超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★『ミステリー・サークル』の新展開と分析
2013年、未だに、英国南部で、数世紀に渡り?続発する『ミステリーサークルの謎』は、一部の単細胞?科学還元主義のオバカ学者や識者?の人為説やプラズマ起因の結論?にお構いなく、その多様性と人智や感覚を超越したフォルムと出現の怪奇さを継続する、今世紀のUFO現象とともに、最大の未解決な『超常現象』だろう。
最近、アカデミー賞にもノミネートされたドキュメンタリー映画監督のWilliam Gazecki氏が、英国ミステリーサークルに切り込む挑戦的で意欲的なドキュメンタリーを発表した。(以下YouTube)
人類や地球起源を越える知性・存在の関与仮説はますます・・可能性大となりつつあるのではないか・・・。
何時になったら?”彼等”からのメッセージを受取ることが出来るのだろうか?・・スピンするサークルパターンの無限の豊かなイメージ・・あなたは何を感じますか?
オバカTVや低俗番組から、少しでもこのような話題への日本マスメディアの切り込み、取材を期待したいが、拝金主義最優先のTV局や、ジャーナリスト・記者では無理でしょう・・。

< 以下、このサイト開設者の解説を自動翻訳で一部抜粋します・・>:
★今まで見たことのない映像と一流のミステリーサークル研究者や科学者、作物 "サークルとのインタビューのフル:真理の探究は、ミステリーサークルの起源と性質についての実勢理論の魅力的な、綿密な調査と私達のための関与の可能性あるそして地球。視点をシフトして、変更することが保証された驚異的な経験 ミステリーサークルは、小麦、大麦、ライ麦、トウモロコシ、または菜種油などの作物の平坦化によって作成されたかなりのパターンです。彼らは常に円形の形状ではないため、ミステリーサークルはまた、作物の形成と呼ばれています。文書化された例は、実質的に1970年代から現在の倍に増加している。1991年に、二つのいたずらは、イングランド全体の多くのサークルの原作を主張した 26カ国は、20世紀の最後の3分の1で約10,000人のミステリーサークルを報告した。それらの90%はイングランド南部に位置していた。その領域に現れる岩の多くは、ストーンヘンジなどの古代遺跡の近くに位置している。ある研究によると、2003年に英国で見つかったすべての円のほぼ半分は15キロ(9.3マイル)エーヴベリーの半径内に位置していた。考古学遺跡は、円と正方形の形状で、フィールドにcropmarksを引き起こす可能性がありますが、彼 ​​らは一晩表示されず、それらが同じ場所で常に毎年です。 科学的なコンセンサスは、ミステリーサークルは、おそらくいくつかの原因と人災、主であるということです気象やその他の自然の影響に。


★spninningミステリーサークルの技術がハイのWebBotのクリフ、イゴールとジョージ·ユーアによって開拓された-魅力的なパターンが展開見てミステリーサークルを紡績の素晴らしい展望を。それはあなたの視覚的な感覚でサイケデリックな攻撃である。何も明らかに特定の速度または回転でこれらのミステリーサークルを紡績していますか?私はmerkabahsは少なくともそうに岩から現れ参照してください。と、何度も変更して-いくつかの動きはそれらを一見生活に来させる。

私はすべてのミステリーサークルが含まれているだけでなく、ハイクリフ社のソフトウェアは、あなたがたすべてのために楽しむために "0.3をSwirlies" - これらの神秘的な、そして原因不明の地層の一つの解釈をアンロックのひとつの方法は何ですか?あなたは裁判官である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.