超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★地球の低軌道を飛行するUFOと太陽周辺の巨大UFO
①NASAが2012年にスペースシャトルから撮影した、地球低軌道を飛行する未確認飛行物体・UFO/Videoがアマチュア分析で公開されている。以前からシャトルやアポロから撮影のUFO映像?があるが・・この映像からは、地球軌道から離脱するような物体も多々捕らえられている・・宇宙ごみ:デブリ?だろうか。NASAからの公式コメントは相変わらずなし。
②更に、驚きは太陽観測衛星SOHOが捕らえた、太陽画像にこの4月24日写りこんだ巨大なUFO/何かアームのような構造物まで写り込み、母艦?のようにも見える。太陽は現在その磁極が反転中で5月中には、南北N極?赤道S極の4極構造になるのでは・・などと観測衛星「ひので」の磁気観測データからの推測もある。2012・・今年は地球も太陽・宇宙空間も何やら騒がしくなりそうな予感が・・・・。



UFO_Sun1.jpg

UFO_Sun_2.jpg

UFO_Sun_3.jpg
コメント
この記事へのコメント
3.10と4.24、ひょっとして…
次が5.21だったりしたらちょうど金環食ですね。
うーん、3.10以前はどうだったのでしょうかね…
4.24にSOHOが捉えたのは3.10の例の天体?
の真の姿かも… つまりバイオスフェア無し状態…
2012/04/30 (月) 07:42:09 | URL | ST #ukmR3SMc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.