超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
★中国空軍がUFO追跡?・・

★このところグーグルアースやGグルマップでのUFOニュースが多発だが・・以下2件コピペ。
2014-05-28_181300 (1)

①香港メディア・東網は28日、「グーグルマップで驚きの発見、中国の戦闘機がUFOを追跡」と題した記事を掲載した。
中国本土メディアによると、グーグルアースの衛星画像が、中国河南省駐馬店市の上空で航空機2機が謎の飛行物体を追跡しているように見えるとして、ネット上で話題を呼んでいる。
この衛星画像は同市正陽県東金荘地域を撮影したもので、上空を3つの飛行物体が飛んでいるのが確認できる。うち2つは航空機であることがはっきり分かるが、残りの1つはぼんやりとした丸い形の物体。2機の航空機がこの謎の飛行物体を追跡しているように見える。
記事はこれに対し、「外観から見て、この2機は中国機ではなく、典型的な民間旅客機。形のはっきりしない飛行物体も民間旅客機の可能性が高い。異なる時間帯に撮影された物体が同時に1つの画像に現れたという可能性も。撮影高度が異なるため、飛行物体の解析度に差が生じたとみられる。この地域は民間旅客機の航路になっているのだろう」と分析している。(編集翻訳 小豆沢紀子)
②同じNewsソースだろうが・・以下はロケットニュース24:
・河南省で人民解放軍とUFOが戦闘?
未確認飛行物体を追っていると見られる飛行機が撮影されたというのは、河南省駐馬店市(ちゅうばてんし)の上空である。話題となっている画像を見てみると、たしかに白い球状と見られる何かが写し出されている。2本の飛行機雲のようなものを棚引いており、それなりにスピードが出ていそうだ。
この謎の物体の後方を見ると、さらに飛行機が2機! ちょうど謎の物体を追っているように飛んでいるのである。ネット上では球体のものがUFO、そして2機の飛行機が人民解放軍の戦闘機? 解放軍がUFOを追撃していたのではないかと噂されているのである!
検索してみた → たしかにGoogleマップに写っている!!
以前、人民解放軍がUFOと戦った、という噂は流れたことはあるが、話題の画像はあまりにもクッキリ・ハッキリだ。「誰かがGoogleマップの画像加工をして面白がっているだけでは?」という声も出ているくらいである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.