超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★☆★☆★☆★七夕ですね!
myufodream

★☆★☆★☆★明日は七夕ですね!Good Night!
HP画像:七夕バージョンに変更です。
BC10000万年前?~3000年前の・ネイティブ日本縄文人・がUFOと交信!の
ある晩?をImageしました・・??デジャヴユ(^;^/
コメント
この記事へのコメント
 最近急に、土・水・火・気、我々の物質舞台の要素の全てが大きく意思を表して来たようです。それでも眠っている方々はどうすれば起きて頂けるのか。目覚まし時計をストップする分けにはいかないみたいですが、そんな感じが致します。
2007/07/30 (月) 23:56:35 | URL | マッチョマン #kBU0PDh2[ 編集]
宇宙船は花と花の間を浮遊する胞子のよう・・・
キレイな表現ですね。
かの、アインシュタインが挑んだのは「重力」を記述する彼の理論と「電磁力」を記述するマックスウエルの理論の統一でした。
相対性理論と量子力学を調和させて、自然界4つの力すべてを統一する”究極理論”で、「重力」がKeyになっていることは、確実なようです。われわれ、人類の叡智と未来に期待しましょう。
2007/07/22 (日) 09:22:37 | URL | amato #-[ 編集]
 宇宙船は花と花との間を浮遊する胞子のようです。胞子との違いは自然の波動のみでなく、おのれの制御された波動も合わせて自在に動くようです。地球と同じような、電気・磁気の渦状の放射が、宇宙にあまねく渡っている微細ではあるが、根源からの高周波と同調し、第3の唸り波動を発生させ、波形を変化させることで時空の移動を可能にしているのかも知れません。
このサイトで紹介されている、の3つの「回転」する装置の運動自体が、正負のエネルギーを発生・加減する基礎的な方法なのでしょうか。
 我々のみじかな電磁波を、ある波長帯で振動させることにより、何らかの新しい波動が生まれ(物質波?)、重力への親和力・反発力の加減を制御できるのかもしれません。
 この3つの正・反回転方式でも、直感的には重力機関が出来ると思いますが、その後どうなっているのでしょうか?
2007/07/21 (土) 19:37:46 | URL | マッチョマン #kBU0PDh2[ 編集]
なっ・・なるほど!です(^^)
ご厚情に感謝し、またお邪魔いたします。
2007/07/18 (水) 21:22:10 | URL | マッチョマン #kBU0PDh2[ 編集]
マチョマンさん。
言葉足らずで失礼しました。
請け売り、後付け講釈も・精神安定?のため
当事者?には有効、という意味で、ご理解ください。
今後も元気コメント!ご遠慮なくどうぞ。
2007/07/17 (火) 21:26:02 | URL | amato #-[ 編集]
なるほど・・・です。
私のはあまり関係ないコメントでした。(_ _;)
2007/07/16 (月) 17:05:48 | URL | マッチョマン #kBU0PDh2[ 編集]
紀元前2~1万年前?新石器時代がはじまった頃、現生人類であるクロマニヨン人の脳構造に革命的な、抽象表現に対する飛躍、変化が生まれたようです。
言語や社会、技術、博物知識など、旧人であるネアンデルタール人の脳で其々独立して機能していた領域が神経組織の通路を高速で移動できる「流動知性」脳組織を発生させ、各、特化したコンピューター機能の相互回路がニューロン接続されました。
その結果、汎用型CPUが脳構造として完成し、旧人には不可能であった「比喩」「象徴」「抽象」などの表現も可能となり、あのラスコーの洞窟壁画の芸術や、宗教などの創造を行う・・現代の科学的発見を行う私たちの「心」が形成されてきたのだ、と認知考古学は考える。
・・・<対称性人類学/中沢新一>
★七夕のImage画像は、そんな、われわれの祖先が、ある夜?・・・日ごろ祀る”グレート・スピリット”たる、部族の
「スピリット?」を夜空に「幻視?」した様をイメージしたつもり?です・・・(笑)
2007/07/16 (月) 13:34:40 | URL | amato #-[ 編集]
 はじめてこの時空にお邪魔します。奥人さんからのリンクルートを利用させて頂きました。
上記のイメージは我々の古代での体験であり、
また現代の人類の様子をそのまま現している感じです。
決してインデアンの秘儀のようなものではないでしょう。
 今の時代でも100人中99人がこのような態度か、あるいは知覚の中にも入れないでしょう。
 その人の過去の経験のあるなしで、今の態度がはっきり出てくるものです。経験のある存在は、既知なるものとして感じているのでしょう。(一応世間の見方を大いに気にしながらも)そのうちに、意識レベルが同調できるところまで行ったら、赦された緊急という例外条件などで、同乗出来るかもしれません。
さらに意識が向上する方々・・という条件で。
2007/07/16 (月) 09:57:39 | URL | マッチョマン #kBU0PDh2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.