事例」には、きわめて奇妙な状況が伴うことがとても多いのです。

<以上引用>

この記事に記載の情報ソースに米国の失踪事件などの研究ブログが紹介されていたので、以下コピペします。

不思議なことに姿を消して戻ってきた人々の物語は、多くの形を取っています。いくつかのケースでは、これらの消滅した人々は、誘拐されたか、そうでなければ何らかの動物または実体によって取り去られたように見えました。そのような初期の奇妙な報告書の1つは、失われた人々の著名な著者、David Paulides、The Missing 411一連の本はParanormal Centralのインタビューで、1868年、3歳の少女が突然ミシガン北部で行方不明になり、彼女の父親が運営する木材キャンプにいたときのことです。父親によれば、彼女は1秒もそこにいて、次に存在していたかのように次のものに行っていた。パニックにされた父親が2人のハンターの助けを得て、幼い娘が森の中で一人で迷子になってしまうのを見つけようと、検索が始まった。その女の子の名前は、夜がゆっくりとうねりながら、厚い森に何度も繰り返し呼び出されましたが、答えは戻ってこなかった。彼女は薄い空気の中に消えていた。暗闇が始まると、翌朝まで調査が中止され、若い女の子がどこに行ったのかの痕跡はなかった。
・・④
神秘的な存在によるさらに奇妙な誘拐は、ジョージ・カップとの海岸2午前の午前のインタビューで今回はDavid Palidesによって関連づけられた別のケースです。この奇妙な記述では、John Doeとしてしか知られていない3歳の少年は、2010年10月1日午後6時30分ごろ、人気のあるフライフィッシング川に沿って行方不明になりました。カリフォルニア州のシャスタ。彼の報告された失踪の直後、当局はその地域の調査を行い、5時間後に少年が木の林の中に座っているように見え、見た目はやたらと混乱していた。彼は後で、あまりにも奇妙な話をしてくるだろう。
<以上;米国の失踪研究ブログから>
このブログ研究では幼児の失踪と奇跡的生還の事例は多数あり、奇妙な「何か」の存在を暗示する共通項があると指摘している。
幼児の単独失踪のほか、生還なしの失踪は世界中で毎日発生しているが、人為的な失踪が原因ではない何か不明の不気味な有名失踪事件は古くから多数存在する・・・1872年11月4日、大西洋アゾレス諸島の北方を漂流中に発見されたアメリカのメリー・セレスト号は、発見当時、セレスト号の帆はきちんと張られていた。船内が調査されたが、食料も水もたっぷりあり、食事も食べかけの状態だったにもかかわらず、船長と妻と赤ん坊を含め、10人の乗客が蒸発してしまっていたのだ。ほかにも有名な船舶・航空機の失踪事件多発のバミューダ沖など・・最近ではマレーシア航空370便失踪事件・・こちらは集団全員が失踪の事例ですが・・この幼児失踪生還とは別の領域かもしれません。
★いずれにしても人間の合理的・科学的な判断・認識の境界を越えたボーダレス領域から何かが・・見え始めているような。
これを超常というのでしょうか?
★一見無関係も・・すべて繋がっている。

★過去に記録のない、猛烈熱波が地球を覆い尽くすこの夏。
以下のオムニバスでピックアップ記事や動画・・無関係に見えますが・・・・関連?如何?


①8月4火(土)驚き “UFO“か 北海道森町で目撃多数 「オレンジ色」「見飽きた」 副町長までも のニュースが・・
2018y08m05d_210128596.jpg
木村副町長:「その当時、騒ぎになり、関係機関が自衛隊、航空機、海保とかいろんなところに問い合わせたが、飛行している記録はない。当時は、(人口)6500人くらいはいた。だいたい見てるんじゃないですか」
2018y08m05d_210207776.jpg

②世界の記録破り熱波・・異常気象・現象と
東日本8月の台風・・

ポルトガル・スペイン・フランス・イタリア・・北欧ノールウエー・スエーデン・・ギリシャ
北米東海岸サンフランシスコ・ロスアンジェルス・・アリゾナ・テキサス・・・
日本・・中東・・インド・・
hw-fr-sp2018.jpg
eu-0727.jpg
eu-ltn-0524.jpg
★西海岸・カリフォルニア山火事の火炎の猛威!
clearlake-firenado-0726.jpg
★8月上旬~13号・・・台風多発?遅速の日本縦断・・豪雨・・災害の懸念
2018y08m06d_092002658.jpg

③奇跡のリンゴ・・の木村さんTEDxでの講演・・

④今頃?ゼカリアシッチンさん「地球年代記」クローズアップの,・・
あのHiroshiHyashi:林浩司さんのYotube
201610


★⑤:EU議長の公式発言・・外惑星連合の代表と会談した・?・「英国離脱でEU崩壊、戦争への懸念を・・」:201607
Brexitは、明らかに、欧州委員会委員長のJean-Claude Junkerもかなり混乱させている。 議会では、彼は "他の惑星の指導者"のカメラの前で話します。 政治家は地球外生命を信じていますか?Brexitはヨーロッパを心配し、混乱させます。 Jean-Claude Juncker欧州委員会委員長は、欧州議会でいくつかの非常に奇妙な文章を述べたほどです。 彼らは今騒ぎを起こしている。
ユンカー氏は、「英国の投票は、私たちの多くの翼の一部を切り離しましたが、私たちは飛行を続けています。 私たちは未来への飛行を止めません。 地平線が私たちを待っており、地平線の方向に飛んでいます。これらの地平線は、ヨーロッパと地球全体のものです。 あなたは遠くから私たちを見ている人たちが心配していることを知っている必要があります。 私は、他の惑星の指導者たちが、将来、欧州連合(EU)が行うことに関心があるので、心配していることを見て聞いたことがあります。 だからこそ、ヨーロッパ人、そして私たちを外部から見守ってくれる人々を安心させるべきです」


★どれも、根っこで、繋がってるような・・
これ、暗黙智?妄想とも?いうのかな・・熱いよ暑い!Ww
◎7月末に台風直撃か?『★天気予報と報道の何故?喪失!』

西日本豪雨災害の後、記録破りの長期猛暑で
天気予報のマヌケ解説。
IRカジノ法案ドサクサ通過や、公営水道事業民営化推進法案採決
など国益放棄の国会・報道にも、
驚き呆れるばかり。
猛暑ばかりか?やはり何かが、異常すぎる!

もう、久しく、コーキョー放送と民放5局のTVのバラエティーどころか、ニュース番組、最近は天気予報すら視聴しなくなってしまった。
その理由が、いずれもあまりにも視聴者の存在や、Net情報すら意識しない
無神経で横着な『Why?何故』の欠如なのである


その上、ジャーナリズム精神の基本である現場の情報取材能力努力を喪失して、
快適なスタジオでTVカメラの前に、どの局も頭数だけ揃えた無責任「マニュケ組スタジオ」
不快な自演笑いで時間稼ぎ・海外各国のTV局では見た事無い風景ばかり・・。
賞味期限切れの芸人?と顎式者?ブラック代理店にギャラ支給、となっては
もうTV電源OFF!で節電しかなくなるWww。


★完全無思考:NoWhy何故無し
世界の笑いもの:2事例

『①天気予報』
2018y07m20d_150218031.jpg

2018y07m20d_160609759.jpg

『②IRカジノ法案国会通過』


2018y07m20d_154955252.jpg


1)生命危険すらある異常高温・気象に厳重警戒?
気象庁様は警戒警告しましたで任務終了ですか?
異常気象の原因/背景解説はリスクありでいたしません。できません?
★気象庁の1ヶ月長期気象予報?・・何じゃ、これ?である。情報価値不在ですね?
長期予報のリスクを踏まえて予測仮説するサイエンス・リスク説明の情報ありません。
リスク不在=情報不在です。
巨税投入の多数の気象衛星・情報衛星・スパコン・
学識・研究所はどこで何をしているのでしょう?
情報開示責任を判っているのでしょうか?
(下記のWindy.comなどと比較ください)
2018y07m20d_082943722.jpg
(赤道から北半球・太平洋の海水温度分布:7/18-21)


何故グローバルネットワーク・情報解析は不在?
・・日本の天気予報には北半球・赤道・アジア広域情報や温度
・海水温・風力向き・気圧・・などの上図や下図のような、グローバル情報が何故?
開示され解説されないのだろう・・
大気も海水も地球は一体で対流循環している。
科学的な常識で観れば、熱エネルギー(EX:大気海水・気温など)の局所変動異常は地球全体の閉鎖系内、総和では一定バランスなのではないか?大気組成の0.04%しかないCO2と地球温暖化?は、多数の学者が因果関係を否定している利権フェイク情報?らしい、
(余談蛇足だが・・国内8000万台・世界で12億台を超える自動車が、この夏一斉に車載のクーラーを付けて排ガスと廃熱を大気中に排出する熱量でもスパコンで演算できるだろうにね・・こっちは温暖化の話題にしないね?W)
両極や地球各地の異常気象もグローバルで熱交換の清算がされている証拠。
★世界各地の常識逸脱の異常気象もその振幅の一環だろう・・

時間レンジを変えれば、その局所異常は必ずどこかで、バランスする。
異常高温の”調整”は、
巨大台風”の列島直撃・多発?や突発豪雨やゲリラ気象で総エネ均衡するのだろう。
西日本豪雨も今の日本周辺・北太平洋の異常高温・海水温度・高気圧の
予兆だったのかもしれない・・
誰もそれを言わない・・
予測仮説も本来、気象庁・学識者の「仕事・責任領域」だろう?

このNet情報の時代遅れもいいところではないか?
常に上から目線で自分たちが主権者?護身優先で公益無視の
事なかれご都合主義、かっての大本営ですね。

気象庁にも学識にも責務を負うべき情報開示:リスク説明能力も存在しないのでしょうか?

この異常高温は調査分析中で予測困難だが、その事実詳細はすべて開示する。
それが気象庁や研究機関の公益意義でしょう。
諸外国機関の情報公開の姿勢を見習うべきです。
Windy.comなど

この格差では、最早、国民が自ら・・直接海外ソースにアクセスし自己判断するしかない。(重要情報や科学的分析、仮説、解説が豊富にNet公開されている:下記ご参考)

2018y07m20d_080943882.jpg
2018y07m20d_082814724.jpg
(赤道から北半球の気圧分布:北太平洋にブロック高気圧が固定?鎮座:7/18-20)

2018y07m22d_071127849.jpg
★(7/21:自己流&Windy.com:7月末の太平洋・日本広域気象予測:
北太平洋で二連で日本周辺をブロックしていた高気圧団塊が東へ移動?。
アラスカ北米沖へ移動接近?する予想。
二連高気圧が東へ移動すれば、日本全域高温は7月末には収束か・・?
★更にフィリピン沖で発生する台風の北上・東進、日本直撃コースが早まり、7月下旬~8月上旬から大気不安定化のゲリラ気象と台風の直撃も増加・・?
★週末から日曜日に関東・東日本は台風と豪雨災害に厳重注意が必要!!
アラスカ・シアトル・SF北中米は猛暑・大旱魃・と突発の異常気象頻発となる?

★これはあくまでもWindy/comなどからの個人独断、推測・予報!デス・・ガ

2018y07m22d_073106454.jpg
(7/21:北半球太平洋広域気温と気圧配置
海に囲まれている日本が赤道直下並み?
・・天気予報ではこの図や情報出ません?


★TVニュースで観なかった?西日本豪雨・大災害

★ご参考:Windy.comAccWeather.comなど・・

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Why不在の・・2)IR法案国会通過・・
★パチンコ不問??
何故?年間20兆円を超える
(かっては、30兆円で自動車業界規模)
世界最大ギャンブル・パチンコ市場と
依存症320万人を半世紀も放任しているのか?

国会・・メディアが問わない不思議?異常!
、今更、カジノか?ドサクサ法案国会通過?Why?

報道メディアも野党も、与党も同じ穴の・・・パチンコには触れない与野党・・族?
腐敗の極み象徴が、報道されない・・
『パチンコ問題』で,、Net検索・確認要!・・・Ww

半島からミサイルでも落下すれば
手遅れで覚醒するのか・・w?
お笑い?悪い冗談でも、マジ呆れ果てる・・

2018y06m07d_093827169.jpg
2018y07m12d_101433011.jpg
★猛暑の頭冷やすエイリアンインタビュー

既にご存知の方も多いと思うが、1964年エリア51でUFOから捕獲されたエイリアンへの尋問が行われ、エイリアンが『世界核戦争は米国の一人の狂った指導者の暴走から始まる・・と』答えている白黒録画が存在する。
Part1~3までの応答の中で宇宙の時空・構造や死や生命存在の意味など・・ある意味では、かなり哲学的にも科学的にも”まとも”な興味深い答えが返ってきていてフェイクにしては、上出来過ぎて不気味ですらある。
ただこの数ヶ月、否この数週間の金髪大統領の言動様相の報道を観ると、このエイリアン・インタビューにまるで呼応?シンクロしているようで!・・
どちらがフェイク?か判りませんが.「ゾッ」と寒気しませんか?
マジに録音日時は54年前!なのでしょうかね・・

★以下YouTubeより:
1964年にエリア51で撮影されたとされる「エイリアンのインタビュー」映像の続き。
Part1の最後で暴れたため、捕らえられ縛り付けられたようだ。
1964年6月9日、ライト・パターソン空軍基地で実施されたとみられる”宇宙人”に対する尋問の全容。
UFO研究家・星椎水精氏による日本語訳付き。




★補足関連・・カナダの前国防大臣ポールヘリアー氏も何度も公式の席上やメディアでエイリアンの存在と人類への関与について、証言している・・
『彼らが存在します。何千年もの間、この地球に訪問してきました。特に、人間が核兵器を発明してからというもの、彼らの活動は頻繁さを増しています。我々が再び、核兵器を使用するのではないかと懸念しているかのように。なぜなら、この宇宙はすべてが繋がっていて、地球に住む人間だけでなく、他の惑星にも影響を与えるから。
彼らは人間が再び、核兵器の使用に手を染めることを恐れているのです。』

★何でも、自己責任で・・真偽を判断するしかないですね・・。


★どこからみても「バクチ」

西日本・豪雨洪水の大災害発生さなかに・・
国会・国政のこの有様。

与党も野党も、『まとも』な人間がいない『嘘付族』ばかりになってしまった・
・。

カジノ法案(IR何とか)国会審議に必死の与野党・・
この非常時にも間抜け番組たれ流しの・・空気読めない売国営メディア!


★パチンコ年間21兆円(最盛期は年30兆円!!)だと!・・
今まで誰が??どこへ??この莫大な資金を還流させてきたのかね?
驚愕でアゴも外れますね!wwW
★日本は世界一のギャンブル大国(報道規制:笑)

カジノ年間規模などは・・論外レベル?

2018y06m07d_093827169.jpg
★非常時に赤坂で宴会自民・・の間抜け

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.