超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
●月面に着陸する巨大宇宙船映像?
★月面には、やはりエイリアンの宇宙船が着陸していた!?
アポロ15号による、月面での「エイリアン宇宙船発見」により、NASAで70年代後半から、ソビエトと共同のアポロ19号20号による2度の特殊任務に就いていた、ウイリアム・ラトリッジと言う退役した男の話によると、米ソ共同ミッションは一般ミッションには非公開のもので1976年から2回実施された。
非公開理由はアポロ15号がミッション中に月面のデルボルトIzsakエリア?で撮影した巨大なオブジェクト・・
エイリアンの宇宙船「映画に出てくるXウィング戦闘機の母船ような宇宙船」に似ている」を発見した事がその理由だという。

alien craft
  
★この写真は本物?なのだろうか。・・・以下のサイトにも多数の疑惑映像がある、ご確認を。

Alien Craft Found On The Moon ALIEN SPACE CRAFT FOUND ON THE MOOM
The story comes to us from a man who claims he was on a special NASA mission:
William Rutledge is retired and now lives in Africa. He recently came out to reveal some amazing facts about his involvement with NASA in the late 70s. Rutledge claims to have worked on at least two missions to the Moon , including the failed Apollo 19, and the Apollo 20, which he says was launched in August of 1976 from Vandenberg Air Force Base.
Both of these missions, according to Rutledge, were "classified joint Space missions" resulting from collaborations between U.S. and Soviet governments. They do not appear on any roster of NASA missions -- and, if this is true -- for good reasons.
The purpose of these missions was to investigate a large object on the far side of the moon in the Delporte-Izsak region, allegedly discovered and photographed during the Apollo 15 mission. The object, which vaguely resembled an "X-Wing" fighter as seen in the Star Wars films, was supposed to have been a very large alien spacecraft.
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.