超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★火星探査機Curiosity2・・36年前の火星生物映像!
NASAの火星探査バイキングが36年前に撮影した映像に・・驚くべき?『火星生物・ウサギのような物体?』が写っていた!
元NASAの科学者ギルバート・レビン氏は、このバイキング探査で放射性炭素を含有する栄養素を使用し、土壌から放出される二酸化炭素で有機物存在の実験データを担当していたが・・データでは、確かに二酸化炭素は土壌から放出されたことを発見。そして、それは放射性の炭素原子を含んでいたことを確認した。
だが・・バイキングのガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)と第二の実験では、炭素系分子を探して成功しなかったため、結果的には土壌生成の生物・微生物反応と思われる二酸化炭素生成は無視・否定されてしまった。
彼は、今回36年ぶりのCuriosityの探査で、この生物存在の証拠が再検証されると信じている。
Revin
★レビン氏の科学的証明が今回再確認される事を願いますが・・それにしても、この下のYouTubeに写っているバイキングの『火星うさぎ?』・・・どこから出てきたのだろうか?・・月からご出張かも。不思議です~Wwwwwww!☆好奇心からの続報楽しみですね・・。

◎火星探査機CuriosityにUFO出現?
火星探査機「Curiosity(キュリオシティ好奇心)が8ヶ月の飛行で火星着陸。NASAはライブ中継で世界へ実況放送したが・・最初に送られてきたモノクロ画像にガックリ。何?これ、1976年、36前に火星探査機バイキングが送信してきたカラー写真の方が数段、鮮明度もカラーも優っており、時代が逆向したのでは?と・・・風景もアリゾナ砂漠では?とかのイチャモンまで?
米国内のメディアでも、このキュリオシティの火星探査計画そのもの・・全体で 2000億円という巨額な資金を使い、たった2年間だけおこなわれる予定の今回の無人火星探査計画(ローバー計画)に対して成果や目的まで・懐疑や疑問の記事が出ている。要は・・仮に生命痕跡や兆候が発見されて・・または資源が見つかったとして、どうなのか?と言う事で、成果に疑問や冷めている有様。
*何やら・・別の目的もありそうな??・ホントに好奇心すら削がれる着陸第一報ですね。
それとも、人類の『好奇心』を満足させてくれるような・大発見の『一大ショー』がこれから幕を開けるのでしょうか?乞うご期待!(笑)
わざわざ・・火星までいかなくても、月面で好奇心を十分に満たす探査が・・いくらでも残っていると思うのですが。・・と此処まで書いていたら最下段、PS;追伸です・・
mars2 mars4
mars5
1976年『バイキング』の写真:(下)
mars1
★PS;
*驚きが??この記事を編集中に・・期待に応えて?キュリオシティの映像にUFOが何んと4機も写っている!?と言うYOUTubeがUPされました・・矢張り、さすが『好奇心!』ですね。
これは、火星人登場も期待できそう!笑)・・以下CKください。

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.