超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
☆宇宙空間で553日も生存可能なバクテリア!
■宇宙空間で553日間も生存したバクテリア!
8/25日の「earthfiles.com」によると・・大気圏外・宇宙空間で553日間も無酸素生存の可能なバクテリアが確認されたと言う・・・やはり生命の源は宇宙空間・・ETは必ず宇宙・地球にいますね!、UFOも彼等の乗り物です。
bacteria

以下、記事の翻訳です;

英国の小さな漁村の崖の岩から採取された「Gloeocapsa」と呼ばれるバクテリアがISSの外側の酸素のない宇宙空間で553日間も生存したと報告されている。
この、バクテリア(OU-20として知られている)は、Gloeocapsaと呼ばれているシアノバクテリアに似ており、コネティカットカレッジによってコントラスト光学イメージで処理され写真のように、粒子状の細胞核を確認できる。

 英国の放送大学(OU)PlanetaryとSpace Sciences研究所(この実験の実施機関)のチャールズCockwell教授は、国際宇宙ステーションの外側で酸素なしでとても長く耐えぬかれるOU-20微生物、バクテリアの研究報告をしています。「バクテリアは、核の細胞を保護するmulti-celledされた領域を作ります。バクテリア自身、彼らが生き残るのを援助することができた厚い細胞壁を持っています。」、この種は南極大陸と砂漠で生き残る地球のシアノバクテリアに関連があるので、そのDNA修理プロセスは大変強力です。宇宙の厳しい条件を生き残ることができるバクテリアは、鉱物を岩から抽出することができる「バイオ鉱夫」として、将来の月と火星基地建設を助けるかもしれません。また、この研究は、生命と細菌の種がどのように隕石と彗星により、地球に来ることができたかについて物語っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.