超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
◎2m?巨大コウモリ・・
UMAの最新ニュース:ブラジルアマゾン源流とペルーの国境のジャングルでペルー軍が、5フィート7インチ:1.7mの巨大蝙蝠を捕獲したと言う・・・下記の写真。中南米のコスタリカ・ペルー・メキシコなど、各国では”チュパキャブラ”と言う正体不明の怪獣?がヤギや家畜の生き血を吸い取る・・怪奇事件がもう、数十年前から多数報告されているが・・この巨大コウモリがその真犯人かもしれない。・・・それにしてもこの巨大な獣が夜空を飛翔する様は・・まさに怪奇映画そのもの。巨大蝙蝠の目撃は他にもインドネシアの密林などからも報じられている・・例によって?日時詳細な場所など不明?なのが残念。早急な学術調査が必要だろう。
★情報ソース

bat
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.