超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
■”シ○○○ン”・・ちびった?UFO
ufo rest time
2010/02/17日、チリのサンマルコスデアリカのサーカーチームフアンが試合応援のため、バスでアントファガスタへ行く途中、小用を足すため途中下車した砂漠地帯でその最中に撮影されたUFO・・・最中の数人はUFOに気が付いていない?後方の一人と撮影者にはUFOが見えていたのだろうか。
”失礼なUFOさん”ですね!
『この生物の貴重な”観察記録”・・・はUFO母船へすべて報告済み』でしょう!
(大笑!
以下:記事参照
Proof that there's no telling where or when an unidentified flying object will be seen and/or photographed: Our colleagues at Chile's IIEE have posted this image (from the "La Estrella de Arica" newspaper) dated February 17, 2010. It appears that fans of the San Marcos de Arica soccer team, on their way to Antofagasta for a match, paused their bus to relieve themselves -- oblivious to the object overhead.

(Special thanks to the IIEE)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.