超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★巨大宇宙船?惑星Ⅹが冥王星軌道を越えて接近中!
beforeitsnews.comによると・・以下:

巨大宇宙船?彗星が地球に向かっている?

skymap3


最近になって、SETI ( 地球外知的生命体探査 ) プロジェクトがアメリカ政府によってキャンセルされた理由はこのことによるものかもしれない。どうやら、何か起きているようだ。
地球にものすごいスピードで巨大な物体が近づいていることが判明して、アメリカ政府は非常に動揺しているようなのだ。
 私の持つ情報源によると、政府の黒いプロジェクトの人?々は、地球外知的生命体探査のいくつかのアンテナを引き継ぎ、今は合衆国海軍のための専用の信号として処理しているという。
 これが何かということに関しては、地球を大変動が襲うすぐ前に、ノアの方舟のように何人かの人々を連れて行くものかもしれないという考え方もあるだろうし、あるいは、地球が侵略されるということを考える人もいるかもしれない。そんなことはないかもしれないし、そうかもしれない。将来のことはまだ何もわからないのだ。
 今のところ、その物体は冥王星の軌道の外側にある。物体は、最大部分の直径がおよそ 150マイル(240キロメートル)で、薄い部分は 30~50マイル(48から80キロメートル)あると見積もられる。
 最近、ロシアの火星探測機がこの説明に合う写真を撮影している。この探測機は理由はわからないが、破壊された。その後、アメリカの火星探査機も破壊されている。

★では、その”謎の物体”とは? 
sky-map.orgに行って、位置「19 25 12-89 45 03」の場所を打ち込むと、
skymap2 skymap4 skymap5
★「惑星ニビル」?「第Ⅹ惑星」かもしれません・・NASAやJAXA/スバル/ハッブルの今後の動向NEWSに注意です。
しかし、この拡大映像はどう見ても、宇宙船や惑星・彗星には見えませんね・・何か「異様さ」は感じますが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.