超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★停止中のHAARPは世界のマインドコントロールに使われている?

一昨年から地磁気やオゾン高層・オーロラ観測・・太陽・気象観測などに利用されてきたHAARPが理由不明のまま、公開中止で地震とオゾン電離層プラズマなどの相関データ分析や観測が不能になっていますが、世界中の人間の脳に影響可能な周波数帯域を意図的操作で何やらコントロールしているのでは?との疑いの記事が下記のサイトで報道されています。・・年始から、世界中の寒暖激変の異常気象やイルカ鯨などの海洋生物の大量突然死、政治経済不安・・米中のデフォルト危機説。ウクライナ・昨年からのエジプト・シリア・タイバンコク等、世界中が既存秩序や階層に根源レベルで問題提起のデモや反体制騒然の騒ぎとなっています・・何か人類文明の根源レベルで起こっているのではないでしょうか?・・次元が違うかもしれませんが、亡命スノーデンが告白曝露?のETと米政府の協働陰謀?
やUFO現象の世界中での頻発など・・このHAARPテクノロジーの何者かによる意図的操作?に関係しているのかも知れません。こんな使い方にニコラ・テスラもいい迷惑でしょうが・・
以下:サイトの自動翻訳;ご確認
『ちょうどが発表し、この魅力的な映像Ekim Rracはニコラ·テスラの作品が特徴で、HAARPはちょうど天候を変更したり、地震を作成するよりも、より多くの理由のために使用することができ、HAARPはまた、人間の心を制御するために使用することができることを絶対的な証拠を提供する必要があります。HAARPは、435 MHzまでの無線周波数を生成する機能を持っていることをここで学んで、我々はまた、その範囲は、一般的に私たちの潜在意識の背景周波数であるため、400〜450 MHzの実行頻度が人間の意識にウィンドウを開くことを学ぶ。HAARPによって、この範囲内で生成される周波数は、我々の「現実」であると認識するものを変更するために使用することができます。』
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.