超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★ロシア隕石の落下爆発にUFOが関与?・・国内便ジェット機がニアミス?

15日ロシア・ウラルのチェビリアンスク州の隕石落下・空中額発?について、18日、新な情報や映像がVRから飛び込んできた。
米航空宇宙局(NASA)は同日、隕石は重さ約1万トン、直径約17メートルで、広島型原爆の約30倍に相当する約500キロトンのエネルギーが放出されたとする最新の分析結果を発表したが、一部にはその大きさは170mで10万トンと更に10倍になるのでは?の説も。
 ★驚きは以下のYouTubeにUPされた映像で、閃光を放って、航跡を引きながら落下する隕石の直ぐ背後から猛スピードで(恐らく音速の数十倍?)隕石の核を直撃?し、それを突き抜けて行くように見える物体の映像だ。対空防衛システムおよび対ミサイル防衛システムのミサイルではなさそうだ(コメント解説の中にはUFOが背後から地上激突前に高空で隕石を爆破・撃墜した映像との説も)・・この直後に確かに隕石は空中で爆発飛散している・・確かに驚きの映像ではある。科学的?な徹底分析を是非期待したい。

この映像の関連?でか・・・ロシア国内線旅客機の副操縦士が隕石にニアミス?で落下直前に機体の目前、右を隕石が横切った?と目撃発表。一部には前記の隕石直撃のように見える映像はこの機体?では?との説もあるが・・推定高度と音速を遥かに超える飛行速度から、航空機とは思えず・・UFO説が有力。
だとすれば、さらに甚大な被害・犠牲(広島原爆の30~300倍のエネルギー)やミサイル誤認の偶発戦争を避けるため?
★ET?によるUFOでの隕石空中破壊・撃墜がなされた可能性も推理される・・「地球は彼等・UFOに監視・保護されている」の・・・・・かも知れない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.