FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★ナスカより古い地上絵パルパ

ナスカより鮮明で見事なパルパライン!!
紀元前500年以前から、この地上絵は存在していたようだ・・。
上空から観ていたのは誰?
先史文明の謎がまた増える・・

★以下、Ewoさんの記事
ナスカ線よりも知られていない象徴的なパルパ線ははるかに古く、1994年にユネスコによって世界遺産に登録された地域にあります。ペルーのパルパの丘陵地帯は、コロンビア以前の文明によって複雑に装飾されていました。
Palpa-Lines-Peru-2.jpg

Palpa-Lines-Peru.jpg


2017年11月以来、イカの地方分権文化局からの考古学者たちのグループは、近年、丘の中腹やその近くを歩いていた人々によって破壊され、古代の芸術を破壊してきた神話のジオグラフィックに素晴らしさを取り戻しました。何千年もの間、El Comercioは報告しています。
パトリシア・バルブエナのペルー文​​化大臣は、次のように述べています。「この地域全体が、何千年にも渡って砂漠の丘の中腹に描かれてきた素晴らしい織機であったことを示しています。
以上EWOサイトから。

★アルゼンチンの異様な雲と空

この空と雲の異様さは筆舌に表しがたいですね
・・・どうなっているのでしょう?気象学者さん!
Tokyoの空がこんなようになったら・・パニック発生!でしょうね?
★Earth review.netさんより・・
parana-bld-004.jpg

parana-redsky-007.jpg

parana-clouds-003.jpg
アルゼンチンという国は、ここ数年、非常に迫力のある空模様が出現し続けていますが、
特に首都ブエノスアイレスやその近郊では、終末的ともいえる空の様相が、たびたび撮影されています。
12月11日、ブエノスアイレスの北西に位置するパラナという街で、
空に写真でご紹介しているような壮絶な空模様が広がりました。
parana-argentina-map2018.jpg
★世界中で何か想像も付かない事が次々に起きている!

Something Unexplainnable Just Happend!
★地球は、人類は、・・どうしたんだろう??
2018の超常現象?はこれで終わればいいのですが・・

ekaisigaijyouhou0630.jpg



★ロスからシスコまで山火事で20万人避難の非常事態

北米西海岸の山火事はこの季節、恒例?になり感覚麻痺の話題だが・・今年は異常の極。
ロサンジェルスからサンフランシスコまでの北米西海岸、山岳地帯が全域山火事!
6000戸以上が消失して、20万人が避難。死者も11名を超える・・大災害に発展中だという。
中間選挙のネジレがどうの・・日本のTVでは話題だがこれも感覚麻痺の異常。
サンアドレス断層に沿って地殻変動や地震の頻発、イエローストーン火山帯の活発化など、
北米西海岸一帯が
世界的な異常気象や現象の象徴化になりはじめている・・のか?眼が離せない。



2018y11m11d_104024951.jpg

★イタリア北部を半世紀ぶりに直撃したサイクロンの大被害
2

イタリアでは過去半世紀にもこんな事態はなかったと言う。
イタリア北部を直撃シタサイクロンの被害がすさまじい!ベニスは水没したかのよう・・
世界が何か異常・・気象も地殻変動も火山活動も・・

2018年10月28日以来、イタリア全土に猛烈な暴風が広がり、2018年11月3日までの7日間で少なくとも27人の命が奪われました。ベルーノの東北地方は特に深刻な被害を受けました。国の一部で深刻な天気が続き、死亡者数は増加すると予想されています。
激しい嵐は過去7日間に大半の国で強風や大雨を引き起こし、被害、洪水、地すべり、竜巻などの被害をもたらしました。
"これは、過去50〜60年の最も複雑な気象状況の1つです"と、民間の保護庁が言いました。
ヴェネト州北部の被害は、風が190km(118マイル)に達した後、数十万本の木々が激減し、大雨によって広範囲にわたる洪水が発生した後、10億ユーロに達しました。当局はいくつかの場面を「黙示録的」と表現した。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.