超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★衝撃!ドイツで撮影UFO着陸ET映像
2013もあと4日だが6日にUFO衝撃の着陸ビデオ映像が公開された。
これは、100%、これまでで最高のUFO + Alien目撃です!
自分自身で見てください!
ドイツのバーデン・のヴェルテンヴェルグの都市ロイトリンゲンで郊外の丘陵に着陸している鮮明なUFO映像をカメラが捕らえた。
★場所は Reutlingen「Ohmenhausen」、バーデン-Wuerttemberg、ドイツ。
撮影者は息を殺して撮影・・するとそれは快音を発し瞬時に垂直離陸で消え去って行った・・
撮影画像を拡大し詳細分析すると、UFOの左側に白く背の高い、ET?ヒューマノイドらしい手の長い人影が2体、手を上下して動めいている・・やがて撮影者に気が付いたのかそれは機体へ吸い込まれるように消えた。
この映像はかなりリアリティーがある。小生の判断では事実映像と思われる。
★いよいよ・・隠しようの無いUFO・ET問題が2014は世界中を席捲し、
『人類の新しい時代』が始まる予感がする映像です。

コメント
この記事へのコメント
ドイツのUFO
まったく新手のトリックなのか本物か。 言えること。
1.飛び立つ前に機械の作動音のようなものが聞こえる。
   その音が、このUFOとの違和感を感じない。
2.宇宙人についてはわからない。ただ妙に手足が長く、操り人形のようにも
   見える。寸前に糸が切れたようにパタンと倒れこむ様が特に。
    そして、そのような地面 に凹凸がある場所にわざわざ着陸するか?

3.飛び立つ瞬間に機体の真下に「火の玉」が確認できる。
   ロケットの噴射光なら煙が残ると思おうが、これはおそらくプラズマ。
   短時間であれば下草は燃えないと思うし、ロケット噴射光なら焦げる。
4.同時に見られる「水蒸気」のようなものは、船体の超短期振動に伴う空気中
    水蒸気の霧化だと思える。

私的には本物であってもらいたいが、しかしあれだけ急激に飛び上り空中に停止するということは、「慣性」の制御はどうなっているか知りたいものである。

非常に高い周波数の電磁気的な振動によって、プラズマまで発生するほどの高いエネルギー状態が、船体の外殻に生じているということであろう。
 ただそのような状態になる船体の外殻に、ハッチのような出っ張り、もしくは凹みをつけるだろうか? この点がいまひとつ納得できない。 
2014/07/27 (日) 16:53:55 | URL | シッチー #Rap3FRkE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.