超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★UFOと、クロップサークルお見事!
★久しぶりのミステリーサークルNEWS・・見事」な作品とUFO映像ですね。
これだけのエビデンスでも、未だサークルはフェイクだ!・・なんて、非科学的どころか・・・ですねW。

★南ア・ザンビア上空に出現した100mの女神?
なんだろうね、これ?雲じゃないよね。3月5日ザンビア共和国・キトウエでの怪。
英紙「The Daily Mail」他で話題に・・・

★世界中でUFOの目撃が激増?

米国・英国・豪州でUFO目撃が2010年には1990年の4倍に激増しているという。報告された目撃数の統計からだそうだが、フェイクや誤認もあるだろうが・・真偽は別にしても、人間の集団無意識という深層心理に目撃基盤があるとしたら・・何か大きな変化が起こっているのかもしれませんね。
トカナさん記事から・・以下:
米メディア「Thrillist」(2月23日付)によると、今回の調査は米ジョージ・メイソン大学の博士課程に在籍するサム・マンフォートさんが独自に行ったもので、1905年から現在までのあらゆるUFO情報を記録している「National UFO Reporting Center(NUFORC)」のデータをもとに統計データを算出したところ、興味深い事実が次々と明らかになったという。
2017y03m03d_095302885.jpg

 マンフォートさんによると、NUFORCが1905年からこれまで集積した104,947件にものぼるデータベースを分析。その結果、1990年には年間10,000件程度だった目撃情報が、2010年には4倍以上の45,000件に激増していたいことが判明したという。
2017y03m03d_094936319.jpg
2017y03m03d_094924268.jpg

 目撃情報が最も多いのはイギリス、アメリカ、オーストラリア。ロシア、中国、グリーンランドからはほとんど情報がなかったそうだ。マンフォートさんが作成したマップでは、目撃情報が多い地域が赤く表示されている。
★アポロ計画の貴重な記録8400枚が公開

訳あって・・おひさしぶり。Ww
あのアポロ計画の写真DBが48年ぶりに・・やっと、公開された!
1961年から1972年にかけて実施されたもので、このうち初の有人宇宙飛行となったアポロ7号(1968年)から、最後の月面着陸であり地質学者を搭乗させた唯一の飛行であるアポロ17号(1972年)までの写真、8400枚をFrickerに公開した。これは、小さな一歩などという次元ではない・・そして何故今なのか?貴重な写真の中に君は何を発見できるか。
これらの写真は、アポロ計画のアーカイブプロジェクトのキップ・ティーグが、撮影されたすべての写真をスキャンして作り上げた非圧縮、高解像度のものだ。このプロジェクトは2004年にはじまり、ようやくその作業を終えた・・と言う。
★Project Apollo Archiveへ
2016y06m29d_100123375.jpg2016y06m29d_100206125.jpg2016y06m29d_100231203.jpg
2016y06m29d_100241187.jpg2016y06m29d_100301156.jpg2016y06m29d_100312046.jpg

★北米サンアンドレス大断層が、激動する?

米国では今、大地殻変動が予想されている・・過去~現在の地殻変動データや、今年の環太平洋マントル周辺での頻発巨大地震や火山噴火、熊本やエクアドル・南太平洋の大地震などから、
2016y05m08d_152031125.jpg
巨大地殻変動・大地震のエネルギーが、近々にも、同じ環太平洋・北米に存在する有名なサンアンドレス断層を動かす?のではないかとの予想や警告が科学者や学会から相次いでなされている。
このエリアは今までも今世紀に何故か、巨大地震発生がない。
政界も共和党のトランプ氏が大統領候補に指名確定とかで・・政界・自然界揃って『大地殻変動』が
米国を揺るがす事態に?・・ならなければ良いのだが。
日本では、熊本大地震の余震回数が2000回越え、発振場所・震度10Kmへの局所集中の異常さ?に大地震学者・学会が
原因や情況へのコメントも何故か少ないのも・・何か異常です。

2016y05m08d_153228609.jpg2016y05m08d_153246750.jpg
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.