超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
◎太陽観測衛星に再び捕らえられた巨大UFO映像!
7月22~25の4日間に渡り、Helioviewerの画像に、またもや巨大なUFOが記録され、話題に。
Helioviewerの画像を見るとそれは、自ら太陽を凌ぐ光芒を発しながら、超光速?で巨大な太陽重力圏の彼方へ飛翔している様子が見える。・・フイルター処理分析では・・この巨大UFOの人工的な形状?のような明暗や窓?のような凹凸まで・・・・確かにこの数年の太陽周辺の奇妙な物体の出現について、太陽観測・NASA・・は騒然。
逆に唖然とする位に沈黙?なのか愚かなのか?ダンマリ情報封鎖は・・日本の観測衛星「ひので」やJAXA・・月探査「かぐや」のハイビジョン映像の非公開や、深海掘削船「ちきゅう」の非公開掘削情報?・・掘削坑での人工地震による地殻分析情報?等・・も含め、地震研究所・気象庁との連携、外国籍スタッフの多数乗船・独立行政法人が何故、領海内の深海10km以上を掘削できるのか?等・・不明瞭で未公開情報が多い。疑惑?不審が生まれるのも、情報公開が少ないからで、こちらは日本の超常現象だろう。
ホントニこの国は”変な科学先進国?”です。最低、NASAと同じレベルで情報公開すべきでしょう。
それにしても・・これは何?だろう。

ufo-sun-anomaly.jpg sun-ufo1

sun-ufo.jpg

★JAXAは「月探査衛星・かぐや」の全・画像情報を公開せよ!
Before Its News・・などの記事から・・以下、その要旨。
アリスタルコス ・クレーター[USGSUS海軍クレメンタイン探査機]
最も不可解で、過去物議を呼ぶクレーターはアリスタルコス·クレーターです。アリスタルコスは、一世紀以上前から天文学者によって観測されている。それはアポロ各号やNASAや海軍探査衛星からも、映像が捕らえられているが・・公表映像が何故か、敢えて?モノクロで公開されている。また、レタッチ加工されているとも言われている。その形状も他のクレーターに比べ奇妙な放射線状のドームらしきものが見え、更に明るい青色にクレーターが点滅している画像すら確認されている。関心・物議に対して公式なコメントはNASAからは相変わらず無い・・。
何か情報を隠している・・とNASAの他のアポロ月面の画像と同様、世界中のアマチュアが公開画像を分析し、数々の月面上に存在する建造物や塔、建設機器や宇宙船・円盤らしきものまで・・その分析映像が既に公開されている。今回のものはこれに、米国アマチュア天文観測者の大型望遠鏡で捕らえた、月面のフルカラービデオ(下段)が公開され、カラーで月面画像を再処理して、新たに発見された、更に驚くべき、高さ6マイルの塔や、建造物、トンネルの入り口等、人工?建造物なども公表されている。
このような、背景から、仮説ではあるが、この青く発光するアリスタルコス・クレーターは月に豊富に存在する?ヘリウム3を利用した、ETの核融合炉ではないか?・との説も。
☆月面カラー説は以前、このサイトでも取り上げましたが、最早、何の意図か何処の圧力か不明ですが、ハイビジョン・フルカラーで撮影された、月面の裏側から、奇妙な南北の両極映像など、JAXA「月面探査衛星かぐや」のビデオ・写真など、莫大な国税を投資し記録された、数万点以上の映像を速やかに、国民、世界へ公開すべきでしょう。
月面の秘密は、中国・インドの月面探査など、もう隠す事の出来ない情況になりつつあります。
★全メディア・国民が『月面の全情報公開をJAXAへ要求』すべきです。これは国民の知る権利です。
以下、ご確認を。


★核融合炉?クレーターか。
moon7 moon6
moon5 moon4 
moon3 moon1

★カラー分析された、月面人工?構造物とカラー化ビデオ
moon8 moon9









★また!また、インドで『赤い雨?』が降る!・・
2001年夏に初めて観測された、インド・ケララ州・マラバル海岸での赤い雨現象?・・その後、2006年・2007年・2009年・・と毎年降雨?が観測され、2001年から採取された雨のサンプル分析から、マハトマ・ガンジー大学の応用物理学教授ゴドフリー・ルイス博士が中心となって分析の結果・・何とこの赤い雨の成分はDNAを全く持たない細胞?から構成されており・・地上には同類のものが存在せず、300度の高温、1平方センチ当たり300ポンドの高圧下でも細胞が破壊されずに生存できると言う。この赤い細胞は顕微鏡の観察では白いセルの中に複数収納され、地球上の細胞核の中の存在するDNAは見当たらないという。教授は英国シェフィールド大学や米国コーネル大学の生物学者や研究所でこのサンプル分析を行い、その結果、地球上の生物の細胞物質・・水素・酸素・珪素・炭素・アルミニウム等を分析抽出したが・・炭素同位体の炭素12と炭素13の構成比が地上のものではない!と言う結果が出た。更に、現在カーディフ大学でこの物質からDNAを発見・抽出すべく細胞膜をこじ開けようとしているが・・膜が厚く硬くこじ開ける事ができていない。タンパク質の抽出ができれば蛍光生成で着色撮影できるそうだがこれも、未だ途上との事。話題と謎が・分子生物学会に広まり・・世界中が「赤い雨」に注目を始めた。
唯一、地球上の生物の細胞でDNAを持たないものがある・・・それは『赤血球』血”だと言う。
空から『血?赤血球』が降る・・・一体何だろうか??

詳しくはこのリンクをでご確認を:Earthfils.com

2012y07m08d_073310828.jpg
2012y07m08d_073457375.jpg

2012y07m08d_073401140.jpg
2012y07m08d_073342000.jpg

望遠鏡で捕らえられた奇妙なUFOは生命体?
Zeroids?と呼ばれる生物型?新生命体?のような奇妙な形体のUFOが彼方の宇宙で、望遠鏡に多数、補足され、その映像がまとめて公開されている。以下の動画・映像を確認願いたい。・・メカニカルないわゆるUFO・円盤・宇宙船ではなく、仮説では我々の想像外の次元、空間に生息?する何かの知性・意識・生命体?のようなものかもしれない。
サイトの自動直訳も添付。


自動翻訳:

Zeroids。むしろ異星人の宇宙船ではなく、いくつかのUFOは実際には通常宇宙のボイドに生息する生き物だろうか
"Zeroidは、"空き領域の凹部を移入することがbioformsに適用される一般的な用語です。このドメインは、実質的にゼロ温度とゼロ気圧によって特徴付けられる。生物学者は空間が生合成には不向きであると主張かもしれませんが、ロシアの天体物理学者博士VL Goldanskiiは、プレバイオティクス素材のかなりの量が星雲を囲む領域、または巨大なガス雲内に蓄積することができるはずだと主張した。

時間の長期経過では、このような問題は、最終的に宇宙の残忍な範囲に適した生活のいくつかの形態に進化する可能性があります。すでに有機化合物の数十は、ホルムアルデヒド、青酸、およびセルロースを含む、スペースで同定されている。短期間での進化を可能にするためにそこに基本的なビルディング·ブロックの豊富さがありますzeroidsは。
私たちの島宇宙は約137億歳であることを考慮すると、以下のことが考えられるzeroidsは、おそらくほぼその全体の時間のために、既存の宇宙背景で最古の生命体を表す!

彼らの処分で時間のような細長いスパンで、zeroidsは簡単に多くの異なった進化の経路を踏んだかもしれない:彼らは、微視的から巨視的に次元にまで及ぶかもしれません。
形態は、全く単純なものから非常に複雑に異なる場合があります。彼らは単独で、または広大な植民地に住んでいるかもしれません。それはもちろん、ヒューマノイドフォームが予想されていないことを強調されるべきである。しかし、知性が開発機能かもしれません。

生計のために、運賃のzeroids "プライマリ法案はよく銀河塵とガスかもしれません。また、見落としてはならない大きなzeroidal実体は小さな時にごちそう可能性があるかもしれないと異なる可能性があります。
内や銀河の有無にかかわらず - Zeroidsは、空間のすべてのセクターに移行している場合があります。モビリティと知性の両方に恵まれて、それはいくつかが実際に存在する我々のゾーンに侵入した可能性があり、UFOのように見られていると考えられる。
大気の摩擦が燃え殻にいくつかのzeroidsを湯通しする可能性があり、私たちの惑星のガス温度は、まだ他の人に致命的証明するかもしれません。

自然界の物理的または電磁 - のいずれか - 彼らは私たちのドメインにエントリを存続できるようになりましたまだ、いくつかの保護シールドを進化させた可能性があります。これらは生きているUFOのだろう!

実際、2つ​​のUFOの例は、この魅力的なコンセプトをサポートするために表示されます。1976年、ルーマニアのCluj-Napocaの領域では、明らかに、アニメーションの動作を示す光の生活圏のように見えるものがあるマテリアライズド·。エンティティの撮影した写真は、正当性のためにすべてのテストに合格した。

そして、1978年にブリティッシュコロンビア州では、研究者ドロシー·ウィルキンソンは、宇宙のワームに似た光の奇妙な文字列のような形の多くのショットの最初のスナップ!
だから、空間と時間の両方の広大さを考慮すれば、少なくともいくつかのUFOが実際に宇宙生き物されること可能性の領域内に確かにある!ビデオ:あなたはすぐにこれらの領域の人間はまだいないので、遠くの深宇宙での軌道であるという事実を認識している..
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.