超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★JAXAは「月探査衛星・かぐや」の全・画像情報を公開せよ!
Before Its News・・などの記事から・・以下、その要旨。
アリスタルコス ・クレーター[USGSUS海軍クレメンタイン探査機]
最も不可解で、過去物議を呼ぶクレーターはアリスタルコス·クレーターです。アリスタルコスは、一世紀以上前から天文学者によって観測されている。それはアポロ各号やNASAや海軍探査衛星からも、映像が捕らえられているが・・公表映像が何故か、敢えて?モノクロで公開されている。また、レタッチ加工されているとも言われている。その形状も他のクレーターに比べ奇妙な放射線状のドームらしきものが見え、更に明るい青色にクレーターが点滅している画像すら確認されている。関心・物議に対して公式なコメントはNASAからは相変わらず無い・・。
何か情報を隠している・・とNASAの他のアポロ月面の画像と同様、世界中のアマチュアが公開画像を分析し、数々の月面上に存在する建造物や塔、建設機器や宇宙船・円盤らしきものまで・・その分析映像が既に公開されている。今回のものはこれに、米国アマチュア天文観測者の大型望遠鏡で捕らえた、月面のフルカラービデオ(下段)が公開され、カラーで月面画像を再処理して、新たに発見された、更に驚くべき、高さ6マイルの塔や、建造物、トンネルの入り口等、人工?建造物なども公表されている。
このような、背景から、仮説ではあるが、この青く発光するアリスタルコス・クレーターは月に豊富に存在する?ヘリウム3を利用した、ETの核融合炉ではないか?・との説も。
☆月面カラー説は以前、このサイトでも取り上げましたが、最早、何の意図か何処の圧力か不明ですが、ハイビジョン・フルカラーで撮影された、月面の裏側から、奇妙な南北の両極映像など、JAXA「月面探査衛星かぐや」のビデオ・写真など、莫大な国税を投資し記録された、数万点以上の映像を速やかに、国民、世界へ公開すべきでしょう。
月面の秘密は、中国・インドの月面探査など、もう隠す事の出来ない情況になりつつあります。
★全メディア・国民が『月面の全情報公開をJAXAへ要求』すべきです。これは国民の知る権利です。
以下、ご確認を。


★核融合炉?クレーターか。
moon7 moon6
moon5 moon4 
moon3 moon1

★カラー分析された、月面人工?構造物とカラー化ビデオ
moon8 moon9









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.