超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
△Billy meier/50年経過後も変わらない『真実』
Billy Meier:あまりにも有名なUFOコンタクティー、彼が1942.6月の5歳の時からプレアディアスのUFOに遭遇し1956年5月にスファートから引き継がれた後継者アスケットに遭ってから・・既に50年以上が経過した。この間に数百回のコンタクトが行われ、1000枚の写真・8巻に及ぶフィルム・テープ録音、未知の分析不能の金属などビームシップUFOと未曾有の証拠物件・証人・・予知予言、科学・哲学的知識?等の資料、事例がありながら未だにその真実が世界で認められていない不思議??これが『真実』である事を認められない人類の性・宿命がそこにあるのだろうか?
☆「常断研究所」ではマイヤーコンタクトは八割方は真実だろうと判断しています。
★以下:Youtubeのこの映画「The Silent Revolution of Truth」をご覧くだささい・・大変良く簡潔にマイヤーの一生や事件が編集されています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.