FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★宇宙からきた遺跡?メキシコ最大のピラミッド・『トニナ』の謎!


皆さん!お元気ですか・・
コロナ脳にならずに!視界を広く!
「あるがまま、を・冷静に観察しましょう」


メキシコ最大のピラミッドと言えばテオティワカンの
太陽のピラミッドですが・・
(高さ65m、底辺222m×225m)ですね。

2020y07m19d_205707533.jpg

だが・・2010年
メキシコ・チアバス州・トニナでマヤ文明・メキシコ最大のピラミッドが発見された。
今迄、単なる丘とされ、地元住民が農耕地として利用していた丘陵が世界最大のピラミッド・古代都市遺跡だったのだ。
★以下、そのレポート翻訳&Youtube動画でまず、百聞一見。


10年ほど前、メキシコの研究者たちは、チアパス州西部にあるマヤ文明の巨大なピラミッド、トニーナを発見しました。
ピラミッドは約1700年間、長い間自然の丘であると信じられていたものの下に隠されていました。そして、それはメキシコで最大のピラミッドであり、信じられないほどの太陽のテオティワカンのピラミッドよりも高いことがわかりました。
高さ246フィート(約73m)の7段のプラットフォームで、6ヘクタールをカバーし、下の広場よりも高くそびえるアクロポリスです。
都市の核全体が大規模な12ヘクタールを占め、その全範囲はまだ不明です。
文字通り何百もの建造物がメインのアクロポリスを越えてまだ埋められたままです。


自然の丘と考えられていたものから土と植生を取り除くと、これは自然の構造ではないことが明らかになり、3次元スキャンにより、メソアメリカで最大の人工構造の1つが明らかになりました。専門家が予想したよりもはるかに大きく、丘の上の道路で他のピラミッドサイトに接続されていることも発見されました
これは、マヤの世界の他のどの考古学地帯にも見られない、都市の社会的、政治的、経済的、宗教的構造にさまざまな機能を備えた単一の構造でした。
しかし、それは単なるピラミッドではなく、奇妙なパターン、フリーズ、象徴性を持つ古代マヤの神聖な数でエンコードされており、その歴史は謎に包まれています。この驚くべき古代ピラミッドの詳細については、このビデオをご覧ください。
★・・・宇宙から来た遺跡?
ここ最近、10年ほどの間にメキシコ・中米・南米西海岸・アマゾンエリアでは、驚愕の人類史を根底から覆す考古学的・遺跡や遺物、
説明不能なオーパーツの発見が相次いでいる。
上記のトニナピラミッドもそうだが、一応、通説とされているマヤ文明?は紀元前数世紀から始まり紀元8世紀に滅んだとされているが・・16世紀にスペインに滅ぼされたアステカ帝国とは・人種的にも文明的にも関連は定かではない
(エジプト古代王国とのそれと同様だろう)
近代の世界大都市にも匹敵する規模と機能が備わったこの巨大都市遺跡・中でもテオティワカンの威容は突出しており
、一切の都市防衛の城壁を持たず、外敵の存在など意に介さない。
人知を超越した権力や機能・信仰・・ETの介在?があったのは間違いないでしょうね。

テオティワカン遺跡をしのぐこのトニナ遺跡も・・相似した特徴が発掘されつつあるようですが・・
更に驚愕するのは以下の記事です。
最大記録のさらに更新?

2020y07m19d_213147206.jpg
トニナの最大ピラミッド大遺跡が未だ発掘もされていないのに・・
2017に、グアテマラのジャングルの中で、
更に巨大遺跡が多波長、多チャンネル、
多スペクトル、狭パルス幅ライダーシステム
と言う最新技術
の使用で発見されました。

数千平方キロメートルにおよぶ古代の数百万都市を、
レーザーを使った画像化処理技術でマッピングするという最新の調査で
それが、ライダーを使えば2週間で
地上探査や人力ではまったく太刀打ちできない精細さで
308平方キロメートルをマッピングでできるそうです。

南北1400m東西400mのこれぞ、中南米最大!
の遺跡をこの最新技術で発見したのです。

他にも、未だ未調査のようですが・・?
中国西安の西やボスニアにも巨大ピラミッド?が存在するのが、
確認されています。、
・・ひょっとすると、日本にも・・あの山が・・先史遺跡?かも。
★おそらく、否、確実に・・世界の考古学者・中南米マヤ・インカ研究の学者
・・や哲学者・NASA・CIA・IT技術者などの
最先端のこの分野関連の人々は
今、超多忙で、人類史の根底からの
激変事態を理解しようと必死なのでしょう
・・・否?楽しんでいる?かも?Ww

以下も、知っている人はどんどん増えているでしょうが・・これも『驚き』の発見!ですね。
フェイクでは有り得ない!リアルな怖さです!
メキシコのプエブラとベラクルスの境界にある入り組んだ
洞窟で驚きの石板や像の発見がなされている。

宇宙人やUFOと思わしき彫刻が刻まれた石が発見されたのだ。 石の年代はマヤ時代にまで遡り、研究者は古代にお・・
以下、YouTubeでご覧ください!
この情報が教科書に載るのは何年・・先のことでしょうか?W






copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.