FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★UFOと科学・宗教の境界線。

色々あった今年もあと一週間あまりとなりました。
トカナさんの2018年・UFO宇宙人、ニュースベスト10の中に
以下の記事がありました。
 アメリカの名門デューク大学が、2019年1月にUFOコースを開講することが明らかになったそうです。
講義を行うのは米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の宗教学名誉教授デイヴィッド・ハルペリン氏。ユダヤ教など伝統的宗教を専門にしながらも、UFOやエイリアンに興味を持ち、小説も出版しているという人物だそうです。

 ハルペリン氏は1996年にもノースカロライナ大学チャペルヒル校で、“神秘主義の特別テーマ: 昇天とUFOアブダクション”というコースを開いていた。この彼が再びコースを開こうと考えたきっかけは2016年の米大統領選で、ヒラリー・クリントン氏がUFO情報の公開を公約していたことだったという。

以下、Youtubeに David Halperin教授へのインタビューがあったので、ご参考に。
旧約聖書にある預言者エゼキエルが砂漠で遭遇した、あの燃える炎を吐き出す、車輪・戦車は、ユダヤ教の伝記
の中では宗教的な奇跡・物語で有名ですが・・科学的な?UFO現象として
・・考察されるとどうなるのでしょうかか?科学と一神教の二つ
の神を、ユダヤ教の権威がどう扱うのか、お楽しみですね・・。



★David Halperin教授公式サイト
2018y12m23d_152551454.jpg

★二つの神・並存ではなく・・同一だったら・・あのエゼキエルの車輪がETのUFOでも
・・人類の救いになるのでしょうか。
皆様、良いお年を!
★トランプ大統領がUFOj極秘情報を公開?

今週のトカナさんのブログでは、
ディスクロージャーの著書で著名なS・Greer博士が
トランプ大統領にUFO極秘情報をブリーフィング、
近く?トランプ大統領が、その内容を公表するかもしれない・・とある。

以下トカナさん記事:

『大統領選挙直後からトカナ編集部は、トランプ氏もUFOファンの期待を裏切らないはずだと宣言してきた。
そして今回、やはりトランプ政権がUFO情報に興味津々であることが明らかになった。なんと、元医師で著名UFO研究家のスティーブン・グリア博士が、トランプ政権にUFO情報のブリーフィングを行っていたというのだ!
 スティーブン・グリア博士といえば、数十名の政府関係者や元軍人が、UFOや知的生命体に関する隠蔽された真実を暴露した「ディスクロージャー・プロジェクト」の推進者として知られている。https://tocana.jp/2017/07/post_13918_entry.html
今月11日付のオルタナティブニュースサイト「Collective Evolution」によると、すでにグリア氏はトランプ大統領に近い政府高官と接触し、UFO・エイリアンについてのブリーフィングを行ったという。今後トランプ大統領が、UFO情報を開示することに希望を持っているとのことだ。』


スティーブン・グリア博士の
UFO情報公開や秘密政府など
の動画はYouTube、「非認可の世界」やその他以下の動画を翻訳でご覧ください。



米国中間選挙前になにやら・・
世界中がフェイク?メディアと真偽不明のノイズ
・情報で錯綜していますね・・真実なら人類史上、空前の事態なのかも?
正常判断維持には・・「捨て置く」のが一番かもしれませんが。Www






★UFO現象を総括解説

NEW THINKING ALLOWDから・・
InPresence 0026: Unidentified Flying Objects
知識と発見の最前線
/心理学者 ジェフリー ミシュローヴ

ジャックバレーから、セガリヤシチン、フェイク・コンタクティー・・まで総括整理してくれました。
その総括は・・超心理学・科学的探索継続!デス?
★猛暑の頭冷やすエイリアンインタビュー

既にご存知の方も多いと思うが、1964年エリア51でUFOから捕獲されたエイリアンへの尋問が行われ、エイリアンが『世界核戦争は米国の一人の狂った指導者の暴走から始まる・・と』答えている白黒録画が存在する。
Part1~3までの応答の中で宇宙の時空・構造や死や生命存在の意味など・・ある意味では、かなり哲学的にも科学的にも”まとも”な興味深い答えが返ってきていてフェイクにしては、上出来過ぎて不気味ですらある。
ただこの数ヶ月、否この数週間の金髪大統領の言動様相の報道を観ると、このエイリアン・インタビューにまるで呼応?シンクロしているようで!・・
どちらがフェイク?か判りませんが.「ゾッ」と寒気しませんか?
マジに録音日時は54年前!なのでしょうかね・・

★以下YouTubeより:
1964年にエリア51で撮影されたとされる「エイリアンのインタビュー」映像の続き。
Part1の最後で暴れたため、捕らえられ縛り付けられたようだ。
1964年6月9日、ライト・パターソン空軍基地で実施されたとみられる”宇宙人”に対する尋問の全容。
UFO研究家・星椎水精氏による日本語訳付き。




★補足関連・・カナダの前国防大臣ポールヘリアー氏も何度も公式の席上やメディアでエイリアンの存在と人類への関与について、証言している・・
『彼らが存在します。何千年もの間、この地球に訪問してきました。特に、人間が核兵器を発明してからというもの、彼らの活動は頻繁さを増しています。我々が再び、核兵器を使用するのではないかと懸念しているかのように。なぜなら、この宇宙はすべてが繋がっていて、地球に住む人間だけでなく、他の惑星にも影響を与えるから。
彼らは人間が再び、核兵器の使用に手を染めることを恐れているのです。』

★何でも、自己責任で・・真偽を判断するしかないですね・・。


★2017/Best UFO&ET 動画
★2017/今年のお勧めBestUFO&ETYouTube動画www


copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.