FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★今も発生するキヤトル・ミュートウレーションの謎

OPBニュースの9月17日に以下の記事が出ている。
オレゴン州東部のバーンズの北部にある、シルビーバレーランチは大自然の風光明媚な牧場やゴルフ場の地域だが
・・1980年代に発生した牡牛や牝牛の怪死、未解決事件が再び発生している。牡牛は舌や生殖器・牝牛は乳房を
鋭利な説明不能な切り口を残しいずれも一滴の血も死骸には残っていなかった・・という家畜の怪死・怪奇事件だ。
この夏にはそれが再び発生している・・5頭の純血種牡牛が、舌と生殖器を鋭利な切断面を残して、一滴の血液もなく怪死しているのが牧場主によって発見された。
521c051aab461a180d1123c9d81ca846.jpg

1ca6afeeb61c490f5a866b1f2df737ec.jpg

★80年代に話題となった、あの事件の原因が野生動物による被害などではなく、
ETやUFOによる家畜動物の実験血液採取ではなど・・、諸説がっ飛び交い・・
類似事件の報告が南米や世界各地の牧場からも報告されたが・・一旦、収束?したようだった。
だが今年の夏、再びオレゴン州で発生したようだ。原因は依然同様に不明のまま
・・また、世界各地でも発生するのかもしれない。牧場主は安心できませんね。
★地球は寒冷化する!・・「温暖化の嘘」

Co2が温暖化の最大原因だなどと?
未だに信じているのは勝手ですが・・以下の事実を科学的に
再確認したら眼がさめます・・・でもその時はもう、
氷河期の真っ最中かも・・手遅れ?W

<ご参考>
地表付近の大気の主な成分は、比率が高い順に、窒素が78.08%、酸素が20.95%、アルゴンが0.93%、
二酸化炭素が0.03%である。
水蒸気(雲)の気温に対する影響が太陽光との関連で最も大きく・・
水蒸気生成には宇宙線量・太陽活動の影響
が大きいと言う・・




★米東部の熱波緊急事態!

世界中の異常気象・・ただ事ではない。もちろん、
あのCO2温暖化とは因果関係不明です。


(CNN)ニューヨークの一部の地下鉄路線が運行を停止し、駅が欲求不満の旅行者でいっぱいになったのは金曜日の午後90度近くでした。
2000万人が住むメトロエリアは、日曜日の夜まで続く過熱警告の下にあるいくつかの主要な人口密集地の1つです。
地下鉄の問題は、コンピュータの問題が修正された後、最終的に解決されましたが、ニューヨーク市長ビル・デ・ブラージオは蒸しました。
「熱波の間のこの種のメルトダウンは不可解です」と彼はつぶやきました。「(メトロポリタン交通局は)すべてのニューヨーカーにこれについての説明を負っている。我々はDAYSにとってこの危険な天候について知っていた。彼らが準備されていない理由についての言い訳はない。」
暑さのせいで緊急事態を宣言したニューヨークは、今週末の発汗で一人ではありません。
CNN気象学者Dave He nnenによると、向こう数日の間に、48歳未満の人口の85%以上が華氏90度を超える気温を経験する、および半分以上が95度を超える気温を経験する。
National Weather Serviceによると、金曜日には約1億9,570万人の人々が過度の熱監視または警告または熱勧告を受けていた。アラートはニューメキシコ州からメイン州に広がった。
極端な暑さを追跡する
気温は週末にかけて東海岸と中西部を昇るにつれて記録を更新し、致命的になる可能性があります。
★ご参考に・・華氏100度は・・38℃?
WW
★西ヨーロッパ全域の熱波やインド猛暑・・・メキシコでは雹1.5m降雪の異常。

ヨーロッパやインドでは熱波は珍しくないが、今回は異常に早い時期にやってきた。
専門家は、気候変動が熱波を頻発させていると考えているらしいが・・・
閉鎖系の地球での局所異常は全域の・・各地で異常寒波も発生してエントロピーをバランス?させている。
★一方でメキシコのグアダバラではもう、七月だと言う6月30日に、驚きの『雹』が大量に降り、たちまち一面が1.5m
の氷原に・・という対極の異常気象が・・


世界の食糧生産などの危機への影響も懸念
から現実へ。
この異常気象・・G20の話題にはならないのだろうか?。

BUSINESS INSIDER JAPAN 記事によると・・以下

「この極端な気温の上昇は、石炭、石油、天然ガスの燃焼による温室効果ガスの増加が引き起こす地球温暖化の結果として、まさに科学的に予測されたもの」とポツダム気候影響研究所の気候学者ステファン・ラームストーフ氏はAPに語った。
フランス、ドイツ、スペイン、スイス、ポルトガルなどの国々では26日水曜日からサハラ砂漠からの熱い空気を伴った大規模な熱波の襲来が予想されている。
予報によると、今週、気温は45℃まで上がる。
スペイン人気象学者は「地獄が来る」とツイートした。
2003年8月、同じような熱波によってフランスでは約1万5000人が死亡。パリ市当局はすでに警戒態勢に入った。
科学者たちは、熱波は地球温暖化が原因で、各国が温室効果ガスの排出量を今すぐ削減しなければ、さらなる熱波に襲われると警告している。
2019y06m30d_115704807.jpg

2019y06m30d_114835063.jpg
西ヨーロッパは今週、猛烈で危険、そしておそらく命にかかわるほどの熱波に襲われ、気温は摂氏40度(華氏104度)まで上昇すると見られている。フランス、スペイン、ポルトガルなどでは、26日水曜日から記録的な高温が予想されている。一方、他のヨーロッパ諸国も例年よりもはるかに高い気温になるだろう。
india-kion-0620.jpg

★インドでも6月中旬から北東部・南部・インド全域で40℃を超える猛暑で水不足から・・暴動や緊急事態が全域で発生・・
熱波がいつ終わるのかは分からない。
★『鳥でできた鳥』:サラケイ
これは素晴らしい「詩:直感」で真実に限りなく近い!
「宇宙はあなたが書くことを計画していた詩をすでに書いています」と彼女の友人、詩人Kaveh Akbarを引用して
Sarah Kayは言います。「鳥でできた鳥」

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.