超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★ただごとでは無い「超異常気象」
6月29日に山梨県・甲府市で38・4℃の過去最高気温(平年28・4℃)を記録した猛暑スタート。梅雨明け宣言をあわてした気象庁ですが・・今年は前線停滞による梅雨の降雨もないまま、太平洋岸、東日本は”梅雨明け”??と思っていたら、関東全域も連日33℃を超える猛暑日が、水不足も原発事故での電力不足も心配ですが、この異常気象、世界中で発生の様子。気象台の「お天気お兄さん:オネエサン」が毎日この異常に笑顔で平気?な天気解説のTVですが・・その内「顔がコワバッテ」青くなる日が目前ではないかと怖くなります。

heetland usa
米国では・・・CNNなどによると、米国 7月11日の予想最高気温
オクラホマシティ 38℃
ニューオリンズ 35℃
ダラス 39℃
メンフィス 38℃
ラスベガス 37℃
ワシントン 35℃・・・カンザス州・ウイチター46℃
更に・・40度をはるかに越える地域が続出しています今回、カンサス州のウィチータという場所で記録された華氏 115度というのは、46度もある超熱波・・外で呼吸困難。
熱波でノースカロライナ州で約50,000羽の鶏、カンザス州では4300羽の七面鳥が死んだそうです。
ロシア・ヤクーツクでは連日30℃を超える気温に永久凍土が溶け出し大騒ぎ、逆に東南アジアでは異常低温で海水浴もできない地域も・・この異常気象・・何か今までと違い異様な不気味さを感じます。一部ネット上には・・「惑星ニビル接近」「地球の地軸ポールシフト」「彗星エレニン」「太陽活動異常」・・など原因になる諸説が氾濫していますが・・極端な「悲観」も「楽観」も抜きに、超異常気象が起きていることは事実です。キーワードで自己責任検索、確認ください。
公的?マスメディアが・・青くなって報道の時は原発事故とおなじで、終わりです。

テーマ:地球 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.