超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★福島原発事故1号基「水棺?」は危険・・
TKY201104260204.jpg
★1号基は水素爆発防止のため、窒素ガスを注入したと言うが・・今日から「水棺」のため7000トンの水を注水し、炉心温度を下げるらしい。1号の炉心他の放射線パラメータは消失したままで不明、ロボットも高密度水蒸気で入れないと言うが・・15000トンの冷却水の重量に耐えられるのか?原子炉格納容器の容量気室も狭い1号で7000トンも注水すれば発熱水素の圧力上昇と余震による重量負荷で水素爆発の危険性は更に増加との指摘もされている・・。
現場ブラックボックスの一方的なメディア報道だけ鵜呑みにさせられる恐ろしさ。相対情報を集め、自己で判断しなければならないだろう。

◎以下リンク先でご確認を。

★やれることは何でもやったほうがいいと「小出先生」は言っていたが、水棺についてはしないほうがいい。としている。水棺に失敗したらどうなるのか?一部破損している格納容器が、それによって余計に破損してしまう。もともと格納容器は大量の水をいれる設計になっておらず、トラブルが起こりかねない。水をいれることで損傷が拡大する可能性もある。
(明日から注水量を2.3倍に増やすとされているが?)これまで水を漏らしながら注水を続けてきた。が、1号機の状況を見ると期待通りには冷えていない。そこから水棺の発想が出た。いままでより多い水を入れてみようという話。
(水棺作業によって格納容器が倒れたり崩壊する恐れは?)格納容器が倒壊したり崩壊したりすることはないと思う。損傷が拡大し水がもっと多く漏れてくることは心配している。これが原因で爆発につながるとは思わない。東電と保安院によると、1号機には水素爆発の危険があるということで、窒素を注入していた。それを本当に心配していたのなら、水棺はしてはいけない。水棺をすると気層が狭まってしまい水素が濃縮されやすくなるはず。
(ではなぜそのような矛盾したことをしているのか?)分からないが、私はもともと格納容器の水素爆発を防ぐために窒素を入れること自体に疑問を持っていた。もしそれをするなら2号機や3号機でしなければいけないはず。東電はちぐはぐなことをしている。

★ついでに、原発事故の現場処理に当たっている、組織?協力会社?作業員?のシフト・職能技能・人員数や企業名など未だに不明?で報道メディアも意図的?なのかその情報がまるで無い。外国メディアが英雄?扱いで「フクシマ50」とか言って一時ニュース?となったがこの国のジャーナリズムは放射能どころか「金糞」まみれで民放・NHKも報道メディアとして失格だろう。国運を左右する危機の現場について、情報のないまま・・
今日、東電の記者会見で現場社業員に50台の女性被爆者が発生したとの発表が飛び出した!!・・現場には18人の女性がいたと言うが・・これも記者会見で提灯メディア記者ばかりで上記詳細の追求がない。明日のメディアにも取り上げられ無いのではないか?要注目だ。
★原子炉溶融の核燃料をゼラチン状に!
KazumotoIguchi's blogで井口博士が画期的な放射能汚染・核物質臨界阻止のアイデアを披露している。
原子力安全保安院の秀才?に理解可能か?是非検討してもらいたい。
以下:その抜粋。

★核物質がある距離以内に近づかないようにするためである。近づけばお互いの放出する中性子線で連鎖反応が起こり、急激な核反応が起こってしまうから、それを調節するために、そうしているわけである。
要するに、核物質には「濃度」と「距離」に臨界点(境)があるということをこのことは示唆している。ある程度の濃度なら連鎖反応が起こらない。ある距離だけ離れていれば、連鎖反応が起こらない。こういうような限界があるということである。
ところが、水に溶かしてしまうと、水の中に徐々に溜まり、沸騰して溶けて、徐々にその濃度が濃くなるわけである。ところが、あるときにそれが析出し底に溜まれば、そこで一気にメルトダウンを起こすということである。ならば、それが出来ないようにすれば良いというわけである。
そこで、私が今日気付いたのは、物理学にある「ゾルゲル転移」という現象である。一番有名なのは、赤ん坊のおむつの中に仕込まれている膨潤物質である。水分を含むと非常に膨らむという物質である。
原子炉内の放射能物質で汚染された水の中にこの膨潤剤を入れたらどうなるだろうか?
簡単にイメージするには、原子炉内の放射能の液体をゼラチンのようなもので、寒天状に膨張させてしまうのである。



★福島原発とUFO
福島第一原発事故に関連する映像にUFOらしきモノが写りこんでいる。以下。
①はドイツのTV放送、NHKニュースでの30Km地点からの映像・・(NHKニュース開始の56'頃より写る)
NHKニュースの録画で誰か再確認をすればフェイクか否か確認ができますが・・
②は4月11日月・6:00の「福島ライブTVカメラ」の静止画映像(小生がScreenShot)何か金属球体のようなモノが写りこんでいる。拡大して確認ください。
2011y04m20d_081711296.jpg 2011y04m20d_081726437.jpg

2011y04m11d_165309062.jpg
▼東北沿岸部3県すべてで地盤大沈下!福島原発は大丈夫か?
東日本大震災の連続地震で東北3県の沿岸部28地点が軒並み震災前より43cm~84cmも地盤沈下している事が国土地理院のGPSシステム三角点調査測定で解った。3/11の震源に近い陸前高田では84cmも地盤が沈下している。
さらに宮城県牡鹿半島では1・2mも沈下した。太平洋プレートで発生したM9.0の地震により、北米プレートとの境界に沿ってその後1ヶ月で、500回以上のM5~7の余震が続発している。内陸の古い断層までもが余震となってズレ沈下し始めていると言う。
今、日本列島は有史以来の大地殻変動・・激動期に突入したのかもしれない。
地震・地質学会もお手上げ、真っ青の地殻異常事態・地震の頻発だ。

★11日に発生した震度6弱の福島県いわき市の活断層:1.2m~1.8mの大沈下:以下はアサヒコムの記事:
TKY201104130241.jpg TKY201104130240.jpg
TKY201104130242.jpg TKY201104130243.jpg
 11日夕に最大震度6弱を観測した東日本大震災の余震(マグニチュード7.0)を起こした正断層が、福島県いわき市の地表に現れているのを東北学院大や山形大、東京大などの研究チームが見つけた。少なくとも7キロにわたって、最大で上下に約1.2メートルの段差が確認された。
現地を調査した山形大地域教育文化学部の八木浩司教授によると、震源の付近には、長さ約20キロの井戸沢断層があることが知られており、その北端から7キロにわたって地表面で地面のずれが確認された。
いわき市田人町の畑や道路では上下に約1~1.2メートル、水平に約30センチのずれがあり、西側の地面が下がっていた。断層のタイプは「正断層」で地震波の解析データとも一致した。
八木教授は「断層が現れた近くの斜面では土砂災害も発生している。同じ規模の余震は、他の地域でも今後起きる可能性がある」と注意を呼びかけている。(川原千夏子)

TKY201104130244.jpg

★今、必死でなんとか制御しようとしている福島第一原発・・既に冷却水が1000トンも放水されつつあり、その汚染流出に苦慮しているが、臨海立地の原発地盤は大丈夫なのだろうか・・ダム貯水による誘発地震なども世界中にその事例があり、四川大地震も山峡ダムの貯水が原因と懸念されてもいる。最近1週間の震度3~5クラスの余震震源地は、「福島浜通り」が95%以上で原発の真下ではないか?嫌な予感がする。
福島第一原発の地盤自体が1m以上沈下していれば・・・冷却汚水の排水など無意味となる。恐ろしい。
更に、原発に隣接する活断層も存在すると言うではないか!承知で原発建設した東電はそれを解っているのか。
★余震・発生確率の高い駿河湾・東海トラフ・・プレート境界・断層真上の「浜岡原発」を稼動させている中電も黙認政府も狂気の沙汰だである・・事故結果への無責任なその想像力の貧困と愚鈍さにアゴが外れる。
地震のほとんど発生しない、ヨーロッパでも脱原発ドイツのメルケル首相はこれを、恐怖で見ていられないのではないか。
■原発推進の根拠「地球温暖化:co2削減」詐欺。

2011y04m15d_194728921.jpg
■地球温暖化の嘘・詐欺

★地球温暖化:co2削減が既成事実??となり、制御不能の原発が、地震大国・活断層・4大プレート境界の
日本にいつのまにか55基も稼動させられ・・世界の使用済み核燃料、猛毒プルトニウム3000トンが青森県
六ヶ所村に貯蔵され、
世界でもその愚かささ・危険さに呆れられている高速増殖炉「モンジュ」を稼動させようとしている「全ての原発推進の論理的??根拠・背景」がこの
「詐欺:Co2温暖化論」にある

★「カルト宗教:Co2温暖化」は未だにこの国で「正論」環境問題扱い。マスゴミで操作・歪曲されている・・世界の常識から逸脱・・恥ずかしい現実。
あの、副大統領だったゴアが原発巨大資本の宣伝塔で「不都合な真実」はまさに「好都合な詐欺」だった?
わが国の原発利権政治家、取り巻き御用学者族・大手メーカー・東電・年間1000億円の電力会社
宣伝費で口止めされるマスゴミ・・・さもありなん? 上記のyoutube画像でご判断ください・・
■4/10今・福島原発で起きている事
京都大学・小出助教授が語る・・今、福島原発で起きている事
■外国メディアで福島原発、近距離上空ラジコン機からの鮮明画像や動画!
Fukushima nuclear plant - Two Flyovers shot in high definition !
何故この外国からの鮮明な報道写真やYoutube画像が日本のメディアで報道されないのか??
官僚による情報封鎖か?何故だ・・異常、愚か極まりない。
この水素爆発?による凄まじいばかりの破壊状況。
マスコミ・ニュース解説?のニュアンスと落差が大きすぎる!
放射性物質の拡散情報も外国メディアの報道の確認必要。
「百聞は一見にしかず」一方的に報道されるマス公式情報とのギャップが事態の深刻さを・・逆に物語る。
■HAARPへの疑惑:「地震兵器」か?
アラスカにHAARPと呼ばれる、オーロラ・電離層・地磁気測定・研究?が目的と言われる米軍・アラスカ大学共同の巨大施設が存在する。
これが、超高出力3,600KW?の高周波を電離層に照射・穴を空けたり、10hz低周波を目的地活断層プレートに標準・照射する地震・環境破壊兵器ではないかと以前から、世界で疑われている・・・・。
国の地震研究所・気象庁・地震学者は東日本・福島・宮城上空の電離層・オゾン層のプラズマ周波数、宇宙線の測定、変化をレポート、地震発生との相関を研究/公開・報告すべきだろう。
先日からこのHAARPのHPアクセスが不能??となっている・・何だ?
なぜ・・世界中からの疑惑に正面から答え、地球物理学へ地震予測など研究内容・情報を公開できないのか?このままでは、世界中のプレート境界での巨大地震頻発に「疑惑が拡大」するばかりだろう。



▲緊急特番:福島原発事故の真相!?
MOPAL.jpの緊急特番・・ベンジャミンフルフォード氏の指摘!
4.11に「富士山」爆発?・・


■今、福島原発は最悪シナリオで進行か?
福島第一原発「1~3号機の最悪シナリオと対処法」を京都大学原子炉実験所助教授 小出祐章さんの解説。
40km圏まで・・退避が必要?この録画をマスコミが何故報道しない?
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.