超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★中国、杭州空港のUFO出現は「新接触の開始」サインか?
ウルムチUFO:youtube

UFO&ParanormalNEWSによると:以下

UFO目撃報告が最近中国で頻発し、報告されている。
中国の西部のウルムチ市でも目撃されたUFOはTVでも放映されているように、南京市でも見られ、長寧市では、何百人もの目撃者により、奇怪な光るUFOから降り立った外国人のようなETが歩いて行ったと報告されている。
北京の近くの村では中国語でETから「あなたがたの近くに我々はいます?」と話しかけられたそうだ。
 ETは大きな頭とアーモンド目だったそうです、そして、ぴったりの『宇宙服』を着ていたそうです。
現在、非公式だが・・中国政府がET人種との開いた接触に備えて、これらのETを地球に迎え入れるための準備をしているとの事です。

koushyu-ufo
空港管制官と多数の人々による UFOの目撃、報告により急遽、閉鎖された杭州空港のUFO出現騒動。
この映像がそのUFOだと言う、窓のようなものまで見え、これが空港へ侵入すれば、閉鎖は当然だろう。
杭州空港UFO騒動は是非、ビデオ映像が公開されるのを期待しましょう。

★65年間におよぶ人類との第一種接近遭遇~第三種接近遭遇を経て?いよいよ新段階のET&UFOとの、接触が開始されたのかもしれませんね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.