超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★月面に5600mの塔が聳え立つ・・
Google Moonの画像に月面に聳える高さ5600mの塔が発見された。UFO Sightings Dilyによれば・・以下機械訳:
2016年1月にGoogle Moon画像で発見
発見場所:地球の月、RupesリービッヒクレーターとRimae Marseniusクレーターの間。
座標 22°27'28.22 "S 45°58'51.44" W
私たちの月面上の尖塔のこの新しい発見はによって発見されたYouTubeのMexicoGeek。
尖塔は、クレーターの中心から出てくることになりそうだが、これらはクレーターが、多くの小さな白い光沢のある構造ではありません。尖塔は、おそらくそれは着陸せずに安全にドッキングすることができるように、非常に大きな容器を収容するために建てられました。
あなたが長いUFOを覚えていますか私はそれが私が使用するスター・トレックヴォイジャー、のように見えるが見つかりましたブログのヘッダーをより上?まあその船はここにドッキングするための完全である、10マイルを横切っています。しかし断念されたその1。
スコットC.ワーリング
www.ufosightingsdaily.com


ついでに、前回も御案内の月の奇妙で怪奇な南極と北極の映像
・・スペイン語だねこの動画。
これ等の画像やタワー・・JAXAやNASA何隠しているのでしょうね?

★蝶:バタフライ型の巨大UFO鮮明画像
昨年の10月26日にYOUTUBEで公開されたあまりにも鮮明なこの画像。
オハイオ州とケンタッキー州の州境のレストランから、17歳の息子とその父で撮影された。
映像はメタルバタフライ?エイ?の形状UFOが飛行・・その後を無音の2機の軍用ヘリが追跡。
動画は鮮明で拡大すると・・UFO機内のチャンバーまで・・鮮明すぎてCGではとも。UFO鮮明画像は他にも存在するが・・以前イタリアで撮影されたものにはUFO機内から覗くETの姿もありましたね。共通するのは、飛行する機体が不定期にフラッシュする現象だそうでこの画像でも・・。ホンモノかな??

デススター:土星イアベトウス
土星の衛星イアベトウスの謎は以前から話題で、記事も多数・・特にビュームーンさんのサイトではかなり詳細な分析がなされており、あのスターウオーズに出てくるデススターの実在?モデル仮説はかなり説得力ありです。
ナショジオ誌の特集やNASA・JPL記事も御参考に・・以下
ついでに我らのムーンの極地(最下)も実に奇妙で・何よりもこれだけ情報の少ないのは異常ですね・・中はどうやら空洞説も・・だそうで。世界各国の多数の探索機やアポロ・・は半世紀も前から・・何をしてるのでしょうね?
2016y03m02d_094227500.jpg
2016y03m02d_094452000.jpg2016y03m02d_100616781.jpg

この2枚の写真は、いずれも土星の衛星イアペトゥス。左の写真で暗く見える部分は影ではない。公転の進行方向に向いた半球が、もう片方の半球よりもかなり暗く見えるのだ。最新の研究によると、その原因は氷の移動と濃い赤色のちりの組み合わせにあるという。 イアペトゥスが2つの顔を持つに至ったメカニズムはおよそ300年にわたって謎とされてきたが、その謎を解く鍵を示す2つの研究が発表された。それによると、まず進行方向の半球では、外部からの物体、おそらくほかの衛星か最近確認された土星のリングから流入したちりによって地表面の色が濃くなる。そのために太陽光線の吸収量が増えて気温が上昇し、赤道付近の氷の昇華が生じる。昇華して気体になった氷は、ちりの積もっていない低温の両極地と、進行方向と反対側の半球で再び氷になる。一方、氷が消失した進行方向の半球の地表の色はさらに濃くなる。イアペトゥスの地表面の鮮明なコントラストは、このような“フィードバックループ”によって維持されていると考えられる。

Image courtesy NASA/JPL/Space Science Institute
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.