FC2ブログ
超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、『隠された』という意味が語源だそうです。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断での流用はご遠慮ください。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★トランプ大統領UFO・ET問題公表?イスラエル元宇宙長官の主張。

コロナ騒ぎと米国大統領選挙のドタバタ・フェイク?真偽不明が相変らず・・
で年末年始も何かと、世界中が混乱?続きそうです。

★12月9日。イスラエルの元宇宙安全保障?長官(ハイムエシェド氏)がトランプ大統領は銀河連邦エイリアンの存在と政府のコンタクトを知っていると公言?した模様。・・・いよいよ、世界でUFOエイリアン問題が認知されるのでしょうか?・・ちょっと遅いですが?・・皆さん、こちらの真偽?不明も、その公開に準備してくださいね!・・笑)
PS:2021皆さま良いお年をお迎えください!!

以下、ソース機械翻訳コピペソースご確認を


★Did Donald Trump nearly confirm existence of aliens? Israeli ex-space chief makes bizarre claim

2020y12m18d_135507671.jpg

ドナルド・トランプはエイリアンの存在をほぼ確認しましたか?イスラエルの元宇宙長官が奇妙な主張をする
トランプはエイリアンの生命についての情報を持っていて、それをほとんど明らかにしました、銀河連邦による介入の後にのみ非難しました、元イスラエル当局者は奇妙な新聞のインタビューで言いました。
1981年から2010年にイスラエルの宇宙プログラムのヘッドを務め教授ハイムEshedは、ヘブライ語の新聞に語ったYediot Aharonot日曜日に。火曜日に、エルサレムポストは英語でエシェドの引用のいくつかを発表しました、そしてそれらは長い間陰謀論の中心であったトランプについてなされた最も信じられないほどの主張を含みました-そのいくつかは彼が積極的に奨励しました。

エシェドによれば、銀河連邦と呼ばれる組織からのエイリアンは、米国とイスラエルの政府と連絡を取り合っています。当然のことながら、エイリアンは目立たないようにしたかった。

「UFOは彼らがここにいることを公表しないように頼んだ。人類はまだ準備ができていない」とエシェドは言った。

ニューズウィークのサブスクリプションオファー>
「トランプは明らかになる寸前だった」とエシェドは言った、「しかし銀河連邦のエイリアンは言っている:「待って、人々を最初に落ち着かせなさい」。彼らは集団ヒステリーを始めたくありません。彼らは最初に私たちを正気で理解させたいのです。」

エシェドによれば、エイリアンは地球上で実験を行うために米国政府と契約を結んだ。エシェッドはまた、エイリアンとアメリカの宇宙飛行士が火星の秘密の地下基地で一緒に働いていたと主張した。
2020y12m18d_135449391.jpg

エシェッドは、エイリアンは「宇宙の構造全体を研究して理解しようとしており、彼らは私たちをヘルパーとして望んでいる」と主張した。

エルサレム・ポストは、それがEshedの主張を立証する証拠を発見していたし、どちらも持っていないと述べたニューズウィーク。
★スコットランドに出現の驚愕のムーンコロナ映像!

★凍てつく夜空にムーンコロナ?が出現
世界中が疑問・未解明のまま、科学的根拠不明のPCR検査で・・これも病原ウイルスの単離、遺伝子確定もないまま、
コロナウイルスが感染・感染のパンデミク・・
スコットランドのロガートでは英国同様のコロナでロックダウンの真っ最中に凍てつく
夜間に月を取り囲む非常に貴重で、かってない美しいムーンコロナの減少が撮影された!
意味深なこの映像!美しいが怖い!
だれかが?地上のコロナ騒動のすべてを知っている・・?ような
2020y12m14d_193841537.jpg

2020y12m14d_193756105.jpg

この記事ソースはearthe catasutorophe reviewさんから
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.