超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
■中国 長江流域、大洪水被災者1億1千万人・死者不明1000人以上!山峡ダムは大丈夫か?
昨年の異常冷夏に比べ今年の日本の猛暑は既に記録破りで・・首都圏ではそのうち水不足まで心配されるが、中国大陸南部ではそれどころの騒ぎではない状況で天変地異・大災害が頻発しているようだ。
以下、7月24日の北半球衛星写真を見て欲しい・・日本列島を覆う太平洋高気圧が停滞し、中国南部・東南アジアは広く雲や低気圧に覆われている・・豪雨と水害の南部、日本周辺の猛暑旱魃?傾向が一目だ。
eusei1

日本のマスゴミは相変わらずマトモな報道をしないため、詳細が伝わってこないが・・・
中国南部は稀に見る大洪水被害に襲われている。AFP:大紀元日本によれば、その被災者1億1千万人という。
中国最大の長江流域南部がすべて被災地域と化しているそうだ。(武漢や重慶市内の水害写真参照:下記)
また、世界最大原発13基分、1820万キロWの発電量を誇る三峡ダムも2003年貯水開始から2009年完成だが、流域豪雨のため最大最深153mの水位(ダム185m)まで上昇、200億トン以上?(最大220億トン?400億トンとも?)の貯水量となり、危険水域?に迫っていると言う・・・。また三峡ダム完成当初より、ひび割れが多数発生し、修復は完了と言うが・・万一決壊すれば秒速100m高さ30m以上の津波が下流大都市を襲い、日本まで到達する・・という推測もある。
ダム上流域では土砂崩れが頻発し、毎年5億トン?もの土砂がダム湖に堆積中で地質上の問題も深刻と言われている
水害シーズンを迎えこの災害状況は南部から北部黄河流域にまで拡大?の様相もあり、このところの中国天変地異?UFO騒動と併せて、眼が離せない。




china9 china7 china6



中国8割の地区で洪水 被災人口1億強、死者不明千人以上 被害拡大中


--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本7月23日】中国最大の川・長江の流域を中心とする南部で洪水が頻発する中、北部の黄河流域でも大洪水が起こる可能性が伝えられた。更に22日、台風3号「チャンスー」(Chanthu)が南部の広東省に入り、南部の水害は一層深刻化する見込み。
中国新聞社の報道によると、中国では今年に入ってから、10年来で最大の洪水被害に遭遇した。34の行政地区のうち27の行政地区で洪水が発生、25の内陸河の水位が最高記録を更新した。各地で河川の氾濫、土石流、地すべりおよび都市部での冠水が頻発し、広範囲で影響を受けているという。

 「国家洪水・干ばつ防止総指揮部」の劉寧秘書長の21日の記者会見によると、20日時点の各地の洪水による被災人口は1.13億人に達し、64.5万棟の家屋が崩壊、7千ヘクタールの農地が水没した。701人が死亡、行方不明者は347人、直接的な経済損失は1422億元(約1.9兆円)に達するという。
china5 china4 china3


 また、劉秘書長によると、北部の黄河、海河、松花江、遼河などの河川では長年、大規模な洪水は発生していないが、2010年1-6月は降水量が多く、北部でも大洪水の可能性が高まっているという。

 このような状況から、一部では1998年以来の大洪水が再発するのではとの不安の声も聞かれる。


■今年、東京ヒートアイランド猛暑の危険、不気味。
猛暑は「地球ブキミ化」の一例
heetland
北半球を異常猛暑が襲っている・・メキシコ湾の原油流出事故は海底油田パイプのバルブ交換設置で現在流出停止だというが・・予断を許さない状況が続きそうだ。
気象庁の世界の異常気象・週間報告:では北京43.8℃、ワシントン39℃・ロシア37℃・・
・・・梅雨明けの今年ヒートアイランド東京は大丈夫なのか?

★以下、大紀元日本記事;

--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本7月11日】世界各地にみられる猛暑。7月6日、北京市の気温は43.8℃に上り、一部の地区では地上温度68.3℃も観測された。天安門広場の路面で卵を割ったら、3分間で目玉焼きができたという。

 ロシアでは7月4日までの1週間で285人が水死。猛暑の中、人々が遊泳禁止場所で泳いだり酔っぱらった状態で泳いだことで、死者の数を増やしている。6月末に中部で37℃に達し、森林火災の被害もでているとAFP通信が伝えている。

 米国では東海岸で猛暑が続く。7月7日もワシントンは39℃に上がった。

 先月6月21日付けの報道によると、サウジアラビアでは焼け付くような温度と砂嵐が合わさって、西域で停電した。エアコンを付けるための電気の需要が急増し、発電用タービン8台が停止してしまった。

 半年前を振り返ると、ワシントンの大雪、カナダの冬季オリンピックでの雨(雪がなかった)、オーストラリアでの13年間にわたる干ばつなど、異常気象の例が後を絶たない。

 今年2月、米紙「ニューヨークタイムズ」のコラムニスト、トマス・フリードマン氏は、地球温暖化(Global Warming)ならず、地球ブキミ化 (Global Weirding)という言葉を生み出した。暑さはさらに暑くなり、雨の被害地は洪水にさいなまれ、乾燥帯はカラカラになる。記録破りの暴風雨が頻繁に起こると科学者は予測する。とにかく激しい気候変動を目の当たりにする昨今だ。

 二酸化炭素、メタン、水蒸気などの地球温暖化ガスが、地表から放射された赤外線の一部を吸収するため気温を上げているという一部の科学者の説が、人為的な二酸化炭素の放出と結びついて、なぜか主流になっている。異常気象で不安に駆られる人々が、 科学の知恵で人為的な排気ガスをコントロールするという発想の基盤になりうるからだ。京都議定書に導入された排出削減単位を関係国間で移転するなどは、この典型的な例だ。

 しかし、 地球温暖化ガスの排出源は、先進国の工業化による排気ガスだけにとどまらない。赤外線の吸収力が二酸化炭素より遥かに高く、分解にも時間のかかるメタンは、米作から自然に発生する。だからといって、地球上の3分の1の人口に米を栽培するなとは言えない。さらに、氷河の溶解により、埋蔵されていたメタンハイドレートが、大気に大量に放出されている。この放出源は、人間のコントロールできる範囲ではない。

 現在の「不気味」な気候に科学的、人為的に取り組もうとするのも一つの方法だが、一歩下がって人間の力ではどうすることもできない天象の変化を謙虚に受け止めることも、大切なのではないだろうか。

 冷蔵庫に水があることは、この世の至福だ。
●ミステリーサークルを製造中の光球UFO
7月14日英国ワーウイックシャーで、ミステリーサークルを撮影中に、サークルの周囲を飛び回るオレンジ色の
光球が捉えられた・・以前からサークルを形成するUFOらしき光や物体をが撮影されているが・・その正体・真相が近々にも明らかになるかもしれません。
下記の写真Earthfiles.comで確認ください。
サークルが報告されて以来、人知を超える存在の・・知性をこの小麦畑造形やデザインから感じざるを得ません。

UKGuysCliffeAerialLucyHousePattern.jpg UKGuysCliffeLIGHTSPyrka071210.jpg Ogbourne7Fount.jpg

テーマ:UFO - ジャンル:

■杭州UFO報告その2:驚愕写真
7月11日レポートの中国杭州空港、閉鎖UFO事件のその後の追加、写真がTOP・UFOに報告掲載された。
写真を見ると、最初の写真と同型?と思われる窓の見えるUFOから地上に向けて光線らしきものが何れも発射されている。
この状況が空港管制官も目撃していれば、当然、空港閉鎖事態となったのは理解できる。
7月7日Pm8:40分~9:45分まで18便の出発便と香港などからの12便の着陸が3時間以上、変更中止されたと言う・・
明らかに「異常事態」が発生しているのが判ります。今後の調査、詳細報告を注目しましょう。
杭州UFO1

杭州UFO2

杭州UFO3
★中国、杭州空港のUFO出現は「新接触の開始」サインか?
ウルムチUFO:youtube

UFO&ParanormalNEWSによると:以下

UFO目撃報告が最近中国で頻発し、報告されている。
中国の西部のウルムチ市でも目撃されたUFOはTVでも放映されているように、南京市でも見られ、長寧市では、何百人もの目撃者により、奇怪な光るUFOから降り立った外国人のようなETが歩いて行ったと報告されている。
北京の近くの村では中国語でETから「あなたがたの近くに我々はいます?」と話しかけられたそうだ。
 ETは大きな頭とアーモンド目だったそうです、そして、ぴったりの『宇宙服』を着ていたそうです。
現在、非公式だが・・中国政府がET人種との開いた接触に備えて、これらのETを地球に迎え入れるための準備をしているとの事です。

koushyu-ufo
空港管制官と多数の人々による UFOの目撃、報告により急遽、閉鎖された杭州空港のUFO出現騒動。
この映像がそのUFOだと言う、窓のようなものまで見え、これが空港へ侵入すれば、閉鎖は当然だろう。
杭州空港UFO騒動は是非、ビデオ映像が公開されるのを期待しましょう。

★65年間におよぶ人類との第一種接近遭遇~第三種接近遭遇を経て?いよいよ新段階のET&UFOとの、接触が開始されたのかもしれませんね
☆NYサラトガで撮影された飛行機「擬態」のUFO-Video
UFO Casebook記事によると:ニューヨーク - 06-03-10
2010年6月3日午後、ウィルトン、NY、サラトガ郡で、に葉巻型とも、飛行機擬態?型とも見えるUFOがビデオ撮影された。草原の草花を観賞しようと撮影者がトラックを停めて空を見た時に、それは南方から北へ向かって約5000m上空を?飛行して行ったという。かなりの時間それが消えるまで観測、撮影できたようです。
ny-ufo


ビデオ映像を見ると・・太陽光を反射して飛行するジェット旅客機のようにも見えますが・・よく見れば、主翼や尾翼はありません。下手な擬態:カモフラージュのようでもありますね。この画像に良く似た記事写真はこのサイトでも過去、すでに報告しています・・・・・・・こちらもご参考に。

★金属ドーナッ型UFO英国に出現!!
pretzelufo
EARTHFILES 記事によると、6月24日ロンドン南部でメタリックな金属性のドーナツ型UFOが撮影、報告された。メールの送信者は匿名で詳細不明だが・・それまで太陽に隠されていた物体が、やがて、茶色、ドーナツ型に、明るく、太陽を反射 して飛び去ったとのこと。
また今、英国は恒例?のミステリーサークルシーズンですね・・円形サークルも複雑多様化で最近は一段と、人間離れした超常現象化しているように見えます。そのうち、地上のサークルと同型のUFOが空中に出現するのかもしれません。
UKMereLucyCircle

このミステリーサークルは6月25日英国、ストーンヘッジの南西、ウイルトシャー・メレの近郊ホワイトヒルで発見された最新のものだそうです。最近はサークルの形状もより高度に洗練され、複雑でより美しく、人間の仕業とは思えません・・その後、あの大槻教授の分析コメントはないのでしょうか?サークル形成進行中の鮮明な決定的ビデオが公開されれば全て決着するのですが・・。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.