超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
■不気味な日没。アリゾナで太陽が2つ?Nibiru?巨大CMEか?
8/3アリゾナで日没時の太陽の異常現象?か、電離層・オーロラ?地磁気異常か?太陽が2つ東西にあるような光景が観測され、その異常さに話題を呼んでいる。Youtubeにはこの状況が多数報告されており、以下などで確認ねがう。一部では地球と反対側の太陽の陰から接近するNibiruではないか?とか、8/4に発生したM9.3の巨大太陽CME(巨大コロナ質量放出)の地球到達?(地球到達は8/5の予定の筈でこの現象に合致しない)による地磁気プラズマ異常ではないか?とか諸説あるが・・昨年来、太陽は「サイクル24」(第24太陽活動周期)も頂点へと本格化しており、地球に面した側の太陽表面でのM9.3クラスのCMEは今回の爆発が初めての経験。昨年のCME爆発の凄まじさは下記youtubeで見てください。・・・それにしてもアリゾナのこの現象は不気味で美しいです。





テーマ:地球 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.