超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★南ア・ザンビア上空に出現した100mの女神?
なんだろうね、これ?雲じゃないよね。3月5日ザンビア共和国・キトウエでの怪。
英紙「The Daily Mail」他で話題に・・・

★世界中でUFOの目撃が激増?

米国・英国・豪州でUFO目撃が2010年には1990年の4倍に激増しているという。報告された目撃数の統計からだそうだが、フェイクや誤認もあるだろうが・・真偽は別にしても、人間の集団無意識という深層心理に目撃基盤があるとしたら・・何か大きな変化が起こっているのかもしれませんね。
トカナさん記事から・・以下:
米メディア「Thrillist」(2月23日付)によると、今回の調査は米ジョージ・メイソン大学の博士課程に在籍するサム・マンフォートさんが独自に行ったもので、1905年から現在までのあらゆるUFO情報を記録している「National UFO Reporting Center(NUFORC)」のデータをもとに統計データを算出したところ、興味深い事実が次々と明らかになったという。
2017y03m03d_095302885.jpg

 マンフォートさんによると、NUFORCが1905年からこれまで集積した104,947件にものぼるデータベースを分析。その結果、1990年には年間10,000件程度だった目撃情報が、2010年には4倍以上の45,000件に激増していたいことが判明したという。
2017y03m03d_094936319.jpg
2017y03m03d_094924268.jpg

 目撃情報が最も多いのはイギリス、アメリカ、オーストラリア。ロシア、中国、グリーンランドからはほとんど情報がなかったそうだ。マンフォートさんが作成したマップでは、目撃情報が多い地域が赤く表示されている。
★アルツハイマーの原因はウイルス?
アルツハイマーとウイルスや細菌との関連も指摘ですが・・人間の老化・・加齢、DNA損傷との関係はどうなのかね?
Scientists identifyの記事:以下
アルツハイマー病を引き起こす可能性のあるウイルスと2つの細菌を同定する科学者。
31人のアルツハイマー病研究者からなる国際的なグループが、科学界に、アルツハイマー病に焦点を当てて変えるよう促す編集誌を発表した。
「アルツハイマー病には微生物成分が休眠しているという明白な証拠がある」と英国のマンチェスター大学の化学者ダグラス・ケル氏は執筆者の一人であると語った。「すべての証拠を無視し続けることはできない」

ChlamydiaBacteria_web_1024.jpg

この論説によると、 HSV1とアルツハイマー病との関連については、約100の論文が発表されている。
微生物がアルツハイマー病の原因となることが確認されれば、手術と輸血によって感染が拡大する可能性を示唆する証拠が増えていることを説明するのに役立ちます。
また、胃潰瘍や癌の種類などの他の病気が微生物感染によって誘発される可能性があるという最近の理解にも適合します。
では、ウイルスや細菌がアルツハイマー病をどのように引き起こすのでしょうか?この分野で研究が止まった理由の1つであるヘルペスウイルスは既に神経系に損傷を与えることが知られており、体内の炎症には微生物感染が知られています。アルツハイマー病の特徴である。
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.