超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
◎太陽表面プラズマ爆発のSDO動画映像
sun
太陽は人類・地球・・太陽系の存在中心だが、その物質構造、水素原子がヘリウムへ核融合反応していると言う?
素粒子原子レベルでの極微のメカニズムから、地球の109倍というG型恒星、液体とも気体とも区別が付かないプラズマ状態と境界不明の表面・・その謎は未知のままで興味はつきません。
NASAのSDOや/SOHO/JAXAの「ひので」などの観測衛星データでどこまでその謎に迫れるのだろうか?母なる地球生命の根源や氷河気象環境を制御・制約する父なる46億歳の?太陽!
・・今改めて科学する時なのでしょうね。
★そう言えば・・SHOHO衛星に太陽周辺で巨大UFOが映像で写っていたと言う話題もありました。

★SDOの太陽表面の爆発動画映像が見られる・・Quicktime
以下、NASA記事
太陽大気の爆発:ループ状のプラズマ
6月23日12時49分配信 ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
太陽表面の爆発で噴出したループ状のプラズマが明るく輝いている。周囲の暗い部分は爆発が吹き飛ばした物質だ。2010年5月にNASAの太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)が撮影し、6月21日に公開された。
SDO搭載の大気画像化装置AIAは、太陽大気のコロナを多波長で観測し、表面変化と内部活動との関連性を探っている。

(Image courtesy NASA)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/07/17(土) 13:53:04 |
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.