超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★The Connected Universe
ナッシムハラメイン博士のThe Connected Universe・・早く見たいね。
以下予告編。

★狂い始めた・・世界異常気象!
何度も異常気象のレポしていますが・・世界中で記録的な異常気象が頻発増加の一途である・・。
過去50年100年での事例を見ない異常気象で、予報予測の及ばない地球規模でカオス状況の異常気象が発生している。
これは大自然から大災害への警告だろう・・、人類は馬鹿な縄張り争いや核ミサイル・・
エゴ利権追求の愚劣を即刻中止して、一致協力で対処すべき緊急事態だろう。


桁外れの雹嵐で被害に遭ったのは、メキシコ中部にあるグアダラハラという街で、ここはメキシコシティについで人口の多い(421万人)メキシコ第2の大都市
guadalajara-map1.png

hail-in-guadalajara.jpg

guadalajara-hail-03.jpg
7月28非フランスのシャモニーでは大雪が降り、イタリアの真夏の海岸リゾートグロッタンマーレでは雹雪で海岸が真っ白に。
一方酷暑も中東アフリカ・・などでは連日、40度を越す記録更新の熱波に襲われている
・・動物や昆虫の世界でも異常現象の報告が続出している・・。
beach-turns-white-italy-grottammare.jpg
★米軍予知能力開発の現状
★シックスセンスって最新脳神経科学でも証明されつつありそうですね・・分子生物学やペンローズの量子で心が語れる時がくるのかもね?www・
以下、TOCANAさんより・・ 2013年、ターグ博士は世界的講演会「TED」で、超心理学の実際を赤裸々に語っている。なお、博士のスピーチは不可解な理由でTEDの公式サイトから削除されている。  表向き「超心理学の研究は成果が出なかった」とされているが、その実、大きな効果を見込んで、次々と実践投入されていたようだ。ターグ博士の発言が真実だとすれば、今も米軍が超心理学に並々ならぬ関心を寄せている理由も分かるだろう。あるいは、すでに超人的な能力を持つ兵士が戦地で活躍しているのかもしれない――
☆木星は中空です・・

Electric univers理論で有名なWalt Thornhill博士は、木星が中空であるという理論を提案しています。
木星どころか・・この銀河系も太陽の核融合理論も・・根底からかれの理論で見直しが必要なのかもしれないね。
土星探査機カッシーニご苦労様!

★土星から見た地球と月の姿が愛おしい!人類はこれだけの遠望,視野と知性をもちながらその愚かさ故に今まさに滅びる寸前にも見える・・ヒトモドキ・サターンの跳梁跋扈を阻止、今こそ覚醒すべきだろう・・


最終ミッションを開始したNASAの土星探査機カッシーニは現在、土星の環を通過してこの9月には12年間のミッションを成し遂げて土星へ突入する。この写真は4月12日、地球から14億キロ離れた地点から撮影したもの。土星から見た水の惑星、地球だ。小さすぎて写真ではわからないが、正面に見えているのは南大西洋。地球と月をクローズアップした写真の、地球のそばのぼやけた点が月だ。

pia17171u.jpg 

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.