超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
メキシコ湾原油危機3:流出海域へ巨大ハリケーンが襲う危険!
巨大ハリケーンが5個以上?原油事故現場、メキシコ湾を襲う可能性があるという
mexicobayoil2
hurricane
G8やG20でも事故の実体や危機的状況が伏せられたまま・・ハリケーンの季節を迎えようとしている。
原油流出は実体詳細の隠蔽のまま・・毎日20,000バーレル?以上の原油が深海1500mの巨大圧力を持つ原油層から噴出している・・阻止はき究めて困難だと言う。メキシコ湾の全ての生物へ甚大、深刻な命の危機をもたらしはじめており、白豪主義のシーシェパードとか言う狂信的,白人至上主義者達が喚き散らしている「捕鯨禁止」のキャンペーンどころか、大西洋のマッコウクジラやその他種類の鯨、海豚類がこの原油で絶滅するのではないかとさえ懸念されている。
巨大財閥の傘下にあるBP社の現場・実況中継がこのIT情報映像化のNET時代に何故か?統制権力で・・流れてこないのも誠に異常で不思議だ。
★以下:このシーズンにかっての「カトリーナ級」の巨大ハリケーンが5個以上?原油事故現場、メキシコ湾を襲う可能性があるという・・NATIONAL GEOGRAPHICの記事;

2010年4月初めにコロラド州立大学が行ったハリケーン予報では、今年は大規模な嵐が15個発生し、そのうち8個がハリケーンとなり、その半分は風速50メートルを超える大型となると予測されている。
現在、メキシコ湾で沈没した石油掘削基地ディープウォーター・ホライズンから原油の流出が続き終息の見込みも立っていない中で懸念されているのが、海上を漂う原油がハリケーンの風で湾岸地域に押し流される可能性があることだ。
 バトンルージュにあるルイジアナ州立大学(LSU)の海洋物理学者ナン・ウォーカー氏は、「もし原油流出が続き、カトリーナ級のハリケーンがここを襲ったとしたら、高潮と巨大な高波で原油が陸地のほうへ押し流されるかもしれない」と警告する。
テキサス州ラボックにあるテキサス工科大学環境毒性学部の学部長ロン・ケンドール氏の予測はもっと恐ろしい。「大型のハリケーンがやって来れば、原油はニューオーリンズ市街地に到達するだろう」。
 マイアミにある国立ハリケーンセンターが2010年5月20日付で発表した公式の予測の中で、同センターのハリケーン専門部局の主任ジェームズ・フランクリン氏は、「今年はハリケーンの数が多くなるという兆候がある」と述べる。ハリケーンが発生する主な原因は暖かい海水だが、同氏によると、熱帯大西洋と東大西洋の現在の海水温は観測史上最も高いという。さらに、2009年にハリケーンの活動が弱まる原因となったエルニーニョ現象がまもなく終息すると予想されている。
 ハリケーンの風は反時計回りに吹くため、原油流出域の東南をハリケーンが通過すれば原油が湾岸地域を離れて障害物のない広い海域に押し出される可能性がある。しかし、もしカトリーナと同じ経路である西側を通過すれば、原油は同湾の北岸に押し流されるかもしれない。「このシナリオはかなり恐ろしいことになりそうだ」とLSUのウォーカー氏は懸念する。
 ところが、原油の流出している海域をハリケーンが通過した例が過去にないため、実際に何が起こるかは予測がつかないと警戒の声が上がっている。
 米国海洋大気庁(NOAA)の事故対策コーディネーターであるダグ・ヘルトン氏によると、メキシコ湾のハリケーンは原油流出の復旧作業にも影響を与える恐れがある。船、飛行機、無人探査船などはハリケーンが来ると出動できなくなるという。同様に、水面に浮かべて原油が海岸に漂着しないようにするオイルフェンスが流されたり、ときには大波で切り裂かれたりするかもしれない。
 それでも、LSUの海岸研究部門の責任者グレゴリー・ストーン氏は、このような憶測が杞憂に終わるかもしれないと指摘する。6月のハリケーンは勢力が弱いのが普通で、大型ハリケーンが発生する8月までには原油はほとんど除去されているだろうと同氏は推測する。また、ハリケーンの風や波によって実際には同湾に残存する原油が薄まり、分解が進む可能性もあると考えている。ただし、原油が薄まると分子が小さくなるため、野生生物の豊富な湿地帯に侵入しやすくなる恐れもある。
 ルイジアナ州セントバーナード郡のエビ漁師の3代目ジョージ・バリシッチさんは、係留されている自分の漁船に腰掛けながら、流出した原油の到達を待つのはハリケーンの接近を待っているような気分だと話す。
「すぐそこに迫っているのに、どこを通ってどこに行くのか正確に予測できないからね」。石油まみれの海でエビ漁ができず、最近は、塗装し直したばかりのトロール漁船の掃除をして過している。
 ★「恐くて死にそうだ」と語るバリシッチさんは、以前にも同じような目に遭ったことがある。ニューオーリンズの東南の低地にある同郡をハリケーン・カトリーナが襲い、船と家がほぼ全壊したのだ。「みんな奈落の底からやっと這い上がってきたところなんだ。でも、いつ事態が悪化してもおかしくない」。
ya
◎太陽表面プラズマ爆発のSDO動画映像
sun
太陽は人類・地球・・太陽系の存在中心だが、その物質構造、水素原子がヘリウムへ核融合反応していると言う?
素粒子原子レベルでの極微のメカニズムから、地球の109倍というG型恒星、液体とも気体とも区別が付かないプラズマ状態と境界不明の表面・・その謎は未知のままで興味はつきません。
NASAのSDOや/SOHO/JAXAの「ひので」などの観測衛星データでどこまでその謎に迫れるのだろうか?母なる地球生命の根源や氷河気象環境を制御・制約する父なる46億歳の?太陽!
・・今改めて科学する時なのでしょうね。
★そう言えば・・SHOHO衛星に太陽周辺で巨大UFOが映像で写っていたと言う話題もありました。

★SDOの太陽表面の爆発動画映像が見られる・・Quicktime
以下、NASA記事
太陽大気の爆発:ループ状のプラズマ
6月23日12時49分配信 ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
太陽表面の爆発で噴出したループ状のプラズマが明るく輝いている。周囲の暗い部分は爆発が吹き飛ばした物質だ。2010年5月にNASAの太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)が撮影し、6月21日に公開された。
SDO搭載の大気画像化装置AIAは、太陽大気のコロナを多波長で観測し、表面変化と内部活動との関連性を探っている。

(Image courtesy NASA)
▼メキシコ湾原油流出事故は世界的大惨事へ発展する可能性がある:その2!
▼メキシコ湾原油流出事故は世界的大惨事へ発展する可能性がある!

oil-usa2.jpg
前の記事でもこの英国BPによる杜撰な原油掘削での事故の甚大な影響を記したが・・相変わらず日本のマスゴミは報道を意図的に?抑制している・・されている?かのようだ。
現場の詳細が伝わってこないが・・・事態はその間にますます、危機的な状況へ発展している可能性がある。
かなり悲観的な憶測が以下、のChemblogさんに紹介されている。
今月の26日カナダでのG20サミットでオバマ大統領がこの大惨事・事態の重大さを公表するのだろうか・・
兵員142万人、世界一の米軍を何故、総動員しないのだろう??。

以下:記事

▼Gulf Coast Explosive Tsunami:湾岸の爆破で津波が起きる
2010年6月15日
ホーク(Hawk)

昨晩のコースト・トゥ・コーストAM(Coast To Coast AM)で、リチャード・C・ホーグランド(RICHARD C. HOAGLAND)は、BPが所有する湾岸の油田の先端付近で、気泡が幅約15~20マイル(約24~32Km)、高さ10フィート強(3m強)にまで形成されており、数週間から数ヶ月のうちに大爆発を引き起こす可能性がある事を示す、BP及び米国政府の内部情報に言及している。

彼によると、油田の圧力は10万psi(7,000Kgf/cm2)に達しており、充満しているガスが爆発すると、時速400~600マイル(時速約640~960Km)にも達するセントヘレナ山が水没するほどの巨大津波が生成され、周辺数マイルの全ての艦船は沈没し、原油、有害な分散剤やガスを数分内に内陸部へと突進させるのだという。

爆発が起きた場合、フロリダ州は事実上先鋒となる可能性があるが、他の州も同様に影響を受けるだろう。大爆発や津波と同様に、健康を害する原油、分散剤やガスから避難し保護する必要があると政府が判断した時、湾岸周辺に住む人々が米国政府の説明を受けられるのなら良い事だと彼は述べている。この状況を戦争状態として対処すべきなのに対し、シーフードの食用化、(湾の)浄化の約束に関して彼はオバマ政権を強く批判している。この爆発が起こり原油が永遠に流れ出ると、無生物状態になるという意見に彼は同意している。

これは湾岸の住民4,000万人の避難が間近に起ころうとしている理由に関する別の見方だと言える。

昨日話したように、湾岸の軍事機構には相互運用トランキング通信システム(The Interoperability Trunking Comm System)からの極めて長いメッセージが送られている。これは恐らく、区画内の完全な真実を含む抜粋だと考えられる。同様に私は情報源から、現在沿岸警備隊が元沿岸警備隊員、船乗りなどを動員する段階にあり、早急に業務に復帰するよう提案しているという情報を得ている。ロサンゼルスのベニス、ニューイベリアにおける実際の測定は、有毒な硫化水素やベンゼンガスのレベルが健康を危うくするまでに達している事を示している。

この避難行動はすぐ実行に移されなければならず、さもなくば殆ど(の住民)が死亡する事になるだろう。反面、この避難行動を始めるのに戒厳令が必要となるなら、アメリカにおける第二の市民戦争が始まり、金融システムや連邦及び州、地元政府の殆どの組織が壊滅するだろう。混乱からの脱出命令..........混乱は恐らく時速400~600マイル(時速640~960Km)でやってくるだろう。ルシフェリアン達は、彼らの血の生け贄を得るのだ。イエスの血にはパワーが宿る。
★☆「はやぶさ」帰還快挙!を何故,実況中継できないのか?
★何故?はやぶさ帰還!快挙!を実況中継しないのだ。
「はやぶさ」こそ、日本の科学技術の素晴らしさ、日本人の誇り、人類の科学技術、平和利用の正しさ!の証明でしょう。
しかし・・・何故この国の、マスコミ・ゴミ?はこの世界的な快挙を実況中継もせず・・相変わらずの糞ゴミ番組、スポーツ番組ばかりを垂れ流すのだろう?。菅民主内閣・文部科学省?もこの異常に眼の付け所をリセットして欲しい。
英国BBCがオーストラリアの着陸地点へ実況ライブのTV撮影隊を派遣して「素晴らしい映像」を世界へ提供している。NHKは馬鹿高い視聴料金を強制徴収しながら・・高齢高額ギャラのタレントを視聴者に押し付けているが・・何故実況中継しないのか?、こんなNHKに視聴料は払う必要なし。
その他、民放各局はお馴染みの偏向報道ニュースと下劣芸能?ゴシップ番組のみで論外だが・・・。
★以下BBC提供のライブ映像を1日遅れでひそかに、笑)報道する”BS・NHK”です。
情けないこの事実・・「はやぶさ君」ゴメンなさい。
〜「はやぶさ」の帰還をみんなでむかえよう!〜
falcon

falcon2
[猛禽ハヤブサ]の写真は、PR:「Amatoのデジカメ日誌」 笑)、でごらんください!

〜「はやぶさ」の帰還をみんなでむかえよう!〜 
2005年、地球から3億kmもはなれた小惑星イトカワに到着した「はやぶさ」、イトカワの表面のサンプルをとって、今、地球に向かっています!6月13日、「はやぶさ」は、サンプルを入れたカプセルをオーストラリアの砂漠に落とす予定。
JAXAの発表によると・・地球帰還軌道は順調で、TCM-4、WPAへの精密誘導完了、日本時間2010年6月9日15時00分にTCM-4が正常に実施されたことを確認したそうです。
この運用により、豪州WPA内着陸想定地域への精密誘導が完了しました。
探査機の状態は良好のようです。
さあ!”後はオーストラリアで「はやぶさ」を発見するだけですね!JAXAで「はやぶさ」着地を追跡発見の方法を準備しているのでしょうか?
・・・NASAや航空自衛隊?オーストラリア空軍?などの協力を要請すべきではないのでしょうか。
菅総理はこの"NEWSには無関心"ですか?
■メキシコ湾石油汚染事故!世界最悪事態へ発展か。
oil4oil3oil2oil1
メキシコ湾の石油メジャーBP社の杜撰ミスによる海底1500mの油田からの原油流出事故は、世界的な環境・生態系汚染を引き起こし・・危機的な情況となっりつつある。地球温暖化・・Co2削減対策どころの騒ぎではない緊急事態だろう。オバマさん!どうしたの?何してんの!
この国のお台場ゲーノー・アホポケ・マスコミは相変わらず何をニュースしているのだろう!
アル・ゴアさん!国連環境委員会を緊急招集して日量ドラム缶15000本?以上、15,000~19,000バーレルという膨大な原油が流出している最悪の事故を世界全体で対応しなければ・・
取り返しの付かない事態になるのではないか!・・・これは自動車・大気汚染大国、米国への天の警鐘でしょうか・・そうなら・・日中共同開発の尖閣諸島・海底油田・ガス開発も・・流出事故・要注意でしょう。同じ事故の可能性大!です。

以下CNNコピペです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(CNN) 米ルイジアナ州沖のメキシコ湾で起きた原油流出事故で、回収作業に当たっている石油大手BPは20日、当初予想を大幅に上回る量の原油が流出していることを明らかにした。米政府は独自の流出量調査に乗り出し、BPに対して全情報の開示を求めている。
BPは流出元となっている油田のパイプにチューブをつないで原油を吸い上げる作業を実施しているが、同社広報は同日、この作業で日量約5000バレルの原油を回収していると語った。これは、米政府や同社がこれまで公表してきた1日当たりの推定流出量に相当する。BPは、回収されずに流出を続けている原油がどの程度の量になるのかは明らかにしなかった。
米議員がBPから入手して公表した映像には、破損した油田から回収量をはるかに上回る量の原油が流出する様子が映っている。下院調査委員会の議長を務めるマーキー議員は記者団に「BPは信用できないということが分かってきた」と話した。
一方、沿岸警備隊は、鉱物資源管理局、海洋大気局、エネルギー省、地質調査所などの政府機関で構成する技術グループを設置し、実際の流出量調査に当たると発表した。既に事故発生から現在までの流出量を調べる作業に着手しているという。
米政府は同日、BPに対して流出に関する全情報の開示を命じたと発表した。環境影響評価分析や内部調査報告書、回収・除去作業の詳細に関する情報なども対象になる。国土安全保障省のナポリターノ長官と環境保護庁のジャクソン長官はBPグループのトニー・ヘイワード最高経営責任者(CEO)にあてた書簡で、情報をウェブサイトに掲載して毎日更新するよう求めた。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.