超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
望遠鏡で捕らえられた奇妙なUFOは生命体?
Zeroids?と呼ばれる生物型?新生命体?のような奇妙な形体のUFOが彼方の宇宙で、望遠鏡に多数、補足され、その映像がまとめて公開されている。以下の動画・映像を確認願いたい。・・メカニカルないわゆるUFO・円盤・宇宙船ではなく、仮説では我々の想像外の次元、空間に生息?する何かの知性・意識・生命体?のようなものかもしれない。
サイトの自動直訳も添付。


自動翻訳:

Zeroids。むしろ異星人の宇宙船ではなく、いくつかのUFOは実際には通常宇宙のボイドに生息する生き物だろうか
"Zeroidは、"空き領域の凹部を移入することがbioformsに適用される一般的な用語です。このドメインは、実質的にゼロ温度とゼロ気圧によって特徴付けられる。生物学者は空間が生合成には不向きであると主張かもしれませんが、ロシアの天体物理学者博士VL Goldanskiiは、プレバイオティクス素材のかなりの量が星雲を囲む領域、または巨大なガス雲内に蓄積することができるはずだと主張した。

時間の長期経過では、このような問題は、最終的に宇宙の残忍な範囲に適した生活のいくつかの形態に進化する可能性があります。すでに有機化合物の数十は、ホルムアルデヒド、青酸、およびセルロースを含む、スペースで同定されている。短期間での進化を可能にするためにそこに基本的なビルディング·ブロックの豊富さがありますzeroidsは。
私たちの島宇宙は約137億歳であることを考慮すると、以下のことが考えられるzeroidsは、おそらくほぼその全体の時間のために、既存の宇宙背景で最古の生命体を表す!

彼らの処分で時間のような細長いスパンで、zeroidsは簡単に多くの異なった進化の経路を踏んだかもしれない:彼らは、微視的から巨視的に次元にまで及ぶかもしれません。
形態は、全く単純なものから非常に複雑に異なる場合があります。彼らは単独で、または広大な植民地に住んでいるかもしれません。それはもちろん、ヒューマノイドフォームが予想されていないことを強調されるべきである。しかし、知性が開発機能かもしれません。

生計のために、運賃のzeroids "プライマリ法案はよく銀河塵とガスかもしれません。また、見落としてはならない大きなzeroidal実体は小さな時にごちそう可能性があるかもしれないと異なる可能性があります。
内や銀河の有無にかかわらず - Zeroidsは、空間のすべてのセクターに移行している場合があります。モビリティと知性の両方に恵まれて、それはいくつかが実際に存在する我々のゾーンに侵入した可能性があり、UFOのように見られていると考えられる。
大気の摩擦が燃え殻にいくつかのzeroidsを湯通しする可能性があり、私たちの惑星のガス温度は、まだ他の人に致命的証明するかもしれません。

自然界の物理的または電磁 - のいずれか - 彼らは私たちのドメインにエントリを存続できるようになりましたまだ、いくつかの保護シールドを進化させた可能性があります。これらは生きているUFOのだろう!

実際、2つ​​のUFOの例は、この魅力的なコンセプトをサポートするために表示されます。1976年、ルーマニアのCluj-Napocaの領域では、明らかに、アニメーションの動作を示す光の生活圏のように見えるものがあるマテリアライズド·。エンティティの撮影した写真は、正当性のためにすべてのテストに合格した。

そして、1978年にブリティッシュコロンビア州では、研究者ドロシー·ウィルキンソンは、宇宙のワームに似た光の奇妙な文字列のような形の多くのショットの最初のスナップ!
だから、空間と時間の両方の広大さを考慮すれば、少なくともいくつかのUFOが実際に宇宙生き物されること可能性の領域内に確かにある!ビデオ:あなたはすぐにこれらの領域の人間はまだいないので、遠くの深宇宙での軌道であるという事実を認識している..
コメント
この記事へのコメント
Zeroidsこそが
真の「生命の源」なのかも知れませんなあ…
絶対温度ゼロ、圧力ゼロの世界で生命の材料が揃ったのかも知れませんし…
そのまま「進化」して生命体になってたらそれも興味深いですね。
2012/07/07 (土) 19:12:29 | URL | ST #oTy1E5II[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.