超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
☆6月13日夜、ライブカメラで中継された福島原発上空のUFO
これで3度目?の福島事故原発上空のUFO映像である。6月13日19:00!!/
今回は「TEPCOふくいちライブカメラ」で1時間以上の長時間におよびUFOと思われる映像が撮影されており、小生も偶然14日19:00にこのTEPCOライブカメラを見ていた、同時に「JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)」も見て確認したが、・・JNNのカメラ(東向き?)にはアングルの関係か「ふくいち」のUFO?映像は映っていなかった・・4号機の再臨界?のような青白い奇妙な"チェレンコフ光?は映っていましたが・・・(下図の最下段の写真)
当日は曇天の皆既月食前日の満月で、当初は満月かと思ったが、時間変化に伴う上空の奇妙な光の動きを見てみると・・北(画面左)から南(右)への高度を維持した”水平移動であり、とても月(地球の自転)の動きとは思えない。
誰か天文学者・気象庁にでもこの現象を解説分析、公開をしていただき、馬鹿な?誤り思い過ごしを指摘してほしいものです(笑・・。

もっとも奇妙で驚愕したのは19:30分(下記の写真19:41分)ごろからこの光る物体からボーリングのピンのような物が3体?ほど福島原発2号機の排気塔にゆっくり降下し、消失する前、9:21分の下記写真ではこのボーリングのピンがUFOへ回収されている!既にこのサイトでもUFOらしき物体の原発ライブカメラや写真映像のレポートをしたが・・今回のものは突出している。
これは一体何だろう。この地球規模の危機を”彼等”が救ってくれるのだろうか?・・・メディアはこの事態を黙殺のようだ・・以下の画像写真とyoutubeでご確認ください。

★18年前、チェルノブイリでUFOと思われる物体から光線が注がれ、水素爆発からメルトダウン核爆発を誘発しそうな危機的状況をUFOが救済してくれた。と言う記事を2009.08に、このブロッグで紹介していたのでそれをここに再度、リンク紹介します。

★福島第1へ接近するUFO?は小生の紹介も含め、これも4月20日に当ブロッグで紹介しましたのでこちらでリンク確認ください。


☆PS;6/17日米国のブログ「舞台裏の真実」The "Truth Behind The Scenes"にもYouTubeビデオでこの日12:00~の映像にUFOが写っている記事が掲載されている(下記再下段を確認)何故日本では話題にならないのか不思議だ。




☆ふくいちカメラは下記の図のように南東へ向けて設置されている。
2011y06m16d_095210390.jpg

fukushimufo
2011y06m16d_074444656.jpg
2011y06m16d_074505875.jpg
2011y06m16d_074505875.jpg
2011y06m16d_074534046.jpg
2011y06m14d_202738703.jpg
2011y06m14d_202738703.jpg
2011y06m14d_212854890.jpg
2011y06m14d_213255640.jpg
☆当日JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)にズームされた4号機の奇妙な青白い光
2011y06m14d_195731875.jpg

☆The Truth Behind The Scenesの紹介映像
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.