超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★太陽の異常と9/27日天変地異説
★太陽の異常活動(フレア・黒点・磁気嵐)とともに遂にNibiru?Elenin?か(金星?かも)近傍にその姿が捉えられた。更に、9月末に向けて異常現象の可能性が世界で噂?されている。
いろいろ心配です。(以下)

①9/27(火)は軌道計算から、太陽⇒地球⇒エレニンが直線に整列し、金星が接近する日で、前回の整列が3/11日だったそうだ・・。:ChemBlogさん参照(エレニンは既に消滅?という説もある)
②更に真相は定かではないが、NASAによれば人工衛星UARSがこの27日を前後して地球へ落下?する可能性があると言う。
③究めつけはもう2年~半年?も前から騒がれている惑星?Nibiru"?ではないかと言われる天体が太陽の近傍に最近姿を現し?NASA観測衛星Shohoやアマチュア天文家などのによって捕らえられているのだが・・ついに英国の北ウエールズで観光客のビデオカメラにも太陽に隣接する物体が撮影された。(Thetruth behind the scenes)
以下のYoutubeご確認ください。


20110902_1618_c3_512.jpg





テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
たまにココ見に来てますがこういう情報はとても興味深いです。壮大ですよね~
2011/09/23 (金) 12:21:56 | URL | 英三 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.