超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★原発事故の『超常現象?:報道災害』
以下のドイツZDF-Frontaの報道が日本国内でマスコミされない理由、何故だ。この事実はまさに、ありえない?”超常現象”ではないか。
『報道災害という:不気味な超常現象?』がこの国で起きている証拠なのか?

『Uesugitakasi.com』を参照確認ください。

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

◎NYへ巨大(c4)ハリケーン直撃!
今までに、過去50年間、このような巨大台風がNY東部を直撃するのはかってないそうだ。ハリケーン「アイリーン」はカテゴリー4(風速59m~69m)に更に発達するかもしれない?と予報されている(NHC)。先の地震発生やらハリケーンなど・・アメリカ東部も大災害の危険が迫っているのだろうか?以下CNN他より・・

 ハリケーン「アイリーン」が26日、米東海岸に接近し、沿岸の各州は非常事態を宣言し厳戒態勢に入った。直撃の恐れがあるニューヨーク市では低地の住民約30万人を対象に同市史上初の避難命令が出され、地下鉄やバスなどの27日正午(日本時間28日午前1時)からの全面運休も決定した。
 オバマ大統領は休暇を切り上げ、ハリケーンの規模が「歴史的」になり得ると警戒を呼びかけた

131431443652013425604_airi-n.jpg
(CNN) 米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、強い勢力を持つハリケーン「アイリーン」は今週末にかけ、ノースカロライナ州から東海岸を北上する恐れがある。連邦緊急事態管理局(FEMA)は東海岸の住民全員に十分な警戒と準備を呼び掛けている。
アイリーンは23日午後11時の時点で、バハマの首都ナッソーの南東約660キロの海上を時速約15キロでゆっくりと北北西へ向かっていた。フロリダ州からはやや離れた東方を通過するが、25日には最大風速約50メートル、カテゴリー3の強さのハリケーンとしてノースカロライナ州に接近する見通し。同州から北、カナダにかけての海岸部で暴風雨による被害が予想される。ハリケーンが米本土に迫るのは3年ぶりだ。
ノースカロライナ州の海岸部には非常事態宣言が発令され、住民、滞在者全員が25日未明以降は避難するよう指示を受けた。パーデュー知事は23日の会見で、物資やトラックの準備は万全だと強調した。

photo_1314283984476-4-0.jpg
weather-300x197.jpg
米国東部の地震とUFO艦隊?
ワシントン(CNN) 米東海岸で現地時間の23日午後1時50分ごろ、首都ワシントンに近いバージニア州を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震が発生した。この影響で同州の原子力発電所が運転を停止したほか、ワシントンやニューヨークでは建物から人々が避難したり観光地への立ち入りが一時禁止されたりするなどの影響が出た。死者や重傷者、建物の大きな損壊などは確認されていない。
震源地は首都ワシントンから約141キロ南西のバージニア州ミネラル付近で、震源の深さは約5.9キロ。米地質調査所(USGS)によると、東海岸で起きた地震としては1944年のM5.8の地震、1897年のM5.9の地震と並び過去最大級だという。続いてマグニチュード2.8と2.2の余震も発生した。

Ws


download2.jpg

何やら・・・不気味でどこか相関?が、ありそうなUFOの大量出現や奇妙な「怪奇音」などの発生が多数世界から報告されている。・・・「くわばら・くわばら・・宇宙人でも地球に攻めてくる映画?のイントロではありません様に」

①8月20日アップロードされたロシア・カザフスタンのUFO映像:以下


②カリフォルニア・サクラメントのUFO/8.13


③キエフ・怪奇音


テーマ:UFO - ジャンル:

★地球は9月26~28日に彗星エレニンの尾に入り、暗黒の3日間となる?
ChemBlog:ケムログさん記事で・・彗星エレニンが太陽に大接近し、この9/26~28の3日間、地球と太陽の間に入ったエレニンの尾に地球は入り、その影響で太陽光が遮られ、地球は暗黒の3日間となる?と言う報道が流れている(Before I'ts News)。おまけに、彗星エレニンの尾に含まれるガスに青酸成分の毒物まで在るかもしれない?とも・・・物騒な話しだが。NASAや各国の天文台、JAXAなどの公式見解は合い変わらず無しで、これも異常。直前まで?一般国民には真実を知らせないのだろうか。

エレーニン彗星の'コマ'の直径は、目下のところ20万Km、又はほぼ125,000マイルを上回ると推定される。木星の直径は142,894キロメートル、又は89,000マイルで、これは地球の直径の11倍に相当する。エレーニン彗星の'コマ'の直径は、地球の直径17,756Km(7,925マイル)の16倍近くにもなる。
現在のエレーニン彗星の'尾'は、90万Km、又は56万マイルを上回ると推定される。

テーマ:UFO - ジャンル:

◇こりゃ不思議だ。空から雲が降りてきた!孫悟空の金遁雲か。
UAEアラブ首長国連邦で何と!空から雲が地上に降りてきて、フェンスの前で分裂、車からこれを撮影したビデオが公開され話題騒然。車の同乗者が車から降りてこの雲を抱きしめるとその雲は綿アメのような感触で知性もありそう・・・否新種の生物?これは誠に奇妙な謎としか言いようがありません。
「In Deepさんのブログ」からご紹介です。ああ、驚きの世界。でも自宅の庭にもこの雲さん・・降りてこないかな。笑)孫悟空のようにこの雲で空中浮遊ができそうです。

テーマ:UFO - ジャンル:

▼巨大地震の予兆?米国、南カリフルニア海岸で熱蒸気が噴出。
8/12日米国西海岸、カリフォルニア南部の海岸丘陵の斜面が崩れ、高熱の蒸気と噴煙が立ち昇った。
付近は立ち入り禁止となっており、地元消防で放水処置がされている。斜面の崩壊亀裂で地下の高熱アスファルト層と大気酸素が反応して高熱蒸気を発生させているのでは?と推測されているが・・先週オレゴン州海岸での同様の蒸気噴煙が発生しており、地殻変動による?巨大地震などの予兆でなければ良いがと、心配されている。

テーマ:地球 - ジャンル:

★地球を取り巻く「反物質ベルト?」を発見!
地球を取り巻く「反物質」の帯が発見されたと、ナショナルジオグラフィックに報道されている。今、CELNのLHCでヒッグス粒子や反物質の検出に苦労しているが・・以外な場所でそれが見つかるかもしれません。原発など足元にも及ばない夢のエネルギー源にもなる反物質と言われています・・。以下ナショジオ転載;

新たな観測データから、地球の上空に閉じ込められた複数の反陽子の証拠が確認された。地球は薄い反物質帯に取り囲まれているという。反物質粒子は、通常の物質粒子に対して鏡に映したような性質をもつ。例えば、反陽子は原子の基本的な構成要素の1つである陽子とほぼ同じ性質だが、電荷だけがマイナスである。
 宇宙線(太陽や太陽系外から届く高エネルギーの粒子)が原子に衝突すると、分裂して“エキゾチック”な粒子が大量に発生する。この中にわずかな割合で反陽子が含まれると予測されている。
 問題は、反物質が物質に衝突すると、エネルギーを発して両方とも消滅してしまうことだ。宇宙には物質の方が多いため、新たに発生した反物質はすぐに消えてしまう。
 だが最近、ヨーロッパの宇宙放射観測衛星PAMELA(Payload for Antimatter Matter Exploration and Light-nuclei Astrophysics)によって、バンアレン帯で反陽子が複数発見された。バンアレン帯は地球を取り巻く荷電粒子のドーナツ型の輪で、外側の輪の下にもう1つ輪がある。
 研究チームのメンバーでイタリアにあるバーリ大学の天体物理学者アレッサンドロ・ブルーノ(Alessandro Bruno)氏は、「宇宙線と地球大気の相互作用によって発生した反物質粒子が地球の磁場に捕らえられると予測されており、今回の発見で裏付けられた」と語る。

sn-antiproton-thumb-800xauto-10737.jpg
antimatter-found-van-allen-belts-earth_38784_big.jpg
 PAMELAは、宇宙線や宇宙線が地球大気の分子と衝突して発生する粒子を調査するため2006年に打ち上げられた。約2年半の間に、搭載したセンサーで地球を周回する反陽子の証拠を28回検出した。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の宇宙科学教授バシリス・アンゲロプロス氏は、「わずかな数に聞こえるかもしれないが、宇宙空間で予測される反陽子の平均密度より3桁ほど大きい」とコメントしている。同氏は今回の研究には関与していない。
バーリ大学のブルーノ氏は、「PAMELAが検出した反陽子の大部分は、間接的な発生だと考えられる」と話す。宇宙線によって地球の上空数十キロで原子が分裂するとき、「反中性子」という粒子も発生する。「この反中性子の一部が大気から飛び出し、より上空で崩壊して反陽子になる」とブルーノ氏は説明する。
反陽子の証拠はバンアレン帯の「南大西洋異常帯」で発見された。高度1000キロのバンアレン帯の内側の輪が、地表に向かって600~700キロ下がっている領域だ。
反陽子はバンアレン帯の他の場所にも存在する可能性があるが、高度が高すぎるためPAMELAでは検出できないという。 これまでにも、地球上で反物質を人工的に生成し、瞬間的に捕捉したことはあった。しかし、宇宙空間の反陽子は自然な状態を研究する貴重な機会が得られる。「磁気圏はこのような基本原理の研究にとって純粋な“実験室”になる。地上の実験室では壁や装置が干渉して消失してしまうが、その心配もない」とアンゲロプロス氏は言う。
PAMELAの反粒子観測を継続すれば、銀河での宇宙線の生成と伝播や、発生した粒子が地球大気を通過する経路を解明する大きな手掛かりが得られるだろう。
PAMELAの成果は、アメリカのエネルギー省が運用する「アルファ磁気分光器」によって裏付けられる可能性もある。今夏、国際宇宙ステーション(ISS)へ運ばれた、費用15億ドルの最新の宇宙線検出装置だ。 NASAでは次世代宇宙船の燃料として反物質を収集、活用するアイデアも検討されているが、実現はまだ先の話になるだろう。
今回の発見は「Astrophysical Journal Letters」誌オンライン版で7月27日に発表された。






テーマ:地球 - ジャンル:

■不気味な日没。アリゾナで太陽が2つ?Nibiru?巨大CMEか?
8/3アリゾナで日没時の太陽の異常現象?か、電離層・オーロラ?地磁気異常か?太陽が2つ東西にあるような光景が観測され、その異常さに話題を呼んでいる。Youtubeにはこの状況が多数報告されており、以下などで確認ねがう。一部では地球と反対側の太陽の陰から接近するNibiruではないか?とか、8/4に発生したM9.3の巨大太陽CME(巨大コロナ質量放出)の地球到達?(地球到達は8/5の予定の筈でこの現象に合致しない)による地磁気プラズマ異常ではないか?とか諸説あるが・・昨年来、太陽は「サイクル24」(第24太陽活動周期)も頂点へと本格化しており、地球に面した側の太陽表面でのM9.3クラスのCMEは今回の爆発が初めての経験。昨年のCME爆発の凄まじさは下記youtubeで見てください。・・・それにしてもアリゾナのこの現象は不気味で美しいです。





テーマ:地球 - ジャンル:

◎オレゴンに出現したトンボ型ドローン?
earth files・comの記事によると、7月31日ジョージア州アトランタ・ベニングの近くの家のポーチでこの奇妙なトンボ型droneが目撃されたそうだ。2007の5月にカリフォルニアで目撃撮影され話題を呼んだDroneとは報告によると形体が異なるが・・オレゴンのドローンの「異様さ」度合いは、カリフォルニアのメガネトンボの地球上のものではない?人類の感性から遊離したものと異なり?何か必死?で地球上のトンボなどを擬態しようと言う努力を感じる。笑)
目撃者は最初、子供の小型ラジコンヘリかと思ったそうだが・・それが1分半も動かずに滞空している姿を良く観察すると、その異様さが判ったという。前部には目の玉ランプ?がワインレッドに赤く光り、その後ろに数字の3または、アルファベットのEを逆にしたような掘り込み彫刻があり、3インチほどの体の中央には小さな黒い羽根と白く穴の開いた大きな羽のセットがあったと言う。それは、航空機の尾翼のような三角形とともに変動していた。
下部には車の黒い着色ウインドウのようなドームががあり、小さなビーズに連なる触手か足のようなものが付いていた。この奇妙な物体をデジカメで撮影してやろう・・と家へ戻り、再びポーチへ来るとそのトンボ?は消えていたと言う。後にこのラジコンヘリのような物がネットのRC玩具にあるのか調べたが同じようなものは、子供用・大人用のRC玩具・模型にも無かったそうだ。何よりも、目撃者は直観でこれは玩具では無いと思ったという。それにしても、あの優れもののカリフォルニアのドローンはその後どこへ行ったのでしょうね。
今、夏本番ですが・・あなたも「トンボ」や「セミ」を注意深く、良く観察してください。良く出来た、夏休みの宿題の工作かもしれませんよWWww。
dorone dorone2






テーマ:UFO - ジャンル:

★☆7/26テキサス州フォートワースで撮影されたUFOの急降下上昇。
7月26日フォートワース・テキサス州のSkyCamに信じられない程の急降下・急上昇するUFOのような光る物体が
写っていた・・LIVENBC-NEWS このビデオではスローモーションで拡大映像もあるので、ご確認を。
この動き、何か猛禽のハンティング行動や、第二次大戦の急降下爆撃機の動きのようにも・・見えますね。この映像から・・急降下した場所を特定し、そこに何?があるのか、調査すべきだと思いますが。

テーマ:UFO - ジャンル:

★ノルウェーオスロ爆弾テロ現場にUFO?
7月22日にノルウェーの首都オスロで発生した爆弾テロ事件の直後、現場で撮影された映像に、UFOが映りこんでいると話題になっている。
★リンク先:以下のビデオのスタート直後と中間で確かにUFOらしき物体がビルの空間に写っているのでご確認を
爆破されたビルの惨状を撮影する中で、通行人が空のほうを指差しているのが分かる。その先にあるのは、円盤らしき物体。3月11日以降の福島第一原発周辺でもUFOが撮影され、注目を集めた。やはり天変地異や大事故、大事件の際には、宇宙人は必ずウォッチしに来るのだろうか??
ufo

テーマ:UFO - ジャンル:

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.