超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★地球の怒りか?大地殻変動か?異臭や赤い川。
何やら、地球が底から怒りを発しているのではないか。地殻マグマの変動上昇?火山の不気味な動きが感じられる。富士山のマグマ圧力上昇の記事を先週書いたが・・この10日月曜日、米カリフォルニア州南部240kmに及ぶ一帯が、卵の腐ったような、異様な悪臭に覆われたと言うニュースが騒がれている。(下記YouTube)

州の大気管理局では南部サンディエゴの東、国境に近いソルトン湖が発生源で、ここの魚が大量に死に腐った匂いではないか・・?とも推測されているが・・気象状況から、偏西風の流れ等を考慮すると、ソルトン湖が発生源とすれば、北部や東部のネバダ・テキサスで異臭が報告されていない。むしろ8日に噴火した、ニカラガのサン・クリストヴァリ火山の硫黄ガスではないかとの観測。また・・海洋地質学の調査専門家からは、この2週間にカリフォルニア一帯で数百回以上も頻発している地震による、沿岸海底に堆積のメタンハイドレードガス噴出が原因ではないかとも?どうやらこちらが正解かもしれない・・。

北部イエローストーンでは太古210万年から3度の大爆発を起こしたスーパー火山のマグマが幅73km深さ660kmと言う途方もない巨大さで上昇している報告が。ギリシャの巨大火山サントリニ島も地表が14cmも隆起しており、この60年にないマグマ上昇や火山性微動に住民は恐れていると言う。マグマ上昇はベスビオス火山やハワイのキラウエアでも観測されており、どうやら全地球規模でのマグマ地殻変動の感じすら・・
★富士山・周辺や阿蘇・霧島・桜島・浅間・・・大島・・も要注意です。
yellowstone yellow2


更に・・マグマ地殻変動と因果関係は直接、無さそうですが?・・中国の巨大河川・長江の水が赤く変色。赤い濁った水が流域の重慶や下流に流れ、政府や水質管理担当が分析中で原因調査で流域地殻の鉄分の流入では?・・との推測も。以前にはインドでの赤い雨の記事を当ブログで書きましたが・・アゾフ海での赤い海のニュースも過去には報告されているようです。赤い水の成分が・・流域の鉄分だとしても奇妙で異様な事態です。

red1 red2
red3
red4 red5
★富士山の噴火も近い?・・
9月8日・・中米ニカラガ太平洋岸にある、最も高いサン・クリストヴァリ火山標高1745メートルが3回に渡る大爆発を起こした。このところ世界各地の火山が連続噴火している・・。
つい先月、エクアドルの首都キトから南に約135キロメートル離れたトゥングラウア火山が爆発したばかり。東南アジアでもインドネシア・クラカタウ火山が8月に爆発・・アジア最大のフィリピン・ピナツボ火山も2009年の爆発から、小康状態・・。ハワイのキラウエアや、ワシントンDCのセントヘレンズも1980年大噴火から・・小康だが・・なにやら、北米南部太平洋岸のイエローストーンの地下でもマグマが上昇し、地震が頻発とか・・このスーパーボルケーノが噴火に動けば地球環境が一挙に激変、地上生物の危機とも言う。
日本も霧島や桜島をはじめ最近は富士山の噴火が心配されている・・。『筑波の防災科学研究所』の発表によると、昨年3月11日に起きたマグニチュード(M)9.0の大震災と、その4日後に静岡県東部で起きたM6.4の地震で地殻が変動・活発化と言う。富士山直下に滞留するマグマに圧力がかかり、地上に向かって噴出する危険性が高くなったというのだ首都圏から100kmの富士山が噴火すれば・・近傍の静岡・山梨の直接噴火災害から神奈川・関東一円は2cm~15cm以上の粉塵・火山灰とガスで覆われ、火力発電のタービンに吸い込まれた粉塵で電力ストップのブラックアウトだと・・・。
★地球全体の地殻が、何やら底から蠢いている・・心構えと防災の備えを、下らん政治エゴや国境紛争・戦争どころでは無くなるかもしれない。
volk2 volk1

map
★何これ?・・ガがが蛾!
南米・ベネゼラで採集された・・?この生物。何だろう?蛾・・モスラ?悪魔がサングラス?
しかし・・大自然の不可思議さは無限。人間の小賢しい知恵など・・です。
以下のサイトへアクセスで直接ご確認を。
★karlshuker.blogspot
蛾

★自動翻訳:モスリン蛾プードル蛾に表面的な類似を負うものの、まだ、それは以下の毛皮で覆われていると、どのような場合に、ディストリビューションでもっぱら旧北区です。ウェブサイトの数にコピーされ、ベネズエラのプードル蛾のようにラベル付けされている特定の1つの写真:この一つですモスリン蛾Diaphora mendica(©DrPhotoMoto / Flickrは)幸いなことに、しかし、そのFlickrの名前DrPhotoMotoです元の写真家が、その説明として、その種の正確な同定の中に含まD. men
★ISSから撮影された地球軌道上のロッド型UFO?
少し古いが、昨年の12月にYouTubeにUPされた動画(出所不明)だが・・独断私見では本物。
数年前のカリフォルニアのドローン系UFOに見える。この型のトンボUFOはYouTubeで探してみると数件(下記)
あり、明らかにジェット推進の旅客機改良の実験?機や、フェイク画像もあるが・・最初のISSからのロッド型の
ものは多分、本物だろう。・・・時速17000マイルで太平洋上を飛行、とコメントされている。アップ映像でも推進機関らしきものは見えない。何だろう。
彼等?はジェット機やヘリ・鳥・・等に、よく下手な擬態もする・・Www


☆太陽の巨大フィラメント爆発・噴火・CME9月5日地球へ!
太陽の巨大な質量大放出:CMEが9月1日にShohoで観測撮影された。(以下のYouTubeで動画)
今回のプラズマフイラメント爆発は太陽表面を数十万Kmも横断して宇宙空間へ放出され、その様子はまるで血液の噴出のごとくにリアルで凄まじい。地球への影響は9月3日から現れ始め、北極圏から広範囲に及ぶ磁気嵐やオーロラが発生している・・今後、5日から6日までその影響が全地球を覆うと推測されている。HAARPデータにもこの影響が顕著で、今後、地殻変動、地震などを誘発しないことを祈ります。
★最近、太陽活動と地球の異常現象・・との相関が気になります。

copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.