超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★☆☆★小惑星・探査機「はやぶさ」来年6月帰還!ガンバレ!!
★☆☆★小惑星・探査機「はやぶさ」来年6月帰還!ガンバレ!!

hyabusa falcon
★上記左の「はやぶさ」は小生撮影の「FALCON勇姿です!Www」
JAXA発表によると、エンジンの故障で地球への帰還が危惧されていた小惑星探査機「はやぶさ」は故障したエンジン2台の正常機能を合体して帰還に必要な推力を得る事ができそうで、来年6月の地球帰還が可能となったと言う事です。シャトルへの貨物衛星・HTVロケット成功と併せて、日本の科学技術の精度・レベルの高さがまた証明されそうですね!小惑星イトカワの採取サンプルも地球へ持ち帰りができそうです!すばらしい。
以下:JAXA記事;
 地球帰還に向けた第2期軌道変換実施中の11月4日に、イオンエンジン1基の自動停止が確認された小惑星探査機「はやぶさ」は、その対応策を検討した結果、運用を休止していたスラスタAの中和器とスラスタBのイオン源を組み合わせることにより、イオンエンジン1基分の推進力を得られることが確認できました。
今後この状況を維持することができれば、2010年6月に地球帰還できる見通しです。引き続き、注意深く運用を続けてまいります
ウクライナで謎の新型?インフルエンザ発生!
  死者の肺は真黒 ウクライナで謎のインフルエンザが流行、既に315人死亡
ukuraina
写真は現地視察のティモシェンコ首相


以下は【大紀元日本11月19日】記事:

現在ウクライナでは謎のスーパーインフルエンザが大流行している。死亡した患者の肺は炭のように黒く、内出血と肺水腫の症状があり、第1次世界大戦後のスペイン風邪に状況がよく似ている。ウクライナ政府の発表によると、現地では16日の時点ですでに140万人が感染、315人が死亡しており、近隣諸国のパニックを引き起こしている。WHOの先週の論評では、現地のウィルスは突然変異していないとのことだが、世界的流行病の第二波であると考えられているようだ。

 今回のインフル発生後、当初はH1N1インフルと考えられていたが、間もなく、3種のインフルが変種したウィルス性肺炎であることが伝えられ、新型インフルと別のインフルが結合し、スーパーインフルに変種したのではないかと指摘されている。

 ウクライナの救急医師Myron Borysevych氏は、このインフルエンザウィルスはH1N1型でも肺炎でもないと見ていると述べた。医師らは、このインフルは内出血と肺水腫の症状があり、スペイン風邪に類似していると考えている。また、西部地区の医師がこのウィルスによって死亡した患者を解剖したところ、肺が炭のように黒く、まるで焼け焦げたようになっていたという。

 ウクライナ首相、WHO専門家にウィルス分析を依頼

 ウクライナのビクトルユシチェンコ大統領は、WHO専門家9人を首都キエフ及びリヴィヴに緊急召集してウィルス検査を行い、英ロンドンへ送って分析を行っている。大統領はさらに、現在多くの人が死に直面し、インフル大流行により医師まで死亡していると伝えた。

 「他の国で流行しているインフルとは異なり、ウクライナでは新型インフルのほかにも季節性インフルとカリフォルニアインフルが同時に流行している。ウィルス学者は、この3種のウィルスが変異して一つに結合してしまえば、攻撃力を持つ合成ウィルスになるだろうと推測している」と大統領が伝えている。

 17日、WHOはサイト上で、ウクライナの新型インフルは、今年4月に始まった新型インフルの遺伝子と同じであり、突然変異ではないことを伝えた。

 1日で2万人近くが感染

 ウクライナ「キエフポスト」紙は、15日の時点で、インフル感染と呼吸道ウィルスによる死亡者は299人に増え、134・7万人が感染しており、当日24時間以内に1万7千人余りが感染していると報道。この数字は1時間ごとに更新されている。現在さらに多くの人の感染が伝えられ、特に西ウクライナ9地区に集中しているようだ。

 現在ロシア、スロバキア、ポーランド、ハンガリー、ルーマニアはすでに、入国するウクライナ人に対して健康診断の実施を開始している。ポーランドのトゥスク首相は、欧州委員会とEU議長国のスウェーデンのラインフェルト首相に書簡を出し、「EUレベルでの迅速な行動が必要である」と促した。


LHCがパン屑でSTOP?
LHC

当BLOGでも今年3月に紹介した稼動準備中のCERN LHCだが・・

昨年の秋、稼動予定で世界中の注目をあびていたスイスの大型ハドロン加速器
LHCがその修理を終えてようやく再稼動の矢先に鳥?の落としたパン屑?が原因で電気系統がショート。そのため実験スタートが11月中旬に遅れる・・そうだ。
素粒子物理学の最先端も「一切れのパン?」の衝撃に耐えられなかったようですね。

>以下swissinfo.ch、外電
1羽の鳥が落としたパンくずが、ジュネーブにあるセルンの大型ハドロン衝突型加速器をショートさせた。発表があったのは11月9日だったが、この出来事が起こったのは前の週の3日だった。
「セルン ( 欧州合同素粒子原子核研究機構/CERN ) 」の発表によると、フランスパンのパンくずが原因で「大型ハドロン衝突型加速器 ( LHC ) 」に電流を供給している外部電気機器系統がショートした。
再稼動は11月中旬
 このショート事故で、LHCの冷却システムの一部も作動停止した。そのため、絶対零度のマイナス273度に冷却されていた装置がマイナス268度まで上昇。しかし、数時間後には正常化し、大事には至らなかったという。
 現在、LHCは11月中旬の再稼動に向けて準備が整えられているところで、装置を最も低い温度に保つ必要がある。LHCは2008年秋に稼動を開始したが、その直後に重大な故障が発生し、実験の中止を余儀なくされた。
 LHCは宇宙誕生の謎を解き、物質構造を解明するための実験装置。全長27キロメートルのリング状のトンネル内で、高エネルギーの陽子ビームを光速に近い速度まで加速させ、衝突させる計画だ。
 swissinfo.ch、外電
科学的分析結果、ビリーマイヤーのUFO写真は本物?
BillyMeier
1981年3月26日に、スイスでエドアルド・ビリーマイヤーによって撮影されたとされる、あまりにも鮮明なUFO写真は、彼のプレアディス星人コンタクト報告と共にその真偽が永らく、問われていたが、このほど氏の許可を得て、2009/11/6と10/22に写真の原板を科学的に、専門家により分析した結果、写真の多くが、作為や合成などではなく、「本物」との結論に達したという。
各写真には画像のレタッチ/ピクセル操作や人工的オーバーレイはなく、UFOと思われる物体は直径48フィート・写真の1枚目は地上25フィート(8m)に滞空していると推測された。
世界的?なUFOコンタクティーとして「プレアデイスとのコンタクト」はあまりにも有名だが・・この写真分析が更にその著作や予言を注目させるかもしれない。
また、他の写真の原板には撮影されたUFO以外にレタッチではない2機目のUFOが小さく写り込んでおり、これも修正ではないと言う。中心のUFO周囲の電磁的?大気の乱れによるオーバーレイは人工的には創作不能と言う。
小生も写真の公開当初から、円盤の上部に円形に配列されたように見える多数の球の異様さに、「千成瓢箪が付けられたようだ・・」と、その形体デザインの「奇妙さ、人間離れした感覚」に驚いた記憶がある。それは今また、その奇妙さで注目されている英国のミステリーサークルの異常さにも共通すると思われるのですが
以下のリンクで直接確認して下さい。
カリフォルニア・フレズノのUFO母船ビデオ

California Drone UFO with Intelligent Spheres (Motion Stabilized)
mothership

2009.09.11にカリフォルニアの南、Lemoore/ハイウエイ41で、UFOが16秒間、ビデオに撮影された。
現場の近くにはLemoore Naval AirStationもありUFOのHotSpotとも言われている。
ビデオを見れば一目だが、母船:(Drone)の周囲に小型のUFOスカウトShip?が滞空しており、やがて・・それを収容し、一体となった母船?が上空?へ消滅?する。
これは、一見の価値ありですよ。:LinkClick
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.