超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★北極圏の成層圏上に発生する「夜光雲?」が米国や欧州で観測・・・
北極圏の高空で観察されるべき「夜光雲」が低緯度の欧州や米国で観測されていると言う
この神秘的な光を発する雲は日没後もその高度:成層圏上故に太陽の光をあびて夜空に輝く。
Wired Scienceによると:以下
年明けにこのミステリアスな雲が観測され始め、話題を呼んでいるが・・温暖化?Co2?増加で?地表や中高度の大気温度が上昇し、逆に成層圏や更に高空の温度が低下、した事によるシアン化合物やエアロゾルなどの大気汚染物質が原因ではないか?と言う。が・・真相は不明。最初に観測されwたのが1885年、産業革命の頃だそうで、それ以前には記録がない。一部では、年始、世界各地での野鳥や魚の大量死や異常気象との因果関係が疑われたり、ここ数年、不可解な何かを成層圏に散布”するケムトレイル”Chemtrailsと言う何者?かによる「意図的大気汚染?」・・更には、局軸が年に65Kmもロシア・シベリアへ移動?している事や2012終末予言?などとの関連も取りざたされて、諸説が交わされている。
そのうち、日本でも北海道でこの雲が観測されるかもしれない・・日暮れ、日没後の西の夜空に要”注意です。

clouds1 clouds2 clouds3
★以下、YouTubeでシャトルから観測されたこの雲の映像が見られる。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.