超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
冥王星・氷原の奇妙な映像

NASAの探査機ニューフォライズンが次々に3億Km彼方の外惑星・海王星や冥王星・その衛星カロンなどから送信してくる高解像度の映像は驚きの連続ですね・・眼が離せません。
以下はXmasイヴに送られてきた冥王星からの画像などと・・その機械翻訳:NASAサイトで直接御確認を、この黒いカタツムリのような形状が固体窒素の塊かも?・・ですか。
2016y01m17d_094718625.jpg

2016y01m17d_095812781.jpg

12月24日に地球に送信し、長距離偵察イメージャ(LORRI)からこのイメージはスプートニク平面の中心部、冥王星の左側を形成し、非公式の名前氷の平野」に冥王星のニューホライズンズ「最高の解像度のビューを拡張心 "機能。

「冥王星のこの部分は溶岩ランプのように動作している、 あなたに広いように溶岩ランプを想像することができれば、とハドソン湾、よりさらに深い。」
-ウィリアム・マッキノン、ニューホライズンズ地質チームの副リード
スプートニク平面はマイルのカップルによって周辺地域のほとんどよりも低い高さにあるが、完全に平坦ではありません。その表面は、10〜25マイル(16〜40キロ)、ワイド細胞または多角形に分離され、そして(可視影付き)低太陽角で見た場合、細胞はわずかに隆起した中心と隆起縁を有するように見られ、約100ヤードと全体の高さ変化の(100メートル)。

ミッションの科学者は、細胞のパターンがスプートニク平面を埋める窒素支配氷の遅い熱対流に起因すると考えています。おそらく数マイルまたはいくつかの場所で深いキロだリザーバは、固体窒素は、冥王星のささやかな内部の熱によ​​って深さで温め浮力になり、大きなブロブにまで上昇し、その後冷めるとサイクルを更新するために、再びシンクされます。

「冥王星のこの部分は、溶岩ランプのように動作している、「ウィリアム・マッキノン、ニューホライズンズ地質、地球物理学とイメージングチームの副リーダーは、あなたが同じ幅として溶岩ランプを想像することができれば」、セントルイスのワシントン大学から、言いましたそして、ハドソン湾、よりさらに深いです。」

ニューホライズンズチームによるコンピュータモデルは固体窒素を覆すのこれらの塊がゆっくりと進化し、何百万年を超えるマージできることを示しています。バックダウン窒素氷シンクを冷却マーク畝マージンは、ピンチオフおよび放棄することができます。「X」の特徴は、おそらくこれらの-4対流細胞が出会う以前の四重接合の一つです。数多くの、アクティブトリプルジャンクショ​​ンは、他の場所LORRIモザイクで見ることができます。

参考:以下の某衛星画像も奇妙そのものまるで、デススターですねWww。
20140623235524887.jpg

images (6)

20130516160705_51948599db42b.jpg
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.