超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
◎8月5日、フロリダ州:プールの監視カメラにUFO
米国から、Strange Lights:UFO?のニュース・この奇妙さは確かに人智の外の感じ?ですね。
以下映像と、その記事の訳⇒
★8月5日(月)夜。フロリダ州サウスウエスト自然保護区・ベネチアンビレジ近くのガルフショー・ブルーバードマンションの安全監視員、デブラリー・トーマスは監視カメラモニターを見ていた。すると、彼女が見ているプール監視カメラの反対側から明るい円盤状のライトがプールに近づき、やがてプールの上でプルオーバー状の漏斗の様な光のベールを降ろし、変化しながら、水面上に滞空し始めた。奇妙な光は30分も滞空し、やがて変化してフェードアウトしながら消えた。
(このような現象や映像は今までかって、彼女もセキュリティー会社の人々も見たことがないと言う)


 このビデオはMUFON、オハイオ州のUFOの組織に送られ、これを見たMUFONの職員は彼らが見た中で最も魅力的なビデオの一つであると言う。
現在、分析しているが、これフェイクやデマだと思えないと言う・・。これは、トーマスの同僚同様、彼らが映像にを最初に見るま​​でまさか?と最初は思った驚くべきものだ。
以下:モニターの静止画像の一部・・
2707133_G.jpg
sl-1
sl-2
sl-4
2707138_G.jpg
激変する世界の異常気象『暑さで地面で豚肉が焼ける』
この夏、世界中で激烈な異常気象が頻発している。
極端な大旱魃から大洪水・集中豪雨・・異常寒冷と猛暑・・過去の気象観測データの記録に存在しない
猛烈な天候が世界中:北米・ヨーロッパ・インド・中国の各地で頻発している。
海に囲まれた比較的安定している日本も、梅雨明け?宣言以降・・梅雨前線が関東以北に停滞?東北北陸は冷温に豪雨、前線南の西日本は猛暑で1時間50mmから100mmの猛烈豪雨と洪水と、記録破りの続発。
それでも、TVのお天気伯父さんお姉さんは何事も無いような顔で・・これまた異常。
ラニーニャ現象?とか判ったような解説も空しい最近の現実です・・
以下:国内の1日ニュース
鳥取市湖山町では、1時間に67ミリの非常に激しい雨が降り、降り始めからの雨量はすでに170ミリに達しました。島根県大田市付近でも、レーダーによる解析で1時間に約100ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が出されました。夕方にかけて、山陰や関東北部では局地的に激しい雨の降る恐れがあります。気象庁では、島根県、群馬県、新潟県に土砂災害警戒情報を出し、注意を呼びかけています。
suigai.jpg
以下:中国の例・・日本の8月はどうなる?
s71142.jpg

s23114.jpg

s80156.jpg

s28358.jpg

s88214.jpg

最高気温42℃ 地面で豚肉が焼ける=2000年に一回の?中国各地で猛暑
【大紀元日本8月1日】中国各地で7月に入ってから猛暑が続いている。29日まで南部43の市・県で最高気温は40℃を超え、重慶市などでは42℃に達している。中国気象局が30日に発表した予報によると、高温は8月に入ってもさらに続く見込みという。同日、初となる高温災害の緊急対策の実施が発令された。
猛暑の威力を検証すべく、上海テレビは実験を行った。7日間連続して38℃を超える上海では、地面に置かれた豚のバラ肉が10分で焼けた。35℃を超える猛暑日が25日間続いた湖南省長沙市でも同様な実験が行われた。地面に落とした卵はまもなく熱が通り、目玉焼きが出来上がった。また、江蘇省鎮江市では30日、鮮魚を輸送するトラックが横転し、道路に落下した魚は数分後に焼き魚に変わった。
 この記録的な酷暑で市民も様々な場所に出かけ、涼を求めている。
多くの中国の報道が「1000年に1度の熱波」と報じている中、「 2000年に1度」という専門家の言葉をタイトルにした報道も・・・東方網 より。

★恐ろしいのは13億人?の中国人口が・・この異常気象・災害で世界の食糧危機の引き金を引き・・農作物穀物から・・水産資源・・果てはエネルギー資源までの世界的な逼迫と争奪が始まる懸念も。
追い討ちか、先行か金融破たんと危機が重なればこの世は・・クワバラ桑原。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.