超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
☆年末年始の世界で荒れ狂う異常気象
2010年も終わり、2011年が明日からスタートするが・・世界は有史以来?の記録破り異常気象で災害が頻発し続けている。
スマトラ沖地震、津波、シナブン火山の400年ぶりの大爆発災害、ハイチ地震・ヨーロッパを覆う異常大寒波・・etc。
そして今日、オーストラリア、クイーンズランドから北東部一帯を襲った大洪水のニュースだ。
一帯では20万人以上の被災者が救出を待っていると言うが、冠水洪水のエリアはドイツとフランスを合わせたより広大な地域に広がり水が引くのに10日以上はかかると予想されている。だが天候次第で・・再びサイクロンが1日から北上降雨の気配だそうだ。
日本列島も31日から北極からの寒気の南下で日本海側は大荒れの豪雪、米国北東部の大雪と同様、交通機関、空の便も大混乱が予想される。
温暖化:Co2対策・・などと言うが、今、豪州では南半球、夏にも係わらずニューサウスウエールズ州やビクトリア州では真夏の雪に見舞われており、 なんと、シドニー市からそう遠くない山間部では、約 30センチもの大雪となっているようである。大洪水に真夏の降雪・・これは、温暖化などのただ事ではないだろう。大気組成の僅か0.038%のCo2が、これほどの異常気象をもたらす科学的な因果関係は存在しないと言う・・この異常さに科学者もコメントすらできないのが現状ではないか!安易な温暖化結論に騙されないよう、事実を直視しなければならない。
「何か?」が起こっているのは間違いないのだが・・



australia2.jpg australia.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.