超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
Lisa Randall/異次元への招待!必見/必読ですね。
Lisa Randall

★Warped Passages/ワープする宇宙:著者で理論物理学者:最先端理論「異次元は存在する」のリサ・ランドール博士が来日し、東大小柴ホールでの講演や東大素粒子・理論物理専攻の若手研究者との対談など・・先にBSチャネルで放映され、話題となった「異次元への招待」がNHK総合で再放映されるそうだ。是非必見だろう。
この著作を読んで視聴すれば更に彼女の知性や理論の斬新な素晴らしさ美しい女性学者としての人間性にも感激する。
★アインシュタイン以来の難問・・自然界「4つの力」を統合する理論仮説・・特に「重力」の謎を軸に「宇宙の謎を解くカギはブレーン:膜にある」という彼女の新理論はこの3次元世界が、5次元の異次元世界の中でその境界にスライスしたパンやバスルームカーテンのような膜:
ブレーンとして存在し、ブレーン間は重力が相互干渉しているという・・。
3500億円を投じてスイスに建設される粒子衝突型加速器・LHC(ラージ・ハドロン・コライダー)で彼女の異次元ブレーン・膜:が存在証明されるかもしれない!衝突粒子が消滅した先
には5次元時空があると考えられるのだ。
宇宙に偏在する暗黒物質やブラックホールの謎も解けるかもしれない。
彼女と同様に、日本の若手研究者にも期待しましょう。
★UFOは我々の3次元宇宙を通過する四次元・5次元時空の異次元存在かもしれない?
2次元フラットランドの住人が見る3次元球体のように・・・それは円の点から出現と拡大そして消滅・・水中の魚の見る水面のウキの消滅のように。
われわれ宇宙の外側?に異次元時空が存在することが証明されるなんて・・人類史上最大の知的イベントに興奮しますね。永年の謎?心理認知錯誤やオカルト分類のUFOにも科学のメスが入り、解明がされるかもしれません。楽しい知的興奮を覚えます。
★YouTubeでBSTVの内容も公開されている、こちらで視聴する事も可能です。
★Lisa Randall Lecture/YouTube/でも視聴してみてください
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.