超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★2012に再発見されたET人類接触の証拠
この半年から数ヶ月・・Youtubeなどにこの映像がリークされるようになった。最初はこれ等工芸?考古学品発掘品?の一部スライド説明の映像だったが・・今回のものはその続編?工芸品の数が増え、ズームアップされている。相変わらず情報ソースは不明です。僅かなコメントも、『55年前にメキシコ中央部のネイティブ部族がネックレスなどにして身につけていたと思われる『工芸品・彫刻』を2011に考古学者??が再発見した?と言うだけで詳細は不明・・時期はプレマヤ?と推測され、古代儀式のためのモノと思われる着陸装置などが今回、更に追加されたと言う・・・』[THE TRUTH BEHIND THE SCENESのリンク]で確認ください。Youtube画像を見ると・・わたしの「直観」でしかありませんが、これ等は『本物』ではないかと感じます。毎度の事ですが、情報源を公開しないコトの不思議が最大の『謎?』です・・・。
『プレマヤ』と言っても、マヤがスペインに征服され滅亡した16世紀には既に9世紀にマヤ文明は支配階級など制度崩壊しており、・・ガテマラのジャングルで発見されたティカル遺跡が紀元前6~7世紀?と言うが、古代後期?から南部からユカタン半島・中央メキシコにかけてのウシュマル・チチェンイッツアなども正確な時期や、現在のインディオ部族がその末裔なのか否かも正確には解っていない。遺跡を残して忽然と消えた文明?民族。一部には紀元前2600年ごろからがマヤの発祥とも・・。
エジプトのサッカラ・プタ・ホテプの墓などの壁画にあるETグレイやUFO?宇宙船レリーフ等・・に共通する人類文明へのET介入の『何か』を感じます。これも、直観ですが現在の住民とは人種的にも”無縁の人々によるET接触文明が紀元前7000年?以上前に中東エジプトにも中米ユカタン半島にも栄えていたのではないでしょうか?
古代マヤ文明には他国の古代文明の象徴たる・・「車輪」も「鉄」も「牛馬」も「米麦」も存在せず・・突出した暦や天文知識・数学などがあり、『マヤ暦2012の12月に人類滅亡など』は有名ですね。そう言えば・・創世記?のエジプト文明にも車輪はあったのでしょうか?歴代ファラオの出てくる更に前ですが・・ヒエログリフやレリーフに車輪は無いような気がします・・・・。
それは、もともと・・車輪も金属も文字すら不必要な高度な文明だったのではないでしょうか。

★ハワイ・キラウエア火山直下で群発地震と地鳴り雷鳴が!
22日水曜日朝、8時40分にその地震(M2.4)と雷鳴のような地鳴り音がハワイ・プナ地区に響き渡った。2006年以降キラウエア火山周辺でM2.0以上の地震が起きた事は無い。この日地震はキラウエア直下で60回以上も観測されており・・明らかに火山性微動と思われるが・・地鳴り、音響の原因は不明。現在、観測所での火山の関連噴火は観測されていないと言うが、ハワイ島の住民は不気味がっている・・・。
万一、ハワイでの巨大地震があれば、日本の太平洋岸は大津波が襲うだろう。要注意だ。

☆中国・月観測衛星嫦娥(じょうが)2号が捉えた『月面ETの人工建造物』
2010年10月に打ち上げられた中国の月探査衛星「嫦娥(じょうが)2号」の撮影した月面ビデオに人工建築物のような建物が写っており話題に。・・すでに45年も前のアポロ人類月面着陸で、UFOをはじめ人工建築物などが撮影、報告されNASAの公式否定や隠蔽が世界中で疑問視されているが、中国のこの発表で隠しようがなくなった。日本の『かぐや』もハイビジョンで鮮明な映像を多数撮影しているはずだが・・何故か?情報・映像の公開は無い。JAXAはNASAの下請けか。国民無視もいいかげんにしろ!と言いたい。そのうちに中国人が月面着陸でET面会の実況中継放送をする。笑)



moon
★話題の映画THRIVE
★ドキュメンタリー「THRIVE:繁栄」と言う映画が水面下で話題となっている。DVD購入やダウンロードでしか現在見れないが・・・・・・・・・・・その主題「国際金融資本の世界支配構造・フリーエネルギーの隠蔽」に切り込んだ内容に世界中が注目。
以下そのPR画像:Youtubeで概要を把握・・自己責任で『判断・評価』して欲しい。何故か?メジャーなメディアは沈黙しています。
thriveposter.png
『PR:まえがき』
映画の制作者フォスター・ギャンブル氏は、一般消費財で有名なP&Gの御曹司です。彼は子供の頃の体験をきっかけに実業家ではなく科学者への道を歩むと、技術開発を意図的に邪魔している国際資本家(金貸し)の存在に気付きます。 この現実を踏まえて、人類繁栄の道を考えたのがこの映画であると紹介しています。内容は人類を繁栄へと導くトーラス理論(自由エネルギー論)を解説し、それを邪魔する金貸しの支配構造と計画を明らかにして、最後にその解決策を提示しています。
映画は大きく4章構成で、1章:「概念を解き明かす」、2章:「お金の動きを追う」、3章:「世界支配に向けた行動計画」、4章:「解決策」となっています。CGや検証動画がふんだんに使用され、また日本語吹替版も用意してあるなど、自主制作とは思えないほどの品質で、冷静中立なドキュメンタリー報道番組をイメージしてもらえれば間違いないと思います。
○地球温暖化の詐欺:大寒波・小氷河期到来?
★地球温暖化・・Co2排出ガス削減!京都議定書・・既に世界中のメディアが既定の事実のごとく連呼PRの結果、地球温暖は人為的CO2排出ガスが其の原因と言う定説が常識化し、その常識下で全てが語られている。「原発推進」も、火力発電などのCo2温暖化防止に貢献する?(事実は逆で、CO2を出さないクリーンな原発と言っていますが、原発は毎秒100トンもの海水を蒸気を冷やすために海から取り入れ、約7℃温度が温まった状態でまた海に戻しています。最近、海の海水温が上昇している最大の原因とも言われている。特に日本海の温度上昇は100年で1.6度と世界平均(0.5度)の3倍以上の高さです。これは日本海付近には70基以上の原発(日本55基、韓国20基)があり、それらのの原発から7℃上昇される海水の量は1日で約1億8000万トン、1年間で660億万トンもの海水が原発から海に捨てられています。)・・などもこの例でしょう。
★以前からこのブログでも『地球温暖化について疑問』の報道を紹介しているが・・いよいよ温暖化の嘘が世界の異常気象で露呈し始めたようだ。これは意図的な詐欺なのかもしれません。それは、局地的異常気象温暖多雨の現象を伴いながらも、地球全体の寒冷化:小氷河期が到来することで・・証明されるのでしょうか。
以下のyoutubeで世界の科学者が指摘する温暖化神話。『その嘘の背景』:政治的な意図を再確認すべきだろう。
Lisa Randall


★この冬、日本でも記録的な豪雪、寒波に見舞われているが、ヨーロッパでも厳しい寒さによる死亡者数が600名を超えた。ヨーロッパ各国は、10日前から、新たな寒波に見舞われている。
フランス通信の報道によると、10日金曜には、氷点下20℃以下と言う気温の急激な低下によりヨーロッパ全体での死亡者数が600名以上に達したという。
また、東ヨーロッパ諸国、ウクライナでは氷点下30℃以を記録、大寒波によるさらに多くの死亡者が出ています。
東ヨーロッパでの寒波は、1984年から1985年にかけての冬以来、前例のないものだということです。
厳しい寒波の影響で、この地域の交通の大動脈であるドナウ川の水面がオーストリアから、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ブルガリアまでの数百キロにわたって凍結し、船舶の航行ができなくなっている。
この大寒波で、欧州では暖房用燃料として天然ガスの需要が急増している。ところが、各国の頼みの綱であるロシアが対欧州輸出を削減。ロシア政府系の天然ガス・石油大手ガスプロムは、寒波の影響で国内でも例年以上に家庭用・産業用ガスの需要が高まっているためとしている。
webworld040212.jpg
★衝撃的な2011年の地震発生・動画Map
早、大震災から1年になろうとするが、以下のyoutubeで2011年の地震発生動画mapを見て、改めてあの日:3/11を挟んで数ヶ月の地震発生の異常さに驚愕した。まるで集中爆撃か何かのようではないか。
宮城県沖の日本海溝で発生した巨大地震のエリア集中の異様さ・・何か自然災害とは言え?異常な恐怖を感じる。
過去の地震データにもこのような例は少ないのではないだろうか?巨額と優秀な人材を投入の地震研究所や学会・気象庁などからは・・深海地殻の潜り込みによる従来のプレ-トテクトニクス地震発生論しかコメントされない。
これが自然現象なのか?世間の納得するような新しい学説はない。
一方で主要なメディア報道は一切されない文化省の管轄にJAMSTEC独立行政法人『海洋研究開発機構』などと言う機関が存在している。これは何の目的・機構・組織なのか。サイト見ても不明瞭だ?米国『IODP』とか言う機関の日本下部組織なのだろうか?。
地震研究所・学会と国連等の協力関係や巨大な深海掘削船舶2隻・深海潜水艇・研究所他の重装備など・膨大な予算人員をかかえているがその成果も評価・情報開示もお粗末だ。あの3・11東日本巨大震災・津波にもこの機関の地震研究コメントなど話題になるほどの情報は発信されていない。米国と何を日本海溝で掘削・探査していたのだろうか?メタンハドレードやマンガン塊などの海洋鉱物資源探査以外にマントル・プレート掘削での地震研究が明記されている。世間から疑問を呈せられる事自体がこの組織の情報開示不足だろう。
以下は本来こうした公的機関から出されるべき映像だと思います・・

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.