超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
南米チリで深さ30mの湖が消滅?/CNN.AP
cnn1 cnn2

写真CNN/AP
■3月まで存在した上記の氷を浮かべ、満々と水があった湖、左写真が右の写真のように完全に干上がっているそうですが、何かゾとします。・・CNN/AP記事下記の通り。

深さ30メートルの湖が消滅、原因不明 チリ
2007.06.22
Web posted at: 11:25 JST
- CNN/AP

サンティアゴ──南米チリのアンデス山脈にあった湖が突然、消滅していたことが判明した。深さ約30メートルほどあったが、水は跡形もなく、森林当局の担当者は20日、「一体何が起こったのか、誰にもわからない」と困惑している。

湖があったのは、首都サンティアゴの南東約2000キロにある、ベルナルド・オヒギンス国立公園。これまで水をたたえて氷が浮かんでいた。

ところが、3月には存在した水が、5月に国立公園のレンジャーが見回った際には、水が消えて、湖底だった部分に氷塊が転がっていたという。

森林当局は近く、専門家を派遣して、原因を調査する。水が消えた原因として、湖底に亀裂が入った可能性があるが、ここ数カ月は地震が起こっておらず、まったくわからないという。

★PS;本日当Blogのデザインを「新」バージョン (FC2テンプレート加工)に衣替え致しました・・「包装紙」だけではなく?・内容の充実も期しています・・Ww
コメント
この記事へのコメント
氷河湖決壊洪水ですか。
ヒマラヤ、ブータンでも同様に、氷河湖が決壊。
下流域では洪水とか。
やはり・・・温暖化の影響なのでしょうね。
2007/07/04 (水) 20:48:52 | URL | amato #-[ 編集]
原因
大体の推論がなされたみたいですね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000027-jij-int
2007/07/04 (水) 12:52:53 | URL | モルダー龍馬 #u5qnTlxw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.