超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
■禁じられた考古学:もっと非常識的であらねばならない。
giant3giant2
giant1
最近、大いに参考にさせていただいている「Kazumoto Iguchi's blogさん」でネフィリム(巨人)の記事を読んだ。
だいぶ以前に「世界のオーパッ」関連で雑誌や本から、巨人骨が発見され、その写真などを見た記憶があるが・・半信半疑だったが、この「YouTubeのネフィリム発掘写真」を見るとその鮮明な画像にリアル度100%へ一気に突き落とされる。
Iguchiさんのブログでも触れられているが、セガリヤ・シッチン氏の著書には、6000年前のシュメール古文書の粘土版に長楕円の公転周期1800~3600年?と言われる?第10番惑星?「ニビル」と呼ばれる木星大の褐色矮星・太陽の伴星?・・・・・・・・(遠日点は150~260億キロ以上の冥王星軌道のはるか彼方、近日点は木星と火星の中間、小惑星帯近辺・2012年に南極からのみ観測可能な銀河の彼方より地球へ接近?・・・当ブログ08年の惑星Xニビル・記事を参照)・・からアヌンナキ(ネフィリム:天から降り立つ人)と呼ばれる人々:神が地上に降り立ち、現在の人類を創造したと書かれていると言う。
彼等アヌンナキは過去の近日点接近時?この地球に奴隷型巨人ネフィリムと現人類をDNA操作で創造した?と言う神話?が粘土版に記されていると言うのだ。
 SFのような・・この話が「写真の巨人骸骨?」なら、「禁断の考古学」になるのもなんとなく・・判るのですが。
(350万年前、アフリカ大地溝帯に生息した原始類人猿「ルーシー」200万年前の「ホモハビリス」120万年前の「ホモ・エレクトウス」その後、120万年の空白ミッシングリング?を経て、ネアンダール人とは別種の「現人類・・ホモサピエンス」のアダム・イブ?を創造した?ニビルの1日は地球の1000年に相当し、アヌンナキの寿命は人類からは永遠と言う・・羨ましい!?笑)
 ”2012年”にその惑星「ニビル」が太陽の反対側?南極から?、地球軌道を伺うように接近する??!・・「謎の惑星ニビルと火星超文明:セガリア・シッチン」と言う。
インカ・マヤの予言やその他から2012人類滅亡・・などと映画などでも言われているが、その話とは別にこのネフィリム(巨人)人骨の発見・発掘動画・・発見日時や、今その骨と、発掘現場?は何処なのか?India?とあるが・・鮮明な画像にもかかわらず、その後のDNA鑑定や?肝心の情報がありません。
(極秘?禁断で秘匿されているのでしょうか・・UFOも情報源保護?で似ています・・・)
でも、何故かこのネフィリム人骨とシッチンの著作、2012の相関が大変気になりますね。
 
 以下はKazumoto Iguchiさんのブログ文書紹介させていただきます。
彼の言葉「我々はもっともっと非常識的であらねばならない」に全く同感です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、問題はこういう「巨人骨」となった人々はいったい誰か、ということである。宇宙人なのか、地球人なのか、まずはこれを知りたい。
 ちなみに、ゼカリア・シッチン博士の説に従えば、ネフィリムとは巨人の意味であり、天孫降臨の人の意味でもある事から、そうした巨人は惑星X、ニビル、の住人の遺骨であるという可能性がある。
 こういったことを知るためには、今はやりの遺伝子工学技術を用いて「DNA解析」を行えば良いだろう。要するに、巨人骨からDNAを採取してその遺伝子配列を解読してゆくのである。遺物である「巨人骨」にもさまざまなタイプがあることから、DNA配列からどのような関係にあるか判明するはずである。もし偽物であれば、即判明するはずである。
 もし私がクレッグ・ベンター博士のような「DNAシークエンサー」と「スーパーコンピュータ」を持っているとしたら、即刻世界中の「巨人骨」のDNAを解読してゆくだろう。その方が日本人のDNAを解読する事よりよほどわくわくするからである。
 我々はもっともっと非常識的であらねばならない。常識にとらわれていたら、何もそこからは本当のことは生まれない。革新的であるということは、非常識的であるということでもある。いつまでもリチャード・リーキー博士の「人類アフリカ起源説」を妄信しているだけでは、現実に存在するさまざまな証拠を無視する事になる。これでは、「猿の惑星」の長と全く同じ事をしていることになるのである。

どんなに変な事に見えようと、そういう現実をも無視せず、根本から追求する精神が大事であると私は考えている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.