超常現象・UFO・常断研究所
オカルトとは、隠されたという意味が語源だそうす。永年の趣味と好奇心から超常現象やUFOなどの謎を推理してみました。 ■このBlogに掲載された写真や記事の無断転載、流用は禁止いたします。
<■常断研究所の超常現象に対する考え方>
この世界には100%の客観は存在しません。世間のだれもが「白」に近いと認める仮説が「客観」と呼ばれています。 「そんなことは有り得ない」と、なんでも頭ごなしに否定しないのが、科学的態度だと考えます。
誰もが平等に、私の仮説、あなたの仮説、相互に否定、強要せず、権威や極論を鵜呑みにせず、冷静な相対判断を心がけることが大切です。
(竹内薫/99.9%は仮説より)

■当Blogの内容は、小生の仮説・独断からの記事です、情報の真偽についても読者のご判断であり、責任を負うものではありません。
ロドビスカルは地球に来たエイリアンの証明?

ブルガリアのロドビ山脈で発見された「ロドビスカル」という奇妙な骨の存在は、一時話題となったが・・案の定、笑)DNA鑑定の直前にその行方は不明?に・・真相は闇へ。ET説もだが・・未発見の古代動物の骨か、どこかの好事家が仕掛けたフェイクかも、しれませんが、それにしてはこの頭蓋骨?その形態といい、ユニークさは人並みを越える「何か」を語っていますね。カッパ?かもですね。Www。
今日は3.11から4年目・・・あの日の出来事も単なる巨大震災津波だったのでしょうか?

以下はbeforeitsnewsの自動翻訳:

この頭蓋骨はプロブディフから来た男、ソフィアの首都の90マイル(150キロ)南東に位置する都市によってブルガリアのロドピ山脈で発見され、小さな楕円形の金属物と一緒に埋葬頭蓋骨を発見した。
alien-skull-2.jpg


科学界は、地球上で地球外の人間の存在を認めることを拒否したが、ほとんど呼び出された一つは体または物理的な遺跡が存在しないことである多くの理由があります。彼らは、彼らが研究することができる前に消えていないか、または単に場合であっても、ほとんどすべての証拠はデマとして却下されるか、しかし、このような理由は、多くの場合、勝ち目のない状況が作成されます。このようなは、ロドピエイリアンの頭蓋骨例、の同類が前に見たことのない魅力的な遺物である。
彼の面白い話は黄色の金属製の服を着て5ヒューマノイドはブルガリアとギリシャの間の国境に近い、ロドピ山脈のスポットに彼を指示している夢を見た後に開始しました。2001年5月21日に彼は見知らぬ人が示していたと確実に十分な、頭蓋骨があった場所に向かった。
alien-skull1.jpg


彼の発見は、興奮と論争の多くを生成し、多くのUFO研究家はそれ宇宙人の存在と地球上の自分の存在の証拠を検討してください。彼は、最初は超常現象に興味がある人の狭いサークルに彼の検索を提示したが頭蓋骨は長くは秘密のまましなかった。

頭蓋骨は、科学のBugarianアカデミーの考古学者カティアMalametによって教授Dimiter Kovachevが、アセノフにおける古生物学博物館のディレクターで調べた。それらの両方は、彼らが前にそれのようなものを見たことがないと述べている。

頭蓋骨は、人間の赤ちゃんのと小さいが、その骨の構造は軽く、薄く、それだけで250グラム(8.8オンス)を重量を量る。それは研究者だと思いますが、外国人の感覚器官に属していた6空洞を持っています。ときに生きている、これは6目やおそらく他の完全に未知の臓器を保有している。興味深いことに、それは我々がものを見つけることを期待する全く口の穴がありません。
ロドピ頭蓋骨について、いくつかの興味深い理論がある。有名なブルガリアのサイキックKoubrat Tomovは、アトランティスによって作成された遺伝子操作された人間、に属していたと考えている。彼によると、頭蓋骨は、その地域で数千年前に起こった失敗した実験の遺骨を表します。

もう一つの理論の状態これは、第2次世界大戦中にエリアで動作する兵士によって殺され、そう急いで埋められた外国人の遺跡である。

頭蓋骨を発見したブルガリアの村人は、彼がそれを販売するには、いくつかの寛大な申し出を行われていたと述べた。科学者はDNA分析と炭素年代測定を実行する機会があった前に、残念ながら、頭蓋骨は姿を消した。所有者は今日誰、彼は明らかにそれが宇宙人の存在の証拠かもしれないにもかかわらず、人類の残りの部分と彼の所有物を共有したくない。

ソース:http://locklip.com/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 超常現象・UFO・常断研究所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.