超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★NASAのハッブル望遠鏡近傍で捉えられたUFO宇宙船
この画像はISSの飛行士が撮影したという画像で、最初のものはNASAのサーバーからリークされたハッブル望遠鏡の軌道近くに出現したUFOの映像だと言われる。2枚目もUFOと言うより、まさにETのスペースシップでしょうね・・メカデザインも洗練されてますな。
既にISSの周辺や軌道上には多数のUFO映像が動画や静止画像で捕らえられており、net上ではニュースが頻繁に飛び交っているが・・相変わらず世界の公認?メディアや政府は沈黙。情報ソースを含め確認情報ではない。既にISSに日本の宇宙飛行士が何人も乗り組み、経験を重ねているが、この話題には決して触れない。『メダカの無重力実験』のほうがニュースです(笑。多額の税金で何をしている?のか相応する情報公開無し。いつまで「あれは宇宙ゴミ」ですとか、フェイク画像ですとか誤魔化せるのでしょうかね。
//AhoTV新聞の時代は終わりですね。以下YouTube画像等でご確認を。





ufo-01.jpg

ufo-02.jpg

★Mexico上空でUFOが爆発!ヒューマノイド残骸?
9月22日夜、UFO-Ovniのメッカのユカタン半島メキシコ・キンタナロー州一帯の上空にで、多数の人々の目撃の最中、突然、謎の光体が多数出現し、一部が大音響とともに大爆発した。その後、地上では爆発によって落下したと思われる多数の残骸が発見されたという。・・その写真が公開されて話題に。写真を見ると何やら黒こげの形状が人型アンドロイド?のロボット?ヒューマノイドの様に見える。中空のところはロボット人形の様にも・・
メキシコシティー周辺では以前から多数のUFOが目撃・映像や動画に記録されており、中にはヒューマノイド型の飛行物体もある・今回の騒動には、メキシコ空軍が関連し、多数の軍ヘリが上空を飛行して、残骸は軍がほとんど回収したとの事。その後の続報は不明です。ユカタンからペルー南米では何が起きているのでしょうか?
⇒★ニュースソース
★下段のUFO動画はYouTube検索で2013年5月の動画と再下段2010年12月に撮影された「メキシコシティ上空のUFO」画像で、この爆発残骸と関連はありませんがご参考です・・。

yukatan1

yukatan2

yukatan3

yukatan4
★MEXCIO CITYのUFO動画



★米国モンタナ州で空の異変?
9月30日モンタナ州での空異変?津波のような雲の波が押し寄せる映像が迫力!
単なる秋の始まり・・季節風なのか?あまりこのような雲を見たことがないという。
この夏の世界中や全米各地での猛暑旱魃・洪水・山火事や異常寒波・・寒暖極端の異常現象に驚く。



2013y10m02d_090151890.jpg

気象だけではなく、ついに顎も外れる100兆ドル?(9000兆円)の債務総額を抱える米国経済・金融も、崩壊?民主共和両党の決裂で予算頓挫。政府機関もシャットダウン閉鎖の異常事態。米軍の動きも何やら・キナ臭い。世界中からの借金踏み倒し国家デフォルト倒産の懸念大と言われる。
世界中が大変動の予感が・・『神よ、どうか人類天変地異からお救いください』と祈るしかありません。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.