超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
「星つむぎの歌」と「Jupiter」
jyupiter

hiraharasaori

地球衛星軌道から、月面から、火星、木星、太陽系の彼方から・生命あふれる我等の地球を眺める事が出来る視点、科学技術、知恵を今人類は手にしています。
ISS国際宇宙ステーションで日本の実験棟「きぼう」が土井宇宙飛行士の手で建設され、その第一歩が踏み出されました。
土井宇宙飛行士がISSで目覚めるときのお気に入りの曲が
平原綾香さんの「星つむぎの歌」だそうです。すばらしいですね。
このYou tubeLinkで試聴できます。
地上の昨今は、世界レベルでの温暖化・異常気象環境問題・・米国発のグローバル経済破綻・ドル基軸資本市場・バーチャル金融主義のバブル危機、チベットや中東・東欧などでの人種宗教問題・アフリカ諸国と先進諸国との富の偏在格差の拡大。際限なき欲望と競争原理の暴走。
国境や地理、国土や資源の大小貧富、人種、言語文化など多様性・・ありとあらゆる個性の違いや特徴が・・まるで競争、市場原則と唯一の合理的、科学的?効率的?だとされるプロテスタント的な巨大資本『唯一神?』に救われ??、全世界が同一規格に統一されるべきだ、という多様性否定の一元論?に惑わされているかのようです。
世界中どの国のどこの駅前にもあるあの赤いMファーストフード・チェーンがその象徴でしょう。
宇宙からの「眺め、思考」にはそんな偏狭な視野ではなく、無限の懐に「すべて」をありのまま受け入れ、多様性と対称性を尊重することでこそ、制御、抑制された欲望が平和と進歩にバランスするのだという、この世界の存在すべてへの肯定的な優しさ、賢さ、愛があるように思います。
日本の伝統文化、仏教、自然環境の中にある八百万の神々・・草木国土、悉有仏性にこそ解があるのではないでしょうか。皆それに気が付いているはずですね・・・。

宇宙からの思考は人間が地球上に誕生してから500万年?にしてやっと手に入れた、「神の眼」でしょう、これからは、せめて地球軌道ISSからの眼で地球に花咲く多様性と豊かな差異を人類の未来への貴重な資産として共に受け入れ育んでいくべきでしょう。それがこの2曲に込められた「メッセージ」だと思うのです。
★ISS国際宇宙ステーションから全世界へ『愛と平和』のメッセージを!です。
同じように、この曲”Jupiter”もそれを象徴している名曲ですね。
この曲もYou tubeでHarpoonVLSさんThePlanet"Jupiter"HQ Audio Linkで試聴できます。
May the New Year bring a lots of love and peace!
A Happy New Year!
The 2008 May bring a lots of love and peace!
ufo2008

淺川さんの緊急レポート・必読です。
浅川さんは小生と、興味と関心の世界が一致する、素晴らしい
お方と尊敬しています。私も「罪滅ぼし」?に非力ながら、及びませんが、果敢にこの世界の謎?に挑戦・・やや財力?智力?不足ですか。
でも、すごいですね。
このコメント、「空飛ぶ魚?鮫?の写真」は・・その、奇抜・奇妙度が、人間離れ・『凄い』と思います。
彼等?お得意のミミック:擬態?:カモフラージュ・イタズラ仮装?
バージョン、レベル2:ぐらいですか?・・(^:^/Www
次の次元へのアセッション??かアブダクションか?判りませんが・・
Amatoにも・・面白い?!『UFO写真』が手元に来ています。
近日・・公開します!
確実に言えそうなこと・・それは何かが『空:宇宙で起きている』ということでしょうか、『新世紀への幕開け?フォトンベルト突入で?』、お互い、この現象を冷静に「肩の力を抜いて?」落ち着いて観察、判断しましょう。
アポロ11号から38年日本も月へ!

earth
写真NASA

JAXA:日本宇宙開発機構がこの夏、いよいよ、『月/Moon』へ探査機
SELENEを打ち上げる!・また、来年には国際宇宙ステーションISSへ実験棟『きぼう』を打ち上げ建設する!・どこかの緑?万博?○○機構とかいうイカガワシイ?採算優先?独立行政法人と違い、このプロジェクトは、独立法人などにすべきではなく、日本国民の『夢』と青少年の『希望・未来』への国家・総力事業として、是非、次期政権に拡充してもらいたいものです。
1968月面着陸から38年。久しぶりに記録Video「宇宙からの帰還」(監修立花隆・NASA)を見て、本当に感動を新たにした。いまこそ、若者や子供達に『人類500万年、170万年?』の苦節を経て、『母なる地球:子宮から』再び、宇宙へフロンティアーの希望の灯を灯し、全人類が同じ、生物として目標をもち、再度、宇宙から、奇跡のように美しい地球を愛する、守る人類共通のモラルを再確認すべきでしょう。
■人類として月に2度行った男3人のうち、ジーン・サーナン(アポロ10号・17号)は宇宙滞空時間500時間で人類最高記録だが彼は言っている・・
Q;「あなたが宇宙で得たもので何が一番大きかったのか?」
Ans;『神の存在の認識だ。神の名は宗教によってちがう。キリスト教
、イスラム教、仏教、みなちがう名前を神にあてている。しかし、その名前がどうあれ、それが指し示しているある同一の至高の存在がある。それが存在するということだ。宗教はすべて人間が作った。だから神に違う名前がつけられた。名前は違うが対象は同じなのだ。
宇宙から地球を見るとき、そのあまりの美しさにうたれる。
こんなに美しいものが、偶然の産物として生まれるはずがない。
ある日ある時、偶然にぶつかった素粒子と素粒子が結合して、偶然にこのようなものができたなどということは、絶対に信じられない。地球はそれほど、美しい。
何らの目的なしに、何らの意志なしなしに、偶然のみによってこれほど美しいものが形成されるということはありえない』

■遅まきながら?日本人も自らの技術で、「月」を目指す、中国も・・
人類が皆、この地球の夫々の違い、差異にこだわる、紛争や争いの次元から卒業して、今一度、全人類共通の母なる「地球」と同一生物として友愛に目覚めあの宇宙からの映像で心を「洗い直す」時ではないでしょうか?月から見た地球は小さく美しい!何の差異や違いも無い、母なる一つの惑星・・・
■NHKや文部省・国連はJAXAやNASAの画像で、宇宙からの地球を常時TV放映すべきでしょう。美しい日本は地球あってのものなのですからね。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.