超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★NASAは1962年にX-15のテストフライトでUFOに遭遇を把握。

Disclose.tv - X-15 Rocket Plane UFO Encounters The Edge Of Space Video

Disclose.TVによると、今頃になって、今更の感もしますが・・1962年4月から7月の間、NASAによるX-15の大気圏外での高高度挑戦、超音速テスト飛行の際、パイロットのホワイト少佐がX-15に追随して飛行する円盤状の未確認飛行物体を何回も目撃し、これを報告していたが、やはり証言通り、X-15後部に面した「翼と尾翼」ストップモーション16mmカメラからのフィルムで、ホワイト少佐の目撃の報告にマッチするようなUFOの映像フィルムが公開された。(Video後半に映像あり)
ちなみに1962年はUFO遭遇多発の年だった・・
当時のNEWSでは、高度・速度記録の更新レコードが話題となっているが、例によってUFOの話題はオフリミット?
48年も経過した2010年に映像が公開された事は、いよいよ?アポロの月でのUFO遭遇映像?の公開、UFO公認ももうすぐなのかも知れませんね。期待しましょう・・。










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.