超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★太陽の異常:巨大竜巻?フレアCMEとUFO母船?
このところNASA:SDO/太陽観測衛星の衝撃映像が頻繁に報道されている。3月11日M8.4クラスの巨大フレアCMEが発生し、放出されたプラズマ粒子等の影響で地磁気や電離層での電波障害などが懸念されていたが・・・この観測映像になんと!・・巨大な黒い球体(惑星?・・ETの母船?)とそこから太陽表面へ竜巻状に伸びる巨大な地球規模の渦が撮影された・・まるで、太陽からエネルギーを吸い上げる黒い影の球形母船?
過去に見た事も無いこの竜巻UFO?これには米ゴダード宇宙気象研究所のスタッフも唖然。解析も手付かずの様子。このところ・・いや、数年前からSDOやSOHOの映像には大小奇妙なUFOが多数捕らえられており・・太陽面のフレアやコロナ・黒点の異常映像も激増している。何か、太陽・銀河系?宇宙規模での過って無い事態が進捗している可能性が大。ひょっとすると、日本の頻発地震や火山・地殻変動・異常気象も相関があるかもしれない。今後も太陽観測データは要注意。以下の映像で確認を。

コメント
この記事へのコメント
唖然、でしょうね…
解析を待たずに直感的に言うと「スペースシップ」かと…
解析してしまうと隠蔽し続けられる保障がないので
永久に解析しないでしょう。それか到底無理なこじ付けで
説明し、突っ張り続けるでしょうね…
竜巻と言い張る学者はどうやって言い張り続けるのか?
興味が湧くところですね…
2012/04/09 (月) 09:33:47 | URL | ST #ukmR3SMc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.